【ネタバレ】MAJOR2nd 151話感想 道塁の奥の手

メジャー2nd 151話感想です。

前回はこちら

メジャー2nd 150話感想です。 前回はこちら あと一歩! 前回、2アウト満塁の状況から太鳳が打った打球は見事に...

道塁の奥の手が遂に登場

前回、1ボール2ストライクまで追い込まれた状態の大吾に秘密兵器のオーバースローで決めにかかる道塁だったが・・・

メジャー2nd 151話

オーバースロー初球はボールで何とか命拾い。吾郎に憧れているだけあって帽子を落とすところまで真似してる辺りがちょっとかわいい。

大吾と睦子は道塁のオーバースローは小学生時代に見ていましたがまさかここまで取っておいたとは流石に予想外だった様子。

メジャー2nd 151話

しかし大吾も四番の意地を見せて食い下がる。道塁の球に確実にバットを当ててくる大吾に驚く相手チーム。実際大吾はへばってない仁村を打ち取るくらいの実力はありますからね。速球だけでは通用しない。

道塁は変化球は投げないようですね。やはりオーバースローに変化球は負担がキツいのでしょうか。








道塁の過去

ここで道塁の回想シーン。中学に入り、横浜シニアに入ってから1年間。監督に「今後はお前を戦力とは考えない」と宣告されます。

メジャー2nd 151話

厳しい現実。

道塁はこれを機にシニアをやめてしまう。道塁は風林中の女子に「軟式へ逃げた」と言ってましたがこれは硬式を続けられなかった自分自身の苛立ちもあったのかもしれない。

一時は野球を辞めようとすら思った道塁だったが・・・

メジャー2nd 151話

今のチームメイトである魚住達の励ましでこれからも野球を続けることに。

この三人は自分達もシニアを辞めてまで道塁と中学軟式をやっているらしい。君ら道塁ちゃんのこと好きなんじゃない?

道塁「男子といっしょにやれるは、今だけだってわかってる。だからこそ彼らと今、あたしは昇りつめたいんだ!!」

想いをこめた渾身の一球を投げる道塁。そして・・・

メジャー2nd 151話

ここの流れだけ見たら何か大吾が無慈悲な一撃を打っているようにも見える・・・。

果たして打球の行方は・・・

メジャー2nd 151話

メジャー2nd 151話

!?

感想

道塁ちゃんの背景が明らかになりました。

試合開始前は部活とシニアの二足のわらじと言われていましたが道塁ちゃんや魚住はシニアをやめていたようですね。道塁ちゃんが軟式と硬式の差にやたら拘っていたのはこれが理由だったんですね。

シニアを諦めたんだから軟式では絶対に負けられないと。

ところで渉(眉村弟)はどうしたんですかね。影も形も出て来ませんでしたが。横浜シニアにいるのかそれとも全く違うチームにいるのか・・・。しかしシニアやってるんだったら中学生編で戦うことはなさそうですね。本格的に登場するのは高校生編からかな。

道塁の球を捉えた大吾ですがまだ勝負はわからない。このままアウトでゲームセットになる可能性もありますしまだ7回裏が残っている・・・。

そして最後の最後に登場した親父。ところで小学校編からまた時間が飛びましたがまだ現役やってるんですかね。やってそうだな・・・。

以上、メジャー2nd 151話感想でした。

次回はこちら

メジャー2nd 152話感想です。 前回はこちら 逆転の一打 前回、道塁の渾身の一球を捉えた大吾。打球の行方は・・・ ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする