【ネタバレ】メジャー2nd 147話感想  沢さんすごすごる!

メジャー2nd 147話感想です。

前回はこちら

メジャー2nd 146話感想です。 前回はこちら ノーアウト1塁で相手バッターは道塁。千里の投球の調子も...

ピッチャー千里に代わって弥生が緊急登板。その投球に度肝を抜かれる一同。

MAJOR2nd 147話

中学生とは思えない・・・。

流石に相手も甘くない

大吾も驚くほどのストレートを投げる弥生ですが相手も真っ直ぐだけで打ち取らせてもらえる程甘くない。

MAJOR2nd 147話

ちなみに今更ですが弥生は相手チームのメンバーと小学生の時同じチームだったので相手は弥生がピッチャーをやってたことを知っています。

MAJOR2nd 147話

MAJOR2nd 147話

弥生を見た道塁の反応。人それぞれ事情があるからね。何か道塁ちゃんも昔より更に競争心むき出しになってますね。

変化球も一級品

直球だけでは打ち取れないということで変化球も織り交ぜていくことに。カーブ、シュート、スライダー何でも一通り投げられるという弥生だがいきなり投げられても大吾が捕球できないので弥生が一番自信のあるフォークに絞る。

軟式ではフォークは落ちにくいと言われているのにキレキレのフォークで相手を打ち取る弥生。これで1アウト1塁2塁。

MAJOR2nd 147話

あまりの凄さに大吾も興奮しすぎて「すごすごる」が飛びだす。すごすぐるの上位みたいなもんでしょう多分。




肘は持つのか?

※フォークは非常に肘に負担のかかる球と言われている

フォークを投げる弥生の肘を心配する太鳳。今度やったら二度と野球ができなくなると心配する太鳳に対して弥生の胸中は・・・?

次のバッターは小学生の時に弥生とバッテリーを組んでいた魚住。相手に流れを与えないため気合で弥生の球を捉えるが・・・

MAJOR2nd 147話

太鳳のファインプレーでゲッツー。この回は一点も与えずに抑えることに成功。

何とか大ピンチを凌いだところで147話終了。

感想

ピッチャー全滅の大ピンチから弥生の緊急登板で事なきを得た風林中。しかし肘に不安を抱えた弥生がこのまま次の回も投げ続けるのかどうかが問題ですね。次の攻撃中に太鳳が大吾に弥生の肘のことを伝えそうな気がしますし・・・。しかし仁村をもう一度投げさせたところで勝てる気もあんまり・・・・。

というか次の攻撃は道塁ちゃんが相手なことも忘れちゃいけない。というか現状道塁ちゃんが打たれている所が想像できない・・・。三者凡退なんてことになったら弥生のことを話し合う時間もないぞ!。

以上、メジャー2nd 147話感想でした。

次回はこちら

メジャー2nd 148話感想です。 前回はこちら MAJOR2nd 148話 のっけから飛ばしすぎぃ!中学...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする