【アニメ感想】SSSS.GRIDMAN 6話感想 怒涛の展開、謎明かしラッシュ

アニメ SSSS.GRIDMAN 6話感想です。

前回はこちら

アニメ SSSS.GRIDMAN 5話感想です。 前回はこちら 出だしからエッッッッッッ...

「君が変身してるんでしょ?」

前回のあかねのセリフが引っ掛かる裕太。というか普通に「敵かも」という考えが浮かばない辺り純真無垢である。

子供好き属性が付与された内海。

噂の小6の弟は出ないか。六花の兄と共にいつか出番があるんでしょうか。

ここの六花さんかわええ。

なみこって茶道部だったのか・・・。イメージ全く無いな。そしてはっすって前から若干怪しかったけどもしかして勉強はできない方か。

こんな笑顔されたら惚れてまうやろぉ!!

いや、もう惚れてるけど多分。

「お前の命令を待っている」(命令を聞くとは言っていない)

マフラーは無くなったまま。再生したりするもんじゃないのかあれ。体の一部的な扱いなのかと思った。あかねちゃんが捨てちゃうから・・・。

しかしアンチは人間体でも超人的な身体能力みたいですがキャリバーさん以外のメンツも生身でも強そうですし1vs4とか絶対勝ち目なさそう。

「あの人達お金無さそうだしね」

六花ちゃんはそういう目であいつらを見てたのか・・・。お金無さそうというかどっからお金を得ているのかが最大の謎だけど。

というか前回のボイスドラマで返品したがってたけど結局諦めて買い取ってもらったのか。いくらで買い取ってもらったんだろう・・・。

下半身に異常な執着を持つアニメ。

制服着替えないと皺になるぞ・・・。

OPに登場した手帳(?)パスケースだったのかな。これが重要アイテムになるのか。

しかし六花はここまであかねを気にかけるとは相当ですね。一学期の時は相当仲が良かったんでしょうか。少なくとも六花は親友くらいに思ってたのかもしれない。EDも一学期の二人の様子っぽいし。

遂にOPのフードの子供が登場。

女の子だったのか。

「私、怪獣の家系なんだ」

妖怪かな?ゲゲゲの鬼太郎の時間にゃまだ早いぞ。

怪獣の家系?ってなんなんだ・・・。さっぱりわからん。

そしてアンチ共々臭いのはやはり怪獣だからなのか・・・。

ノラ猫に餌を与えるなとは書いてあるがノラ?怪獣に餌を与えるなとは書いていない。

これは定番の人間が怪獣に餌付けするイベント・・・!!

ウルトラマンタロウのモットクレロン思い出した。

キャリバーさんは見ていた。

しかし六花はなんでここまでアンチを気に掛けるんでしょうかね。

何か理由があるのかなんだかんだ面倒見がいい性格ってだけなのか・・・。

この客の声優、電光超人グリッドマンの主役の直人役の人らしいですね。ホント実写版へのリスペクトに溢れてるなぁ。

あと六花の兄は全然出てこないんで家出てるのかと思ったけど普通にいるみたいですね。店の方に顔出さないだけか。

特撮オタ同士の交流。

これは正直いろんな意味で「フラグ」になりそうだが・・・。

そしてボラーは一応内海の護衛をしてくれているのか?流石にあかねを尾行してたってことはないだろうし・・・。









怪獣と風呂に入るヒロインと怪獣とデートする主人公・・・どうしてこうなった。

しかし褐色ロリイヤホンフード巨大怪獣娘って属性てんこ盛り過ぎないですかね・・・。

ここで流れてるのは電光超人グリッドマンのOP「夢のヒーロー」

今回特撮版要素多いし結構重要な部分で使われててマジで感動する。

電車に乗った時全員が寝てしまうのはやっぱり理由があったのか。しかしこのガス、1話で裕太が目覚めて初めて外に出た時にも街に充満してましたがそれにも何か理由が・・・?

街中の巨大怪獣はガス噴出と街の修復の役目だったのか。

そしてやはりこの世界はあかねが作った世界だった・・・。ここは電脳世界なんだろうか。

今回一気に謎が明らかになっていって展開が目まぐるしいな。

今回変身が無い代わりに生身でバトル。この辺は流石トリガー。

しかしこうなるとボラーはツインテがドリル化したりヴィットが空飛んだりするんだろうか・・・。

普通に実体化してる・・・。

アレクシスも遂に何か行動しはじめるのか?

そしてクレジット。

「怪獣少女アノシラス(2代目)」

アノシラスっていうのは実写版の方に出て来た味方怪獣ポジションの怪獣。

2代目っていうところや「先代がお世話になった」ってセリフから考えるとやっぱりこのアニメグリッドマンは実写版グリッドマンと話が繋がっている・・・?

折り返し地点の6話ってことで一気に話が動きだしましたね。やはりこの段階であかねが黒幕ってことをバラす辺りこの世界にはまだ裏がありそう?あかねがこの世界を作ったっていう意味も詳しくはわかってないですしまだまだ謎が多い。

しかし裕太はこの事実を六花や内海に伝えるんですかね。六花が知った時のリアクションがどうなるか。それとも二人には秘密にして直接あかねを問いただしに行くのか・・・。

そしてボイスドラマも更新

公開終了しました。

シリアスが吹っ飛んだ。

あとやっぱり新世紀中学生でいいんですね。しかしこれどう考えても実写版の直人達の事言ってますよね。何気に重要な伏線なのではこれ。

以上、アニメ SSSS.GRIDMAN 6話感想でした。

次回はこちら

アニメ SSSS.GRIDMAN 7話感想です。 前回はこちら 「女の子ぉ?」(ジト目 な...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【アニメ感想】SSSS.GRIDMAN 6話感想 怒涛の展開、謎明かしラッシュ』へのコメント

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2018/11/11(日) 07:19:49 ID:c7d60b648 返信

    六花が帰る時に裕太と目が合うシーン。
    しばらく硬直し、はっすに手を振ったあと真顔で教室から出ていく。
    六花のこの態度は、裕太とは意図的に一定の距離を置こうとしているような気がする。やはり記憶喪失になった日のやり取りが関係しているのかな。