【ネタバレ】初恋ゾンビ 145話感想 もうやだこの親父

初恋ゾンビ 145話感想です

前回はこちら

初恋ゾンビ 144話感想です 前回はこちら 思い出した!? 前回、親父の渾身の頭突きを食らって昏倒したタロウはかつて「イヴ...

父の謎が明らかに

初恋ゾンビ 145話

指宿君がノックアウトされたところに後を付けていた一姫が登場。帰ってなかったのか・・・。

タロウと指宿くんのキス現場もばっちり目撃していたがやはりタロウは覚えていない。とりあえず一姫は指宿君を連れて帰ることに。タロウは親父と話す事があるといって二人でその場に残る。

初恋ゾンビ 145話

男嫌いは生まれつきなのかよ・・・。推理小説なら没レベルな雑なミスリードですね・・・。

ともかくひいじいちゃんから初恋ゾンビの話を聞いたタロウ父はその存在を知る為に幼い頃から研究を続け気付けば学者にまでなってしまったという。

タロウ父がそこまでして初恋ゾンビを追い続けたわけとは・・・

初恋ゾンビ 145話

・・・・・・・・・。

つまりこの男は特に何の秘密も無いエロを追い求めてるだけの奇特なおっさんだったわけですね。

なんだそりゃああああ!








そして明かされる(割とどうでもいい)親父の半生

何かすごくどうでもいいんですがタロウの父と母の馴れ初めを聞かされることに。

初恋ゾンビ 145話

この親父、まともな所が一つも無いんですが。

っていうかタロウ母の若い頃は完全に一姫ですね。若い頃は派手な方だったのか。

そこから母からの結婚の条件が金だったとか宝くじで生計を立ててたとか衝撃的かつどうでもいい事実が明らかになる。

親のこんな話聞かされたら下手したらグレそう・・・。

そんなタロウ父だが娘が生まれてからは初恋ゾンビの研究への熱意が薄れていたがタロウに初恋ゾンビが見えているかもという話を聞いてまた熱が再発してしまう。

幼いタロウやひいじいちゃんの話から頭への衝撃が初恋ゾンビが見える条件に関係あるのではと考えた末に取った行動は…

初恋ゾンビ 145話

これで3日間意識不明になったらしい。そしてタロウ父の頭にあった傷はその時の物。しょーもねー。

とにかくそこまでするほど自分は初恋ゾンビに取り憑かれている、彼女達は自分を魅了して離さない「悪魔」だというタロウ父。

初恋ゾンビ 145話

自分が最も知りたかったことをとうとうタロウに直接訪ねる親父。息子からしたら絶対見るの嫌なんですが・・・。

しかし親父には初恋ゾンビはいない。

「親父は女全般が好きなだけでまともに恋をしたことがないんだろ」

タロウの指摘にショックを受け、自分に初恋ゾンビが付いていないことを嘆く親父だったが・・・

初恋ゾンビ 145話

空に出ていた雲のような物の正体とは・・・・

いやいやこれ出てくる漫画間違えてない?これネオエクスデスとかそういうラスボス最終形態の体についてるヤツ!ダークソウルとか!

145話はここまで!

感想

大きな秘密を握っていると思っていた親父の正体は何も握ってないただの変態だった・・・!

いや初恋ゾンビの存在を知っているだけでも只者ではないんですがそれにしても酷い。

親父はただの変態じゃなくて理由があるとか思っていたんですかね・・・ただの変態でしたよ。

今回は言及されませんでしたがタロウの初恋ゾンビが指宿君の姿をしているのがわかったのも恐らくただのカマかけでしょうね。

そんなこんなで親父はただの傍迷惑な人でしたマルで終わるのかと思いきや頭上には恐ろしいモノが。流石にもう結婚してるんだし親父の初恋ゾンビが暴走することなんてないよな・・・?

あんなのに暴走されても縁結びして昇華とかできませんが・・・。

あと今回

心が無いと言われて親父をイヴが睨むシーン。イヴがこんな表情をするのは珍しいですがこの顔は指宿くんそっくりですね。指宿くんがイヴの顔になることはあってもイヴが指宿くんの顔になるのは超レアですね。

以上、初恋ゾンビ 145話感想でした。

次回はこちら

初恋ゾンビ 146話感想です 前回はこちら この親父、間違いなくクズ! 初恋ゾンビ 146話 いい足・・・じゃな...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする