【ネタバレ】初恋ゾンビ 147話感想 キスのせいで大変なことに

初恋ゾンビ 147話感想です

前回はこちら

初恋ゾンビ 146話感想です 前回はこちら この親父、間違いなくクズ! 初恋ゾンビ 146話 いい足・・・じゃな...

危険人物(父親)から逃げる

初恋ゾンビ 147話

ここは前回気付いていませんでしたが「グッ」ってしっかりイヴの手を握ってるんですね。頭の流血は親父の初恋ゾンビに命令したことだけじゃなくてイヴに触れたせいでもあった?

ところでここ見て思い出したんですがイヴって昔文化祭の時に指宿くんがみさを親衛隊に襲われた時にその中の一人の腕を掴んだことがありましたね。

今更になって思うと初恋ゾンビって妄想とか集団幻覚とかじゃなくて本物の超常現象なんですよね。そもそもイヴが見た遠くの情報をタロウが知り得てる時点で超常現象なのは間違いないんですが。

あれ、今まで考えたことなかったけどタロウと指宿くんって透視能力とかテレパシー持ってる超能力者と変わらないんじゃね・・・?

初恋ゾンビを妄想の産物だと思っている親父は根本から間違っている気がする。

初恋ゾンビ 147話

ここでようやくタロウも一姫が初恋ゾンビのことに気付いた事を知る。

やはり親父の初恋は「初恋ゾンビのイメージ」。親父がイヴに興味を持ったことで親父の初恋ゾンビはイヴを取り込もうとした。

初恋ゾンビ 147話

車の天井からイヴが顔を出して会話しているシーン。ここの「イヴは今どこにいる?」のセリフは明らかに不自然。いくら目線を向けていなくても声は聞こえてるはずだし頭上にいるという事はわかるはず、ということは・・・?

初恋ゾンビ 147話

とりあえず親父から退避する為に親父が明日アメリカへ戻るまでタロウは指宿くんの家に泊めてもらうことに。

しかし前回も思いましたが親父が初恋ゾンビの為だけに今まで研究をしていたとするならアメリカへ戻る必要はなくなるのでは?あの親父に仕事への責任感なんかがあるとは思えませんし・・・。

キスの後遺症?

初恋ゾンビ 147話

「今更・・だよ・・・」

元々拗れていたものが更に拗れてもうどうしようもなくなりましたね・・・。

初恋ゾンビ 147話

一方でタロウが指宿くんにキスをした時に消えかけた事を思い出すイヴ。あの時見た事をタロウに話そうとするがタロウに話す前に指宿くんに話すべきだと思いなおすイヴ。

「タロウに隠し事なんてしない」と言っていたはずのイヴだが・・・・。

ここで話そうとしている事とはやはりタロウと指宿くんとの別れの場面の事か。以前英会話教室の跡地に二人で行った時にタロウがイヴに驚いて転んで頭突きをしたことをイヴが一瞬思いだして忘れてしまいましたが今度こそ思い出したか?

初恋ゾンビ 147話

指宿くんの家をタロウ母に聞いた親父が向かってくる。親父の狙いは初恋ゾンビが見える指宿くん(八女リリス)に頭突きをかまして能力を奪う為だと読むタロウ。

頭突きする為に人を突け狙うとか完全に犯罪者だよ・・・お前の親父・・・。

タロウに「お前の親父の初恋ゾンビに捕まらないようにちゃんと近くに連れていろ」と言う指宿くんだが・・・

初恋ゾンビ 147話

やはり・・・車内の時点で薄々わかっていましたがやはり指宿くんはイヴのことが見えていなかった。

しかし指宿くんには親父の初恋ゾンビは見えている。他の初恋ゾンビは見えるのにイヴだけが見えない状態になってしまっている。

原因はやはりあのキス・・・?

147話はここまで








感想

まさか親父絡みからここまで話が発展するとは思わなかった。

今回色々クライマックスに関わりそうな要素がいくつかあった気がするので考察してみました。

指宿くんはイヴの事が見えなくなってしまったわけですが何故キスでこうなってしまったのかはわかりませんが「見えなくした理由」はなんとなくわかります。

イヴが消えかけた時に見たものを「タロウより先に指宿くんに話さないと」と言っていましたがつまり指宿くんに「あの事」を話させない為にイヴを見えないようにしたというのが妥当だと思います。

で、何故「あの事」をイヴが指宿くんに話すと困るのかと言うとそうすることで「話が終わる」からじゃないかなと。

イヴが消えかけた時に見たものが別れの時の記憶だったとしてその後の

初恋ゾンビ 144話

イヴのこのセリフ。

ワタシはあの先を見たい!というのが幼い凛々澄の「キスして」の先。つまりタロウと凛々澄のキス(これから先の未来?)。

あと問題なのが「・・・になっ・・・て・・・」の部分。これが何になってなのかですが最初は「恋人になって」とかそんな感じかと思ったけどどうにも違う気がする。

これってもしかして「指宿くん(凛々澄)になって」じゃないかなと予想してます。

イヴは以前から席田の絵と一体化した亜美ゾンビやスノードームと一体化した成人の江火野ゾンビに興味を示していました。

そして指宿くんに「お前自身の望みはなんだ」と聞かれた時のイヴの望みは「指宿くんが女の子だったらよかったのに」。

つまりイヴの最終的な望みはタロウの初恋が成就して指宿くんと同化することではないかと思います。

イヴが別れの日のことを思い出したならこの「女の子だったらよかったのに」っていう望みは叶うんですよね。じゃあ次にイヴがどうするかといえばやはりタロウと指宿くんをくっつけようとするでしょう。

今回イヴがキョウコの事を思い出して否定していたはずのキョウコと同じ事をしているというのはそういうことだと思います。結局初恋ゾンビは初恋の成就を求めるのが本能だと。

タロウはイヴに消えてほしくないのであの日の事を話しても初恋を成就させようとはしない。だから指宿くんに先に話そうってことですね、多分。

長くなりましたが現状の自分の考察、予想はこんな感じです。ただこんだけ書いといてあれですがイヴがタロウではなく指宿くんに話そうとした「何か」が別れの日の事っていうのにあんまり自身がないんですよね。これがもし別の事だったら根本から間違ってることに・・・。

以上、初恋ゾンビ 147話感想でした。

次回はこちら

初恋ゾンビ 148話感想です 前回はこちら 二人きりでお泊り!? イヴのことが見えなくなってしまった指宿くんだが今はそのこ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【ネタバレ】初恋ゾンビ 147話感想 キスのせいで大変なことに』へのコメント

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2018/10/24(水) 11:27:01 ID:f1d3a9f3a 返信

    いつも楽しんで拝読させていただいています。

    指宿くんと同化を願っているという考えは思いつきませんでした。
    今後もどういう展開になるのか予測が難しいですね。

    • 名前:87@管理人 投稿日:2018/10/24(水) 21:38:11 ID:e7e2ed746 返信

      コメントありがとうございます。
      自分も長文で考察なんかしてみましたが指宿くんにイヴが見えなくなった理由が色々考えてみてもわからないんですよねぇ。
      この状態がしばらく続くのか次回で何か動きがあるのか・・・待ちきれないですね。