オクトパストラベラープレイ日記6(体験版) トレサ編1

トレサ編1章をプレイ。

今回の主人公は商人のトレサ。港町の小さなよろず屋の看板娘。ちなみに年齢は18歳で8人の主人公の中で最年少。他の主人公は全員20代以上なので唯一の十代ですね。

若いながらも一端の商人として店を手伝うトレサ。今朝も商品の仕入れの為へ市場へと向かう。

早速トレサのフィールドコマンドが登場。町の人間からアイテムを買い取ることができる。

一度アイテムを買うと同じものは買えなくなりますが店で買うより格安でアイテムを手に入れることができる。なお「非売品」のアイテムもあるのでクエストとかで条件を達成すれば手に入れることができる感じですかね。

またトレサの固有能力「歩いてリーフ」はしばらく歩くだけでお金が手に入る能力。

しかし額は少ないので固有アクションとしてはかなり微妙。レベルが上がると額が上がっていくとかならまだ価値はありそうですが・・・

仕入れをしていると港に大きな商船が入港してくる。船長に是非船に積んである品を見せて欲しいと頼むトレサだが船長からは「自分の信用した人間しか船には乗せない」と断られてしまう。

船長と話していると町で何やら騒ぎが起こっているので確かめに行く。

町では海賊たちが略奪を行っていた。オルベリク編の村には自警団がありましたがこの村にはそういうのはないようですね。

奪った物を返すよう頼むトレサだが海賊たちは当然取り合わない。

トレサは終始ガキ扱いされますがこういう時代で18歳ってあんまりガキ扱いされそうにない感じが・・・。イラストを見る限りトレサが年齢より大分幼く見えるのかもしれません。

そんなトレサを止める船長。海賊たちは船長を腰抜け扱いして去って行きます。

この展開、某麦わら帽子をかぶった主人公が出てくる漫画で見た覚えが・・・

やはり海賊達が許せないトレサは海賊達がねぐらにしている洞窟へ向かうことに。

再びトレサを止める船長。

船長「うちの商品で役に立つものがあれば売ってやる」

部下たちから「買取り」コマンドで役に立ちそうなアイテムを探す。

眠り草を買い取り、酒に仕込んで海賊達に呑ませる作戦を立てるトレサ。

船長に何故自分を気にかけてくれるのかと問うと「嬢ちゃんには何かある。商人としての目利きだ。」と答える船長。




早速海賊たちの元に眠り草を仕込んだ酒を持っていく。昼間失礼をした詫びだと酒を渡すと何の疑いもなく喜ぶ海賊。海賊達はもらった酒で酒盛りをして全員眠ってしまう。

トレサが洞窟へ入ると海賊達は全員寝てしまっている。洞窟で海賊にエンカウントしても敵は眠っている状態で戦闘が開始される。

海賊が眠っている間に奪われた品を取り返すトレサ。

でもこれ海賊達が起きたらまた村に来て奪われるだけじゃ?

???「でもそれって根本的な解決にはなりませんよね」

しかしここで眠り草の効果が切れて海賊の親分コンビが起きてしまう。ボス戦開始。

トレサは「傭兵よび」というユニークなスキルがあり、その効果は一定の金額を消費することによって相手にダメージを与えるというもの。FFのぜになげみたいなもんですね。

傭兵といってもプリムロゼやオフィーリアのように味方として戦ってくれるわけではなくダメージを与えるだけです。ただし威力は強力で800消費の山賊でも凄まじいダメージが出ます。

傭兵よびが強すぎてあっさり撃破。

普通に親分達に勝ってしまうトレサ。このゲームの主人公は学者だろうが薬師だろうが商人だろうが山賊の親分以上の戦闘力を持っているようです。

しかし目を覚ました海賊の子分達に取り囲まれる。薄い本展開不可避

そこに槍を携えて現れる船長。海賊達を一蹴してしまう。

なんと船長は大海賊と呼ばれるレオン・バストラルだった。もう既視感がすごい展開。

こちらの船長はもう海賊からは足を洗っていて今は商売をやっているらしい。ともあれレオンに恐れをなして海賊達は逃げていく。

その後もレオンが腕や頭を食いちぎられるような展開はなく町へ戻る二人。

町に戻ったトレサに商品を見せてやるから船に乗れというレオン。

トレサ「信頼できる人間しか船に上げないって・・・」

レオン「ああそうさ、早く乗れ。」

トレサの気概を賞してどれでも好きな品を一つやるというレオン。数ある高価な品の中から一つの手記を見つけそれが欲しいというトレサ。レオンはそれは昔に船に乗せた男が残した物で価値はないから他の物にしておけと言うがトレサはこれでいいと手記を譲ってもらう。

そしてレオンは次の港へと出港する。

手記には旅の記録が書かれていた。夢中になるトレサ。

次の日、トレサは行商人として世界を回る事を両親に伝える。超即断即決である。

心配する母親だが「いつかこんな日が来ると思っていた。」とトレサを送り出す母。

ここでトレサの母が聖火へ祈りを捧げています。主人公の一人であるオーフィリアが所属する聖火教会ですがこの世界ではかなりメジャーな宗教なのかもしれません。

行商人として故郷を旅立つところでトレサ編1章が終了。

というわけでトレサ編でした。薬師のアーフェンと同じく仇討ち等の明確な目的の無い旅にないのでこの先の展開が一切予想できません。結構後半になると話が重くなっていきそうなキャラが多いのでトレサくらいは終始明るいシナリオでもいい気がするので期待したいですね。

残す所あと2キャラ。続きます。

前回:オクトパストラベラープレイ日記5(体験版) オフィーリア編1

次回:オクトパストラベラープレイ日記7(体験版) テリオン編1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする