【ネタバレ】MAJOR2nd 149話感想 完全に流れが変わった!

メジャー2nd 149話感想です。

前回はこちら

メジャー2nd 148話感想です。 前回はこちら MAJOR2nd 148話 のっけから飛ばしすぎぃ!中学...

焦る道塁

試合は最終回、7回表から。アニータがヒットを打ちノーアウト一塁。今まで感情が出てなかった道塁ですがやはり内心弥生やアニータに軽々とヒットを打たれて焦っている様子。

見ていて道塁ちゃん意外とポンポン打たれるなと思っていましたがやはり道塁にとってもこれは想定外だった模様。まぁいつもは男子が手も足も出ずに打ち取られてますからね。というか沢さんの立ち姿が色っぽすぎる・・・。

しかしアニータがチャンスを作ったのも束の間、続く丹波先輩は三振、関鳥はキャッチャーフライであえなく撃沈。あっという間に後がなくなってしまう。

最後まで諦めない睦子

次のバッターは睦子。打席に入る前にちょっと遡って6回裏の守備に入る前の回想シーン。ゲッツーを取られて落ち込む大吾を励ます睦子。

なんという嫁。ここにきてメインヒロインの風格を発揮する睦子。

諦めない気持ちがバッティングにも表れたのか、ボテボテのサードゴロが悪送球のお陰で首の皮一枚繋がり2アウト1、3塁に。

最後のチャンス、2アウト満塁

続く打者は千里。千里はバントの構えを見せて道塁を揺さぶっていく。

いや千里ちゃんのメンタル強靭すぎませんかね。1年生とは思えない・・・。結局勝負は千里の粘り勝ちでフォアボール。ついに2アウト満塁に。道塁ちゃんやられっぱなしだな・・・。

そして打順は太鳳へ。

道塁「うそでしょ・・・何なのこの女子たち」

ずっと男子と渡り合うことを考えてきた道塁からしたら女子に追い込まれている現状は信じらない状況でしょう。というか今塁に出てるのは全員女子、バッターは女子、次のバッターも女子・・・女子野球だこれ。

そして道塁が投げた初球を太鳳のバットが捉える・・・!打球の行方は!?

149話はここまで。



感想

今まで道塁の描写があんまりなかったんで何を考えているかよくわかりませんでしたがやはりこれだけヒットを打たれて相当焦っているようですね。しかも相手は女子ですし。

相手が女子だからと侮っていたのは他ならぬ道塁だったのかもしれない・・・。

そして満塁の大チャンスなわけですが3塁打で同点、ホームランで逆転のチャンスですが流石に太鳳はそこまでは狙ってないようで弥生まで繋ぐつもり。しかしこれで弥生が同点か逆転のヒットを打ったらもう完全に弥生の独壇場になりますねこの試合。

睦子の励ましで立ち直った大吾の活躍もまだ残っていますし先の展開が読めません。

以上、メジャー2nd 149話感想でした。
今号が合併号の為、次号は8/22発売です。

次回はこちら

メジャー2nd 150話感想です。 前回はこちら あと一歩! 前回、2アウト満塁の状況から太鳳が打った打球は見事に...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする