【ネタバレ】MAJOR2nd 148話感想 大吾の様子が・・・?

メジャー2nd 148話感想です。

前回はこちら

メジャー2nd 147話感想です。 前回はこちら ピッチャー千里に代わって弥生が緊急登板。その投球に度肝を抜かれ...

MAJOR2nd 148話

のっけから飛ばしすぎぃ!中学生とは思えん・・・。

沢さん活躍しすぎ

太鳳のファインプレーで5回裏を無事0点で抑えきれました。

MAJOR2nd 148話

太鳳ちゃん優しいなぁ。何処か捨て鉢な弥生をフォローするいい友達です。

ちなみに千里とアニータはシニアで同じチームだっただけあって弥生の故障の事は知ってます。ってなると弥生以外の8人中3人は弥生の肘のこと知ってるんですよね。誰か大吾の教えた方がいいんじゃないか・・・。

続いて6回表の攻撃、バッターは弥生からスタート。

道塁のストレートは制球されていて甘い球は来ないと踏んで変化球を狙う弥生。

MAJOR2nd 148話

道塁のスライダーを一発でヒットさせ1ベースヒット。いや沢さんセンスありすぎじゃないですかね・・・。ここまでの活躍見たら普通に道塁以上な気がして来るんですが。




珍しくへこむ大吾

弥生に続くのは4番大吾。この流れに乗って得点までこぎつけたい所だが・・・。

MAJOR2nd 148話

大吾、痛恨のダブルプレー。5番の仁科も空振り三振で3アウトチェンジ。

MAJOR2nd 148話

中学生編になってから異常に強靭なメンタルを見せていた大吾ですがチャンスを潰してしまったことで珍しく落ち込みます。他人のミスでは諦めないけど自分のミスではヘコんじゃう所は大吾っぽいですね。

ちなみに6回裏はダイジェストで弥生が危なげなく無失点で抑えました。沢さんすごすごる~。

勝負はまだこれから

今更ですが中学軟式野球は七回までなので次がラストイニングです。

落ち込みムードに入っている大吾を他所に景気よくヒットを飛ばすアニータ。

MAJOR2nd 148話

諦めるにはまだまだ早い。勝負はこれからだ、という所で138話は終了。

感想

とにかく沢さんが強すぎる。センスありすぎて道塁が完全に喰われちゃってますねこれ。というか道塁の活躍がかなり控えめですね。手も足も出ず打ち取られまくるかと思いましたが結構打たれてる感じ。

流石に7回で同点までは追いつかないとこの回で試合終了では大吾も道塁も出番無さすぎなんで追いつくのはまず間違いないでしょう。でもそうなると道塁がボコスカ打たれまくって終わりってことになりかねないんで展開的には延長になる線が濃厚ですね~。

7回終盤か延長で道塁のオーバースロー解禁、そして弥生と道塁の投手戦って展開になると熱そう。

やはり7回の見所としては大吾の名誉挽回ですかね。ただもしかしたら7回では大吾には回らず延長に持ち越されるかも・・・。

以上、メジャー2nd 148話感想でした。

次回はこちら

メジャー2nd 149話感想です。 前回はこちら 焦る道塁 試合は最終回、7回表から。アニータがヒットを打ちノーアウト一塁...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする