【アニメ感想】機動戦士ガンダムNT ネタバレ感想

ガンダムNTを早速見て来たので感想をば。

作品内容のネタバレ全開ですのでご注意ください。

ストーリー

基本的にUCの外伝小説「不死鳥狩り」がベースになっているが時系列が弄られたり登場人物やMSが増えていたりする。

一応大筋は変わっておらず

フェネクス捕獲作戦

フェネクスの目的は人類の手に余るサイコマシン、ネオジオングの破壊だった

最後はフェネクスがネオジオングごと消滅

という流れ。UCに沿う形でちょいちょい設定が足されたりしているが特に意味はないと思う。

キャラクター

ヨナ・バシュタ

朝起きたらイケメンになっていた主人公。

元々はスタークジェガンに乗っていたが映画では晴れてガンダムパイロットに。それと同時にとんでもないドスコイスーツを着せられるが最終的にライザップする。

いわゆるウジウジ系主人公だがそれ以上に新キャラやUCキャラの出番を2時間に詰め込まれたせいでセリフが少なく、影が薄い。パイロットの腕も並程度と凡人の鑑のような男。

「作品を成立させる為の主人公」といった感じでキャラとしての魅力は0に近い。

ミシェル・ルオ

原作には登場しない新キャラ。立ち位置的にもセリフ量的にも完全に主人公を喰っている。フェネクスを手に入れてサイコパワーによって肉体を捨て死を超越しようとしている。ガンダムで不老不死なんてものを目的にするキャラが出てくるとは思わなかった。

作中で発生する戦闘は大体こいつのせい。

ルオ商会会長の娘、占い師、ヒロイン兼黒幕と設定の闇鍋のようなキャラ。

リタ・ベルナル

作中では既に故人。フェネクスは彼女の残留思念が動かしている。

つまりフェネクスは無人のMSが思念で動き回っている幽霊船ならぬ幽霊モビルスーツである。オカルトここに極まれり。

ゾルタン・アッカネン

劇場版新キャラ。シャアのコピーであるフル・フロンタルの出来損ないのイカレ強化人間枠。どうしてもBORUTOのカワキに見える。

小物丸出しだが一応ラスボス。やってることはアレだが言ってること自体はかなり正論だと思う。

「百年そこらで人間がニュータイプになんてなれないよなぁ!進化ってのはそういうもんじゃないんだよ!」

イアゴ・ハーカナ

シェザール隊隊長。原作では死ぬが劇場版は生存ルートだった。他のシェザール隊員にも顔と名前が設定されたがハッキリ言ってただのモブ。

UCキャラ

ミネバとバナージも普通に出るがあくまでチョイ役の為過度な機体は禁物。特にミネバが作画の違いで顔がかなり変。後はタクヤがガランシェールクルーになってたりする。

すっぴんのマーサ様が見れるはガンダムNTだけ!








メカニック

ナラティブガンダム

A装備B装備に加えて普通に外装を装着したノーマルな状態のC装備が登場。

ニューガンダムの前のサイコフレーム試作機とかいう大荒れ必至な設定。更になんとNT-Dまで搭載されている欲張りっぷりである。

主人公機であるが流石にトンデモサイコマシン達の戦いにはついていけなかった・・・。

フェネクス

大分昔からプラモはあったがようやくの映像化。最初から覚醒しておりRX-0のとんでもマシンっぷりを存分に発揮してくれる。ソフトチェストタッチ的な技もバンバン使ってくるし速度はなんと光の速さを超える。完全にスーパーロボット系だこれ。

Ⅱネオジオング&シナンジュスタイン

ネオジオングの金型を流用してプラモを売りたいだけに登場したとか言われているが元々「不死鳥狩り」のラスボス自体ネオジオングなので出てくること自体はさほどおかしくはない。

しかし予備パーツで組んだというからデッドコピー的な物かと思ったらサイコシャードも普通に使えてオカルトパワー全開で戦う。

感想

一言で言うと「UCのオカルティックな部分を抽出して更にパワーアップした作品」。UCがオカルト過ぎて無理という人が見たら頭がおかしくなって死ぬこと間違い無しです。

またUCラストの結晶ユニコーンが連邦軍のMSを停止させたのはジェネレーターの時間を巻き戻して分解したからという設定も明かされました。もはや完全にタイムマシン。

作品テーマとしてはUCラストで結晶ユニコーンにリディが言っていたように「人類にはその領域はまだ早い」って感じの話。後のUCシリーズにサイコマシンが出てこないことへの辻褄合わせ的な意味もあるんじゃないでしょうか。

一応ストーリーとかテーマは理解できましたしキャラクターは全体的に印象薄いのがちょっとアレですがまぁ劇場版としてはこんなもんだと思います。

やっぱり最大の問題点はサイコマシン関連ですね。今までスイカバーとかアクシズ返しとかUCのラストとかオカルトパワーはしょっちゅう登場してるわけですが今回は今までの中でも群を抜いてます。時間を操るとか光の速さを超えるとか高次元からエネルギーを引き出すとかスパロボオリジナル機かよっていう設定です。

想像の斜め上をいくなんとも言えない感覚は劇場版00の時と近い感じがありますね。

個人的な感想としてはクソ映画という程つまらなくはないけどじゃあ面白かったかと言われるとそうでもないっていう感じ。単純に「MSが動いているところを見る作品」としてはそこそこ楽しめると思います。

しかしHGネオング持っててⅡも買うっていう猛者はどのくらいいるんでしょうね・・・。まぁでもガノタの情熱はすごいからな・・・それなりにはいるんでしょう。

以上、機動戦士ガンダムNTの感想でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする