【ネタバレ】初恋ゾンビ 142話感想 何故ここでメイド・・・

初恋ゾンビ 142話感想です

前回はこちら

初恋ゾンビ 141話感想です 前回はこちら タロウ父は男嫌い 前回、タロウ父から初恋ゾンビの話を聞く為に何故か女装(?)さ...

何故かメイド喫茶に・・・

前回、ついにイヴの存在を口にしたタロウ父。そのままタロウに対してイヴの事について言及するのかと思ったらあっさり指宿くんとデートの続きをするとのたまう。

タロウは「俺と先に話すべきだろ!」と言うが・・・

初恋ゾンビ 142話

指宿くんに言い寄ってたのはタロウを炙り出す為かと思ったらこの親父、ガチだった・・・。

この親父と指宿くんを二人きりにするわけにはいかないと付いていくタロウ。

「寒いから何処かお店にでも入ろうか」と言ってタロウ父が選んだ店は・・・

初恋ゾンビ 142話

何故かメイド喫茶。ていうか前回からのシリアス路線でどこをどうやったらメイド喫茶に行くことになるのか全くわけがわからない。しかも元旦・・・。

そしてお約束のようにメイドコスプレすることになる指宿くん。あれ?何の話をしてたんだっけ・・・。

全然諦めきれてない指宿くん

親父はメイドに夢中で全く初恋ゾンビの話などする気もないので結局タロウと指宿くんの二人になってしまう。初恋ゾンビの話は自分が聞き出しておくからタロウはもう帰れと言う指宿くんだが・・・

初恋ゾンビ 142話

それ素直に言っちゃうんだ・・・。好感度アップ的には正解だがどう考えても選択肢をミスってるとしか思えないタロウの発言。

初恋ゾンビ 142話

「タロウ、ワタシは貪欲なんだ・・・ ワタシを喜ばせるようなこと言わないでよ・・・」

タロウのことは諦める覚悟のはずの指宿くんですが全然無理そうですねこれは。タロウ父もそんな二人の様子を見てお見通しという感じ。というか誰でもわかりそう。

その後、指宿君がチャラ男にナンパされてタロウに助けられるというコテコテなイベントを消化して更に指宿くんの好感度をアップさせてしまう。っていうかこれ元旦の話だったよね・・・。元旦にメイド喫茶でナンパて・・・。

初恋ゾンビ 142話

そして好感度がピークに達してしまった指宿くんからのこの表情。

それを見たタロウは

「オレの前で女の子の格好するの、もうやめてくれ。気になる。つい、目で追っちゃうんだよ・・・」

タロウもタロウでもう限界か?やはり現実の女の子が目の前にいるのに妄想の女の子の方を選ぶというのも耐え難い物がありそう。しかしタロウが続けた言葉は・・・・

「だってしょうがないだろ、指宿君は、イヴに似てるから。」

初恋ゾンビ 142話

142話はここまで。

感想

話が進まねぇ!前回の引きからなんで親父はメイド喫茶でメイドに夢中になって終わるんだよ!おかしいだろ! と誰もが思いますがそっちとは逆方面で大きな動きがあった今回。

無自覚に気を引いておいて「イヴに似てるから」は指宿くんにとっては大ダメージだったでしょう。初恋ゾンビ史上ありそうでなかったガチビンタです。(蹴りとかはあったけど

指宿くんというか凛々澄の怒りは当たり前なんですが一応建前上でも未だに男として接しているタロウに対してこのビンタがどういう意味を持つのかが注目ですね。

いい加減凛々澄の女の子としての気持ちをタロウにぶつける時が近づいているのかもしれません。というか次回は親父はどうするんだホントに・・・。

以上、初恋ゾンビ 142話感想でした。

次回はこちら

初恋ゾンビ 143話感想です 前回はこちら イヴの変化 前回、凛々澄を傷付けてしまったタロウ。自分自身でも言ってはいけない...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする