【ネタバレ】空挺ドラゴンズ 30話 ミカ、お前は一体何なんだ

空挺ドラゴンズ 30話感想です。

前回はこちら

空挺ドラゴンズ 28話感想です。 前回はこちら 二人だけの龍捕り 前回に引き続き過去回想編。クジョーは船の名前をノラベンダ...

クラーケンから脱出

前回、ミカの機転でクラーケンの中心に出ることが出来た二人。

上空の気流の穴から脱出することに。

しかし問題は空を塞ぐ謎の龍にぶつからずに空を抜けられるかどうか。

回転して上昇しながら龍の翼(?)の間をすり抜けなければならない。

なんかアクションゲームっぽい・・・。

クラーケンの正体

何とか龍をすり抜けて空へ上がったミカとクジョーが見たのは大量の触手に捕らわれ、捕食される龍達の姿だった。

クラーケンの正体はまさに「龍の巣」だった。

もしくは蟻地獄ならぬ龍地獄といったところでしょうか。

そしてミカ達の船もクラーケンの触手によって捕らえられてしまう。

応戦空しくクラーケンに船ごと飲み込まれそうになる二人だったが・・・。

何なんだお前・・・!?

ミカがクラーケンに飛び移り、ナイフで触手を切り落としていく。

絶体絶命のピンチでも笑いながら龍と戦うミカに戦慄するクジョー。

触手から船は解放され、ミカはクラーケンに捕まっていた龍を解放し、その背に飛び乗って脱出する。

龍相手を馬のように操るミカ。

正直子供の頃龍に育てられたと言っても信じられるレベルである。

龍から船に飛び移り、無事に帰還したミカ。ミカの活躍によって九死に一生を得たクジョーだがその表情は・・・。

30話はここまで。

感想

相変わらずミカ無双すぎてやばい。そりゃあクジョーもビビる。恐らくベテランである分だけヴァニーやタキタ達よりミカの異常さを大きく感じてそうな雰囲気。

これが二人が別れる原因になるんでしょうかね。

次回辺りで回想編も終わりそうな気がしますがこの後には「銛付き」の話が待ってると思うんでまだまだクジョー編は終わら無さそうですね。

以上、空挺ドラゴンズ 30話 感想でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする