【アニメ感想】色づく世界の明日から 9話感想 将が男らしすぎる

アニメ 色づく世界の明日から 9話の感想です。

前回はこちら

アニメ 色づく世界の明日から 8話の感想です。 前回はこちら 魔法少女琥珀ちゃん。 魔法使...

「じゃあ一緒に行こうか」

デートイベントだと・・・。瞳美もあっさりOKしちゃうし。

あさぎちゃんが全く息してないけど大丈夫ですかね・・・。

将くんは嫉妬心メラメラっすねぇ。

正直こっちからしたらもう入り込む余地なさそうなんだけどなぁ。

好きな人が好きな人を目で追っていることに気付くあさぎちゃん。何という完璧なトライアングル。

それはそれとしてこの写真の瞳美かわいい。

「俺、明日瞳美と二人で出かけるんだ」

なんという男らしさ。ラブコメ漫画の主人公は見習うべき。

その辺の主人公よりかっこいい将に比べて微妙にもやってる感じの唯翔。

まぁ付き合ってるわけでもないので「何で俺に言うの」って言いたくなるのもわからなくはない。

「・・・二人で?」

そりゃあおばあちゃんとしては内心「え~・・・」って感じでしょうよ。でも行くなって言うのもおかしいしどうにもなりませんねこれは。

完全にカップルの空気だこれ。

そういえば瞳が一番最初に会話した現代人は将だったんですね。そう考えると将は普通なら主人公ポジションでもおかしくはない。

「もしかしてデートとか!?」

君らも人のこと言えないけどね。そして鈍感ズってやっぱ瞳美も鈍感の内に入ってるんだな・・・。

そんな笑顔惚れてまうやろ!まぁもう惚れてるけど。

瞳美も初期の暗さがウソのよう。今はもうトニカクカワイイ。









「本気で言ってる。俺と付き合って欲しい」

言ったーーーー!

適当にお茶濁した感じで終わるかと思ったけどガチ告白まで行きましたね。ほんと将くん男らしいわ。

「ご、ごめんなさい!」

秒でフラれた・・・。哀れな・・・。

しかし走って逃げられるとは流石に傷つきそう。

「急に言われても・・・そんなのわからない」

まぁそりゃそうだ。瞳美は恋愛なんて1ミリも考えた事なさそうだしな・・・。

「あ~・・・・」

鈍感ズに比べて琥珀は超鋭い。もう何があったか察した感じである。

「100080円になります」

こっちも心ここにあらず。似たもの同士か。

「それでも答えは欲しいんだと思う」

ほんとに琥珀は17歳とは思えない達観ぶり。同い年のはずなのにキッチリ瞳美の保護者してます。

こちらも何かを察するあさぎ。鈍感ズに対して周りの洞察力が高い。

「あさぎちゃんは好きな人いる?」

将を振ることについてあさぎに相談する瞳美・・・うーんこの。

「好きになってもらう資格も、好きになる資格もないから」

やっぱ色が見えなくなったきっかけに何か事件があったんですかねぇ。魔法の暴走とか?

「気になる人がいます」

「がんばれよ、応援してるから」

こんな綺麗な失恋シーン見た覚えあんまりない。心が浄化される・・・というより吸血鬼みたいに灰になりそう・・・。

「うああああああああああああ!」

なんだこの古典的青春ドラマの化身みたいなキャラは。一周回って逆に新鮮に感じる。

今回の話でめっちゃ将のこと好きになりますわこれ。

「私ね、好きだったんです。将くんのこと」

あさぎちゃんの気持ちはわかるがこれ以上瞳美の心労を増やさないでやってくれ・・・。男側の方は綺麗に終わったが女側の方はもっとヘヴィーな展開になってきた・・・。

「ごめんね」

瞳美に我慢できずに将が好きだったことを言ってしまったことへのごめんねってことでしょうね。誰も悪くいのにこんなに辛いことになるのが青春って奴か・・・。

今回で瞳美、将、あさぎのトライアングルは崩壊しましたがまた来週はあさぎ回っぽい?楽しみだし目が離せないんですが瞳美と唯翔の方をもうちょっと進展させなくて大丈夫なのかとも思う。もう残り話数も少ないし・・・。

まぁ今回瞳美が唯翔への気持ちを自覚した時点で大分進展したとも言えるけど。

しかし未来へ帰る帰らないの話が予想以上に進展しませんが最終的な着地点はどうなるのかなー。正直こっから未来へ帰る流れはあまりにも辛すぎるんですが・・・。

以上、アニメ 色づく世界の明日から 9話の感想でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする