【アニメ感想】はねバド!13話感想 最終回

アニメ はねバド!13話の感想です。

前回はこちら

アニメ はねバド!12話の感想です。 前回はこちら 本編の感想の前に最初に一言だけ。今回はかなりがっかりしました...

バドミントンをやる意味

はねバドアニメもとうとう最終回。

「私は何で戦ってるんだろう」

開幕自問自答ですが何か前回ラストで吹っ切れたみたいな顔してなかったっけ・・・。

で、こっからの試合展開がダイジェスト感がすごい。

というか試合中の綾乃となぎさのやり取りががっつりカットされちゃってるんでどうにも感情移入できない感ありますね。

なぎさ対石澤の方が内容濃かった気がしないでもない。

綾乃がやっと浄化される

「なぎさちゃんに・・・勝ちたい!」顔変わりすぎじゃない?

やっと浄化された綾乃ですが本当に思いっきり引っ張りましたね。2ゲーム目くらいでもよかったんじゃないか・・・。

あと「苦しくて楽しくなってきた!」っていうセリフがありましたけど原作ではこの試合とこの後のなぎさvsコニーでも出てくる「楽しいの先にある限界を超えた辛さ」っていうのが描かれてるんでこのセリフにはすごい違和感ありましたね。何か原作の真逆を行ってるような・・・。

そして決着は原作通りの終わり方。ここのラケットを離してしまう描写はもうちょっと気合入れて欲しかった。

というか普通に原作通りの勝敗で終わるんですね。それだと綾乃が勝ったのはモブ以外だと薫子とラウ〇ドワンでのコニーのみになっちゃうんですが・・・。主人公の戦績としてそれでいいのか。

試合後の有千夏との会話。育児放棄呼ばわりされてる有千夏ですが原作だともうちょっと葛藤とか負い目とか感じてるんで人間らしいですけどアニメの有千夏はあっさりしすぎてマジでクズさを感じざるを得ないですね・・・。

この流れで「デンマークへ行こうよ」とか爽やかな顔で言うか普通。

「今度打とうよ」

原作ではこれが叶うかどうか不穏な雰囲気なんだよなぁ。








エピローグ

エピローグにがっつり10分くらい取るならもうちょい決勝戦に時間取ってもよかったんじゃないかと思う。

何か他の会話はカットが多いのになぎさと理子の会話だけはカットされないどころか盛られている気がする。これが百合か

一方でエレナに泣いて謝る浄化綾乃。憑き物が落ちるとは正にこのことか。

原作では子供の保護者だったエレナでしたがアニメの方が綾乃の面倒見るのはストレスかかってそうでしたね。

そして最後の最後で原点回帰する綾乃。そうそうこれ!こういう綾乃が見たかったの!来週からはこのかわいい綾乃ちゃんが見れるんですよね!?
え?終わり?あ、そう・・・。

感想

大体のところでアニオリは失敗だったと言われてるはねバドですが私は8話くらいは楽しんで見てました。特になぎさvs石澤がピークだった気がします。

問題はそこからというかまぁ誰もが思ってることですが「葉山関連のオリ展開いる?」
私はいらないと思います。正直主人公の出番削ってまでやる話ではないなとしか思えませんでしたね。

というか最大の問題は綾乃vsなぎさの決勝戦だと思います。あそこに関してはもうはねバドのピークと言ってもいいところなんで限りなく原作に忠実にやって欲しかった・・・。
むしろ今までがどんなに酷くても決勝戦を完璧にやれば名作になれたと思いますが・・・無念・・・。

結論としてはまぁ原作付きアニメにありがちな「新規も読者も得しないアニメ」になってしまった感は否めないですね。
まぁアニメを見て原作読んだっていう方がいれば存在価値としてはそれで十分な気がしますね。

以上、アニメ はねバド!13話感想でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【アニメ感想】はねバド!13話感想 最終回』へのコメント

  1. 名前:休講になった大学生 投稿日:2018/10/01(月) 08:54:45 ID:e36a668de 返信

    サイト初めて読ませていただきました!自分も長くはねバド好きで今回のアニメが超残念だったので同じ感想の方がいてホッとしました。
    おっしゃる通り原作に興味を持ってくださる方が増えたのでそこは評価できそうです。地元の本屋ではごっそり売れ切れてました!
    長文失礼しました。

    • 名前:87@管理人 投稿日:2018/10/02(火) 02:30:14 ID:7a39acde2 返信

      コメントありがとうございます。
      放送当初からアニメ見て原作を読んだっていう報告を結構見るんでファンとしては嬉しい限りですね。
      アニメの内容とのギャップに驚きそうですがw
      アニメしか見てない方には是非原作の綾乃vsなぎさを見て欲しいところですね。

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2018/10/01(月) 20:36:33 ID:35d671752 返信

    おおむね同じような感想ですね自分も。
    私は横浜翔栄戦とインハイ前の薫子とのやり取りがものすごく好きなので、
    ヴィゴや松川さんを省略されて、「ああ、ダブルスはやらないんだな」ってなって
    冷めてしまいました。
    原作の感想もいつも楽しく拝見しています。
    志波姫戦の行方が今から楽しみですね。

    • 名前:87@管理人 投稿日:2018/10/02(火) 02:40:37 ID:7a39acde2 返信

      コメントありがとうございます。
      確かにアニメでもダブルスや薫子とのやり取りは見たかったですね。というかはねバドって綾乃vsなぎさが終わってからが更に面白くなってくるんでそう考えると非常に惜しいですね。
      決して前半がつまらないわけではないんですが・・・・。
      まぁ気が付いたら今週末にはgoodアフタヌーン発売日なのでとんでもないことになった綾乃がどんな試合をするのか楽しみに待ちましょう。

  3. 名前:名無しさん 投稿日:2018/10/02(火) 02:55:24 ID:77ec2fd48 返信

    だいたい自分も同じように感じました
    自分の場合見切りをつけるのはもっと早かったですが……
    原作のギャグ展開を削って、ちょっと改変してオリジナルシナリオをやるというアイデアは原作とは違う世界線の話と捉えることもできるのでよかったかと思います(結局特に改変する意味は無かった)
    ですがキャラの性格まで改変されるのは原作ファンとしてNGです
    綾乃ちゃんは対戦相手は煽るけど周りに暴言は吐かないし、コニーは子供っぽいだけであんな糞ヤローではありません
    というか何故全体的にギスギスさせたがるんでしょうか?
    他にはモブキャラに焦点あてて天才と凡人との差のようなものを描きたかったんでしょうが、原作はねバドにおける才能云々はそういうおセンチなお題目ではなく、純粋に才能とは何かを問うているのでこれも的外れだと思います
    原作の展開を改変するのは構いませんけど、まず監督は原作をきちんと読んでから検討してほしいです

    あと自分がはねバドに一気に惹かれたのはリーシャオ戦だったので、これを削られたのはかなりショックでした
    「背筋が凍るような強さ~」というセリフにあの顔がたまらないのに……

    • 名前:87@管理人 投稿日:2018/10/02(火) 22:27:15 ID:7a39acde2 返信

      コメントありがとうございます。
      原作で影の薄いキャラにちょっと味付けするぐらいならまだしも主人公を魔改造するのは流石に無理がありましたね。
      綾乃の性格とか作品のテーマとか制作陣が原作の内容を読み取れてない感じは否めないところです。

  4. 名前:QQQ 投稿日:2018/10/11(木) 10:46:04 ID:c9d32ad81 返信

    はじめまして。
    私はアニメの番宣でこのアニメに興味が出ると同時にはねバド!という漫画の存在を知り、アニメの後半で原作13冊を読んだ者です。
    原作の9巻で綾乃が有千夏さんに「私…もうお母さんと離れてても平気」のくだりは、
    発表されたときは「綾乃が闇堕ちしてるじゃん」と評判だったそうですが、
    私にはなんか唐突に見えたのです。
    一方アニメの5話でコニーに有千夏は私のママだよとか最後に覚悟しときなさいと言われた後、「お母さんなんて、もういらない」で闇堕ちの方が分かりやすかったのです。
    ただし、その反面8話・9話で再登場したコニーがいきなり綾乃お姉ちゃんLOVEになっているのが唐突で「?」となりました。
    あとアニメの有千夏さんは漫画に比べ分かりにくいキャラになっている感じですが、
    なんか羽咲母娘は似た者母娘でアニメの綾乃が大きくなったらこんな感じになりそうな気もしました。

    このアニメは日本初のバドミントンアニメであり、風景やキャラの画が綺麗で試合時の動きも凄いしクオリティは高いです。
    うーん、原作の全国大会はさらに熱く濃い内容なので
    このクオリティで「なぎさVSコニー」や現在進行中の「綾乃VS志波姫」をアニメで見たい~っ!と思うし。
    はねバド!という素材+ハイクオリティのアニメが全13話でこれで完全終了というのは未練が残る・・・というのが私の正直な気持ちです。

    P・S原作のコニーは9巻ラストであるように三人で暮らそうと思う一方、12巻・13巻等で綾乃をぼこぼこにしたいという気持ちを併せ持っているのですね(ママの夫=お姉ちゃんの父親の事は頭にないようですが)。
    原作のこれからの展開が楽しみです(今月の志波姫戦も良いところで終わったし)。
    長文失礼しました。