【ネタバレ】MAJOR2nd 152話感想 そう簡単には終わらない

メジャー2nd 152話感想です。

前回はこちら

メジャー2nd 151話感想です。 前回はこちら 道塁の奥の手が遂に登場 前回、1ボール2ストライクまで追い込まれた状態の...

逆転の一打

前回、道塁の渾身の一球を捉えた大吾。打球の行方は・・・

MAJOR2nd 152話

センターを抜ける打球で見事にヒット。千里と太鳳がホームへ返り逆転成功、6-5の2アウト1,2塁に。

MAJOR2nd 152話

しかし残念ながら仁村が三振に終わり7回表は終了。仁村がオチ要員みたいになってきたな・・・。

驚き(?)の事実が判明

MAJOR2nd 152話

大吾の活躍を喜ぶ母と藤井。薫はともかく何故か藤井も一緒に登場。

MAJOR2nd 152話

そして前回ラストにも登場した吾郎も合流。小学生編の登場時もそうでしたが昔よりガサツとうより天然化している気が・・・。

そしてサラっと千里が藤井の娘であることが判明。苗字が同じことからもしかして藤井の娘では?と前々から言われていたがやはりそうだった。母親はやはり中村さんなのだろうか・・・。








色々不安を残す最後の守備

7回裏、ここを守りきれば大吾達の勝ちだが・・・。

MAJOR2nd 152話

もう限界に近いというか通り越していそうな睦子。心配する大吾だが交代要員がいない以上どうすることもできない。

MAJOR2nd 152話

一方こちらでは意気消沈する道塁を叱咤する魚住。メンタル強いな魚住・・・。やはりこのチームの大黒柱は魚住ですね。風林時と同じくまともな監督もいないようですし実質魚住が監督でしょう。

弥生のピッチングはまだ好調で一人目は三振に打ち取り、二人目もゴロを千里が難なくさばいてあっという間にツーアウト。勝利まであと一人。しかし・・・

MAJOR2nd 152話

まさかの死球。2アウト1塁に。弥生は平静そうだがもしかして・・・?不穏な空気を出しつつ152話は終了。

感想

主人公の面目躍如ということで大吾が見事に逆転の一打を出しました。これで堂々と4番を名乗れるでしょう。

そしてさり気なく明かされる千里の父親。母親もその内登場したりするんでしょうか。これで中村さんじゃなかったらかなりショック。

MAJOR2nd 152話

蘇るザルセカンドの記憶・・・。言われてみればポジションも父娘で一緒なんですね。まぁ藤井が二塁手として活躍してた覚えがあまりありませんが。

しかしこのままあっさりと終わりとはいかなさそうな予感。ここで弥生が崩れたらもう打つ手がほぼ無くなるのでかなり厳しい。もしそうなったら仁村がもう一度投げるしか選択肢はないでしょう。

同点で延長戦になると大吾達は圧倒的に不利ですがこの回で決め切れるのか・・・。

ただこの先の展開的な予想をすると今の大吾達のチームはもうこの試合で全部出し切った感があるんですよね。この9人でこのまま県大会を勝ち進んでいくイメージがあんまりしない。

私は恐らくこの試合で負けるか、勝っても県大会であっさり負ける流れだと予想します。

そこからは3年生編になるか高校生編になるか・・・。個人的にはさくっと高校生編が見たい気もしますがまだ光君が登場してないんですよね。中学編では登場しない可能性もありますが果たしてどうなるか・・・。

以上、メジャー2nd 152話感想でした。

次回はこちら

メジャー2nd 153話感想です。 前回はこちら 弥生の調子が・・・ 前回、デッドボールでランナーを出してしまい2アウト1...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする