【ネタバレ】初恋ゾンビ 140話感想 ロリコン疑惑、解ける

初恋ゾンビ 140話感想です

前回はこちら

初恋ゾンビ 139話感想です 前回はこちら 前回の続き 前回に続いて指宿くんが芽衣に今まであったことを話す回。まずは始まり...

元旦の朝

初恋ゾンビ 140話

夜が明けて元旦になりタロウはイヴと二人きりで初詣へ。開き直ってからは完全に恋人同士間隔になっている二人。

タロウ不在の間に一姫のところに芽衣が指宿くんと一緒に借りた着物を返しにやってくる。

初恋ゾンビ 140話

に、似合う・・・。露出が無いのにやたら色っぽく見えてヤバイ。

初恋ゾンビ 140話

一姫には今自分にできることは何もないので指宿君に任せると言う芽衣。今日は家の手伝いもあるので帰宅。

とりあえず芽衣は初恋ゾンビのことには不干渉に。指宿くんは一姫と昨日の話の続きをするこに。

ロリコン疑惑、解ける

イヴについて話す二人だが一姫はイヴが10年前の姿のイヴのままだと思っているのでことごとく会話がかみ合わない。

初恋ゾンビ 140話

完全に犯罪者予備軍です。本当にありがとうございました。

流石にもう黙ってはいられないと何故指宿くんにそんなになるまで放って置いたんだ!と問い詰める一姫。

初恋ゾンビ 140話

ここでようやく誤解が解かれることに。タロウがロリコンでないことに一安心する一姫。実際はまだ何も解決してませんが。








再度タロウ父に話を聞く

ようやく真面目な話に戻って初恋ゾンビについて。初恋ゾンビを消す方法は初恋の成就という条件を確認。しかし指宿君はタロウが自分を好きになることはないし自分も同じだと言う。

昨晩の芽衣と同じように自分とそっくりの妄想を連れているタロウのことなんて好きじゃないという指宿くんだが・・・

初恋ゾンビ 140話

流石にチョロインすぎて一姫には一瞬でバレてしまう。

この話はここまでにして一姫がタロウ父から聞いた「悪魔退治の話」に。

初恋ゾンビ 140話

イヴを「一人の女の子」と認めている指宿くんとしては退治と言われるとやはりいい気持ちはしない。ただ退治と言っても実際にタロウ父がどういう方法を使うかはわからないので詳しく話を聞くことに。

タロウ父は明日にはまた海外へ発つとのことなので話を聞くなら今日しかない。今から久留目家へ戻る二人。指宿くんに話を聞く「準備」をするという一姫だが・・・

初恋ゾンビ 140話

女装(?)再び。指宿くんが久留目家に来ると女装させられる法則ができつつある・・・!

140話はここまで。

感想

ようやくロリコン疑惑が解けた。意外とあっさり解けたな・・・。もうちょっとこのアンジャッシュ状態が続くのかなと思ってましたが。

とりあえず芽衣は初恋ゾンビに関してはしばらくは不干渉の流れですがもしかしたらどっかで我慢できずにタロウに直接アタックしそうな気もしないでもない。

指宿くんがタロウを好きなことは一姫には一瞬でバレていましたがそれを見て一姫はどう考えてるんですかね~。

一応状況的には指宿くんもタロウもほぼ両想いだけどタロウはイヴを消したくないから指宿くんを好きになるわけにはいかないっていう状況なんですが一姫はそこまで推理できるのか・・・。

そしてタロウ父に話を聞くのに何故か女装(?)させられる指宿くん。これ何で女装するのか理由がちょっとわからないんですよね。普通に指宿くんのままで「ボクも初恋ゾンビが見えるんです」で話を聞けばいい気がするんですが。どういう流れになるのか次回に期待。

以上、初恋ゾンビ 140話感想でした。

次回はこちら

初恋ゾンビ 141話感想です 前回はこちら タロウ父は男嫌い 前回、タロウ父から初恋ゾンビの話を聞く為に何故か女装(?)さ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする