【アニメ感想】はねバド!9話感想 ここからは100%オリジナル展開だ!

アニメ はねバド!8話の感想です。

前回はこちら

アニメ はねバド!8話の感想です。 前回はこちら なぎさと黒澤 アニオリの中学が一緒だったという設定から二人は中学の頃から...

コニー現る

冒頭からいきなりコニー登場。

からのぱん2丸見え。ネタが古いぞ綾乃ちゃん・・・。

というわけでコニーがやってきたわけですがここからは完全にアニオリ展開です。コニーが出て来るにしても決勝戦が終わった後かと思っていたのでこれは予想外。

早速勝負かと思いきや・・・

デート回・・・なのか?

綾乃、コニー、唯華、エレナの4人でラウンドワ〇的な所へ。

キモすぎる・・・。もっこりを描くのはやめろマジで。

お、キマシ展開か?

この二人が原作では現在殺し合いをしているとは思えませんね。

今週の綾乃は初期綾乃ちゃんっぽい。

先週までの温度差が激しすぎて風邪ひきそうですが私はこっちの綾乃ちゃんの方が好きです(断言)。そのままの君でいて

「私達3人で家族になろうよ・・・」

コニーのこのセリフは原作にもあってここでも思いましたがお父さんも仲間に入れてあげて!綾乃の写真はあったけど綾乃父の写真は無かったのか・・・。

というかアニメにもまだ綾乃父は登場してませんがおそらくこのまま出ずに終わるんですかね。来週辺り出る可能性あるかもしれませんが多分これ以上キャラを出すつもりはなさそう・・・。








一方その頃・・・

恒例の葉山ラブコメフェイズ。もう9話にもなりましたしそろそろ言わせて頂こうかと思います。

これいる?

原作キャラを原型がなくなるまで魔改造までしたのにそこまで掘り下げてる訳でも無いしハッキリ言って何がしたかったのかよくわからない。

これなら普通にマリモッコリ葉山んのまま空ちゃんとゆうちゃんでキャッキャウフフの三角関係を追加した方がよかったんじゃないかと思う。

葉山を使ってスポーツ物としての凡人の側面を描きたかったっていうことはわかるんですけどね。原作に全くない物をねじ込むにはちょっとテーマが重すぎた。

一方でなぎさの方はガチガチにプレッシャー感じてるみたいですね。原作ではもっと闘志に燃えている感じでこんな悲壮な雰囲気ではなかったんですが・・・。

この様子だと試合内容もちょっと変えてくるかもしれません。

ほんわか綾乃・・・終了

遊び気分の相手に全力スマッシュかます主人公(闇)。リアルに「ヒェッ」って声が出た。

守りたい?この笑顔。

コニーをボコる綾乃というまさかの展開。正直この時点での実力差はコニーの方がかなり上なはずなんですがコニーが本調子ではないからなのか。

それともこれが神藤モードの真の力なのか・・・。教えて泪ちゃん

「今度は私がお母さんを捨てるんだから」

ここだけ切り取ったら完全にホラーだこれ。

遥か遠くデンマークから家族を求めてやってきた少女の心を完全にへし折るという主人公にあるまじき所業。

もう散々言ってるけど綾乃の黒さがアニメで悪化するとは誰が予想していただろうか・・・。

コニーはもうフレ女のみんなが家族ってことでいいんじゃないかな。ぶっちゃけママの方も結構ろくでもないし

最後の最後で更に爆弾投下。原作では気まずくて家の前をウロウロしていたはずなのに・・・。これは有千夏の性格も大分改変されてそうですね。というわけで9話はここまで。

感想

かわいい綾乃ちゃんがちょっと見れただけでも私は満足です(遠い目)

しかしコニーとの勝負は若干不完全燃焼な感じで消化されましたね。まぁコニーとの決着は原作で、ということでしょう。

あとは葉山関連のエピソードがどういう形で終わりになるかが気になりますね。よっぽどうまく着地しないと尻切れトンボになりそう・・・。

残り話数的に来週が母回で残り2話で綾乃vsなぎさですかね。綾乃vsなぎさは放映前からずっと楽しみにしているので超作画を期待したいです。

以上、アニメ はねバド!9話感想でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする