【アニメ感想】転生したらスライムだった件 5話感想 前半キャバクラ後半おっさん

アニメ 転生したらスライムだった件5話の感想です。

前回はこちら

アニメ 転生したらスライムだった件4話の感想です。 前回はこちら 魔王とかいるのかこの世界。ドラ...

前回で終わりかと思ったらまだキャバクラいんのかよw

前回の剣をコピーとか職人のプライド傷付くんじゃないの?と思ったけど今回でフォローしてましたね。「旦那でもコピーできないすげぇ剣を作ってやる」って返しはかっこよかった。

貴重な前世の記憶。いやあんまり貴重でもない気がする。

転生物にしては前世の記憶が発揮されるところがないな・・・。まぁ現状そんなことしなくても万能過ぎるからあんまり必要なさそうだけど。

これって占いっていうか遠見とか幻視とかそういうレベルじゃね?

鍛冶屋のおっさんが自己進化する剣量産してたりキャバクラのねーちゃんが水晶で予言レベルの占いしたりこの世界インフレがすごい。

ファンタジー世界の大臣の悪人率高すぎ問題。もしくは偽物に成り代わられてる確率も高い。

「この上品な店に下等な魔物等を連れ込んでは」

上品な店・・・上品・・うーん。

完全にCM映像だこれ。っていうかこの世界は飲酒は20歳からなのか?違うんじゃないかな・・・。

かけられた時一滴もこぼさずに頭から吸収してればおもしろかった。

いったあああ!?

カイジンさんかっけー。鼻折れてそうな勢い。

しかし次のシーンでは右頬が腫れていた・・・何故だ・・・。

「俺じゃ駄目かい?」

いやぁいいキャラしてんなカイジンさん。

シンプルイズベストって感じなキャラ造形してる。

絶対意味ないだろその鎖・・・。むしろよく固定できたな。

しかしゴブ太はマジで何しに来たんだ。マジで門までの道案内役で出番終了なのか?









元騎士団長で鍛冶屋としても一流とか凄すぎるなカイジン。

っていってもアニメやゲームの鍛冶屋と言えば強いのがお約束みたいなとこある。

ちなみに自分は戦える鍛冶屋といえばダイの大冒険のロン・ベルク。

なんかすげーもん作ってる・・・

この世界の化学水準どうなってるんだ。スチームパンク的な感じ?

個人的には剣と魔法と科学の世界っていうとテイルズシリーズっぽいイメージがある。

ドワルゴ王ってすごい言いにくそう。どわるごーみたいな感じで。

しかしカイジン達みたいなドワーフらしい短足の奴と大臣とかみたいな普通の人間体系のドワーフがいるのはなんなんだ。種族の中にも色々人種があるのかな。

この国の裁判は必ず王様が出席しないといけないのか。

まぁ些末な事はそもそも裁判にしないんだろうけど。そしてこういうシチュエーションで主人公に有能な弁護士が付いたところを見た事がない。

王様めっちゃかっこいいな。大物感ある。問題があるとすれば全くドワーフに見えないことか。

すぐ主人公が美少年になってイチャイチャハーレム物になるのかと思ってたけどかっこいいおっさんもちゃんと出て来ていい感じだと思います。

リムルの体内>>>>ドワーフの技術力

っていうか回復薬は回復薬でも最上級回復薬だったのか。体の中にある分売っぱらうだけでもすげー金額になりそう。

ベクターが失脚するのはもっと後になるのかと思ったけど今回で一つの話として終わらせましたね。

嫌なヤツだったけどこの涙するシーンは結構グッと来た。

「暴風竜ヴェルドラの如き!」

如きっていうか中に入ってるんだよなぁ・・・。

そして案の定忘れ去られるゴブタ。これは来週になったらしれっと戻ってきてるパターンか。

EDが完全に新しくなってる・・・。今までのが仮エンディングで今回から真エンディングってことかな。

っていうかゴブ太はここに並び立つ程のレギュラーキャラなのか・・・。OPにも出てたけど。

モブ以上レギュラー未満くらいの扱いだと思ってた・・・。

というわけで5話終了。

今回は戦闘とかなかったけど面白かった、というか今まで一番面白かったと思う。

ドワーフみんなキャラが立ってるし話もシンプルだけど逆にそこがよかった。

しかしもうすぐ半分過ぎようとしてるのにまだ人型化しないんだなーと思ってたらこれ2クール放送だったんですね、1クールだと思ってた・・・。

転スラは原作がそんなに膨大な巻数にならずに完結するらしいんで1期がうまくいったらもしかしたらアニメで完結までやるっていう可能性も無きにしも非ず?

ラノベ原作アニメで完結までやりきったのって灼眼のシャナくらいしか知らないなぁ。他にもあるんでしょうか。最近のラノベって人気が出ると長期化する傾向があるんでアニメで最後までやるのがまず不可能なんですよね・・・。

以上、アニメ 転生したらスライムだった件5話の感想でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする