【ネタバレ】メジャー2nd 146話感想  今度はそう来るか・・・

メジャー2nd 146話感想です。

前回はこちら

メジャー2nd 145話感想です。 前回はこちら 前回、2点を返し3点差まで追いついた風林学園。2アウト満塁でな...

ノーアウト1塁で相手バッターは道塁。千里の投球の調子も悪くピンチに陥るが・・・。

千里、ギブアップ

メジャー2nd 146話

かわいい。

いやそうじゃなくて流石に急造ピッチャーではここで限界に。次の回は仁科に準備させるなりするからこの回だけは何とかがんばってくれと頼む大吾。しかし・・・

メジャー2nd 146話

制球定まらずこれでノーアウト1、2塁で大ピンチ。流石にこれ以上投げさせてもどうしようもないので仕方なく仁科に交代させようとする大吾だが・・・




サブタイ通り、まさかの登板

メジャー2nd 146話

まさかの弥生がピッチャー立候補。なんと実は弥生はピッチャー経験者だったらしい。そんなこと聞いてないと言う大吾に

「だってピッチャーって一番しんどいし責任重いから、わざわざ立候補しないよ。」っとしれっと言う弥生。しかし本当は・・・

メジャー2nd 146話

ピッチャーをやめたのは故障が原因だった。野球は続けられても全力投球は無理と医師からも診断をくだされている弥生だが

メジャー2nd 146話

構わず全力投球。どうやら弥生はオーバースローの速球タイプの投手らしい。道塁ですら驚く速球で敵味方全員の度肝を抜く。

太鳳「そこまでやることないよ、弥生!ヘタすりゃ内野手もできなくなるよ!?」

弥生「いいんじゃない?どっちにしろ、あたし達女は甲子園行けるわけでもないんだし。」

やたら捨て鉢なセリフで不穏な空気を残しつつ146話終了。

感想

前回活躍できなかった分太鳳かもしくは弥生が守備で活躍して抑える展開かなーと予想しているとまさかの弥生がピッチャー登板。

しかしそれ以上に気になるのは故障が悪化して二度と野球ができなくなってもいいというように聞こえる弥生の捨て鉢なセリフ。弥生は常々「男子にはかなわない」的なニュアンスのセリフを言うことが多かったですがやはりこれはリトル時代の経験から来てるんでしょう。

今までの弥生の様子から予想するに「男子には敵わない現実を知ってしまったが、かといって男子と争っていた自分が女子野球をやる気もしない。でも野球をやめることもできなくて惰性で学校の部活の野球部に入った」 弥生の心境はこんな感じがしますね。

果たして弥生はブランク+故障の不安のある状態でこのピンチを抑えることができるんでしょか。

以上、メジャー2nd 146話感想でした。

次回はこちら

メジャー2nd 147話感想です。 前回はこちら ピッチャー千里に代わって弥生が緊急登板。その投球に度肝を抜かれ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする