【ネタバレ】MAJOR2nd 153話感想 逆転の喜びも束の間・・・

メジャー2nd 153話感想です。

前回はこちら

メジャー2nd 152話感想です。 前回はこちら 逆転の一打 前回、道塁の渾身の一球を捉えた大吾。打球の行方は・・・ ...

弥生の調子が・・・

前回、デッドボールでランナーを出してしまい2アウト1塁に。

MAJOR2nd 153話

そして打順は2番の道塁へ。ここで名誉挽回なるか。

やはり弥生のピッチングは乱れ始めスライダーを二つ外して2ボール、ストレートで1ストライクを取る。もしかしたらもう変化球のコントロールが効かなくなっているのかもしれない。

MAJOR2nd 153話

道塁もそう読んだのか4球目をストレート狙いに絞って弥生の球を捉える。

「彼らはシニアのキャリアを犠牲にしてまであたしと中学軟式をやる道を選んでくれたんだ!!それを同じ女子何かに邪魔されるわけにはいかない!!」

やはり女子相手には負けられないという所だけは譲れない道塁。当初は風林寺女子への対抗意識は自信から来るものと思っていましたが今ではコンプレックスから来るものだったか。

そして道塁の打球は・・・

MAJOR2nd 153話

だはーっ!仁科は本当にいいとこ無しだな・・・。まぁ一年生で慣れないポジションをやってると思えばしょうがないかもしれませんが。これで1塁のランナーがホーム帰ってきて同点になってしまう。道塁は2塁へ。

なんとか逆転したのがあっという間に同点へ逆戻り。これでこの回を凌いでも延長が確定してしまう。風林寺にはあまりも厳しい展開。








弥生の意地

一打サヨナラのピンチ。大吾はこのまま勝負するよりかは3番は敬遠して1、2塁の状態で4番と勝負する方が守りやすいと判断。弥生も了承して4番の魚住との勝負に賭けるがここで遂に太鳳の待ったが入る。

MAJOR2nd 153話

弥生の故障を聞いた大吾。慎重派な大吾は当然心配するが弥生は自分が投げるしかないと譲らない。

MAJOR2nd 153話

当初のクールなキャラクターからは想像できない程の熱さを見せる弥生。太鳳と大吾も弥生の覚悟に押し切られる。

勝負は魚住と弥生のかつてのバッテリー対決へ。

153話はここまで。

感想

あっさと2アウトまで追い込んだと思ったら今度はあっさりと追いつかれちゃいましたね。しかし弥生の状態を考えれば同点に追いつかれた時点でもうほぼ詰んでる気がしないでもない・・・。

実際ここで何とか抑えて延長になったとして次の回をどうするかですよね。弥生が無理を通して投げ続けるのか仁科に変わるのか。

問題は仁科に全く期待できないということですね。突然次の回で覚醒して抑えるていうのもなぁ・・・。守備でフォローして打たせて取るパターンもなくもないですが睦子も体力が限界だし。ダメだ、延長で勝てる未来が見えない・・・・。

以上、メジャー2nd 153話感想でした。

次回はこちら

メジャー2nd 154話感想です。 前回はこちら 野球部の事情 2アウト1、2塁、サヨナラ負けのピンチ。やはり弥生の肘は限...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする