【ソードアート・オンライン アリシゼーション】10話感想 何故ベストを尽くしたのか

アニメ SAO アリシゼーション 10話感想です。

豪雨の中平然と窓から飛び出していくとかこいつホントに現代人か。

VRに慣れ過ぎた弊害とも言えそうだけど・・・。

フレニーカちゃんは地味子タイプか。

こんな大人しそうな子を脱がせてマッサージとかけしからんうらやましい!

「この場では少々説明の難しいご奉仕」についてkwsk聞き出すんだユージオはやくはやく!

割とガチで深夜にテンション上がり出してる自分がキモい。デュフフフw

ここで剣を握りしめて出て行ったのは偶然なのか必然なのか。

無意識なのか意識的なのか・・・。

なんだこの・・・なんだこいつ・・・。

筆舌に尽くしがたいってこういう状況なんだなって・・・。

え、何この雰囲気は・・・。

もうこの辺ラノベが発売された時に散々噂になってたから知ってるけどWEB版と展開違うんだよね?そうだよね?すんごい不安になってきたんですが・・・。

あぁやっぱりまだだったか・・・。

でもこれ「目の前でヤってやろう」っていうこいつらの下劣さ加減はさらに増してますね・・・。


めっちゃ緊張してたのにここでクッッッッッッッッッッッソ吹いた。

ここでスタイリッシュ脱衣&ルパンダイブもどきとか草を抑えられるわけないだろ!いい加減にしろ!


ティーゼの怯える顔が・・・

まて・・オレにそんな性癖はない!ステイクール!ステイクールだ!

いやマジで前情報で未遂とか聞いてたからタカくくってたら描写がガチすぎてキッツイ・・・。

何故ベストを尽くしたのか。

っつーか逆にWEB版だとこのままやられてたと考えると鬱になってきた・・・。

邪気眼・・ではなく正真正銘の右目の封印。

鏡文字の演出ホント好き。

はじけた。

BDでは黒塗りが・・・消えないか流石に。




あれ、ウンベール?

ここで斬り飛ばされるのはライオスの右腕だったはず。未遂か事後かだけじゃなくてこの先の展開もWEB版とは変わってるみたいですね。

ウンベール意外と冷静に止血とかしてんな・・・そこは流石剣士か・・・。

いやこんなところで株上げられても困るけど・・・。

ここでキリトが来るのか。

全部終わってから登場よりこっちの方が主人公らしいですね。

なんだこのドラゴンボール的波動は・・・。

ちょっと心意漏れ出てんよー。

凄まじい顔芸だ・・・。

今回ライオス君見所ありまくりの面白キャラになりすぎだろww

ここまで突き抜けると一周回って段々好きになってくる。

勿論この後の破滅もセットでだけど。

右腕どころか両腕が飛んだな・・・。

っていうか冷静に考えたらSAOって基本ゲームだから赤エフェクトでこんなグロ出まくるってアリシゼーション編が初めてなんですね。

まさかここまでグロ描写全開で来るとは思わなかった。

なんか今週のアニメはグロ回多いな。

かえるぴょんぴょん

何で今回ライオスこんなに面白いんだよww

陰鬱な回になるはずだったし前半そうだったのに途中からライオスが面白すぎてギャグ回になってるじゃないか。

ライオス君バグっちゃった・・・。

WEB版だと殺意はなかったとはいえユージオが止めを刺すはずだったんで大分変ってますね。

しかしライオスはとんでもない傷跡残して退場していきましたね・・・。最終話まで見た時には絶対君の事を思い出すと思うよ・・・。

っていうかウンベール生き残ってるし!お前の生存ルートとか誰得なんだよ。

ティーゼちゃんの貞操は守られたけど・・・

この後考えると全然良かったなって思えないんだよなぁ。

こういう回復魔法って完全に欠損すると元には戻せないとかいう設定多いけど問題無く再生。

まぁあくまでデジタル世界だし。

先生は「封印」を体験したことあるのか。

ただ人の腕斬り飛ばしたことには言及しない辺り内心ライオス達はそのくらいされても当然って思ってそう。

かやのんはこれで女騎士何キャラ目なんだ・・・。絶対ダクネスダクネス言われまくるだろうなこれ。

しかしアリスは最近の鎧美少女キャラの中では肩パッドガッチリついてますね。強キャラ感ある。

アリス・シンセシス・サーティって10回言ってみて欲しい。

というわけで10話でしたがなんていうか・・・「どうせ書籍版でマイルドになってる上にアニメ版だから規制入ってるだろ」と思ってましたけど想像以上のガチ描写。むしろ一般アニメでレ〇プの過程をこんなギリギリまで描いた作品あったかってレベルな気が・・・。

でちょっと鬱になってきたと思ったらライオス君の体を張った芸の数々でなごませてもらいました。今回一番活躍したのは間違いなくライオス。

そしてようやく10話にしてメインヒロイン(?)登場。ですがやっぱりユージオはティーゼのところに帰してあげたいなぁ・・・。

以上、アニメ SAO アリシゼーション 10話感想でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【ソードアート・オンライン アリシゼーション】10話感想 何故ベストを尽くしたのか』へのコメント

  1. 名前:TT 投稿日:2018/12/09(日) 05:06:15 ID:a9d1a3363 返信

    ルパンダイブはともかく他は割と書籍版どおりでかなり攻めた内容でしたね。
    正直ちょっと引きました。

    まともな見どころでいうならキリトvsライオスの構成ですね~
    キリトが使ったのは、決勝戦でリーナ先輩が使っていた「両手剣技”輪渦”の二段発動」
    の一発再現で、狭い室内では連続剣技を使いにくいからって理由があります。
    ウォロvsリーナと技の組み合わせも一緒なんですよね。

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2018/12/10(月) 17:44:32 ID:09019d936 返信

    >というわけで10話でしたがなんていうか・・・「どうせ書籍版でマイルドになってる上にアニメ版だから規制入ってるだろ」と思ってましたけど想像以上のガチ描写。むしろ一般アニメでレ〇プの過程をこんなギリギリまで描いた作品あったかってレベルな気が・・・。

    最近どころか今期アニメにあったような…
    しかもライオスはその○イパーにも劣るクズ野郎呼ばわりされてましたね

    • 名前:87@管理人 投稿日:2018/12/10(月) 17:57:39 ID:7a8f9c81e 返信

      ゴブリンよりこっちの方が生々しい気がして・・・

  3. 名前:名無しのスライム 投稿日:2018/12/11(火) 05:45:23 ID:a1bba5b9b 返信

    描写が色々エグいので各方面大丈夫かなとアタクシも心配になりましたw
    うっかり録画を見てたら余裕でお茶の間が凍り付くレベルで大草原不可避
    「グロ描写前回で」→全開?

  4. 名前:名無しさん 投稿日:2018/12/12(水) 17:39:46 ID:8d0d9731b 返信

    管理人さんはWebは読んだけど原作を読んでないと見た!
    4クール目の一番の目玉であるあいつとの戦いは書籍で大幅加筆されてるので楽しみにしてくどさい