【ネタバレ】MAJOR2nd 150話感想 やはり最大の見せ場は主人公に

メジャー2nd 150話感想です。

前回はこちら

メジャー2nd 149話感想です。 前回はこちら 焦る道塁 試合は最終回、7回表から。アニータがヒットを打ちノーアウト一塁...

あと一歩!

前回、2アウト満塁の状況から太鳳が打った打球は見事に2ベースヒット。5対4まで追いついて未だ2、3塁。

MAJOR2nd 150話

どや太鳳かわいすぎぃ!

しかしホームに帰ってきた際に睦子が足をつってしまう。しばらくたてば治ると言うが睦子の疲労がもう限界に近い・・・。逆転できてもまだ守備が残ってるのに大丈夫なのか。やはり交代要員が一人もいないのはつらい。

ピンチにも冷静な魚住

MAJOR2nd 150話

自分の球が女子相手に打たれることにショックを受ける道塁。正直この展開に驚いているのは読者もだと思う・・・。道塁ちゃんはもっと圧倒的な強さを見せてくると思った。

呆然とする道塁を叱咤する魚住。とりあえず沢と勝負するのは危険と判断し、敬遠で満塁にして大吾と勝負するよう指示します。

今度こそ抑えるから勝負させろという道塁ですが・・・

MAJOR2nd 150話

魚住の一喝で引き下がる道塁。魚住のリーダーシップが光る。

正直この試合はどうせ道塁の独壇場みたいな形になるだろうと思っていましたが蓋を開けて見れば大尾中は魚住で成り立ってる感じがしますね・・・。








道塁の奥の手

弥生を敬遠する前に道塁に「その代わり茂野にはアレを出していい」と言う魚住。

道塁「アレは県大会以上の手強い相手まで秘密兵器にしておく予定じゃ・・・」

魚住「そんな余裕はもうない。その手強い相手は目の前にいる!」

なんかもう魚住が監督兼任してる状態になってますね。まぁそれを言ったら大吾もそうなんですが・・・。

そして弥生を敬遠し再び2アウト満塁に。遂に最大のチャンスで主人公に出番が回ってきた!

いきなり「アレ」を使ってくるのかと思いきや最初は様子見でカウントを稼いでくる道塁。そして1ボール2ストライクに追い込んだ所でようやく道塁の奥の手が・・・

MAJOR2nd 150話

ついに出た道塁のオーバースロー。これが最後の一球になってしまうのか!?

150話はここまで。

感想

流石にボコスカ打たれ過ぎて道塁ちゃんもメンタル折れそうに。相手が女子だからっていうのも大きいでしょうね。今週はどっちかっていうとそこをフォローする魚住が目立った回だったような気がする。

そして出るか出るかと言い続けていた道塁のオーバースローが遂に解禁。大吾は一応道塁がオーバースローを投げる可能性は知っていたはずですが対応できるかどうかは別の話。果たしてこの回で逆転できるのか。

逆転できたとしても睦子がもう限界っぽいし弥生の肘も不安だしあと一回守備が持つのだろうか・・・。

以上、メジャー2nd 150話感想でした。

次回はこちら

メジャー2nd 151話感想です。 前回はこちら 道塁の奥の手が遂に登場 前回、1ボール2ストライクまで追い込まれた状態の...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする