Web Analytics Made Easy - StatCounter
【SSSS.GRIDMAN】12話(最終回)感想 君を孤独から救いに来たんだ | 暇をつぶすのに忙しい

【SSSS.GRIDMAN】12話(最終回)感想 君を孤独から救いに来たんだ

アニメ

 

アニメ SSSS.GRIDMAN(グリッドマン) 12話感想です。とうとう最終回。

前回はこちら

【SSSS.GRIDMAN】11話感想 遂に明かされる裕太の真実
アニメ SSSS.GRIDMAN 11話感想です。 前回はこちら 包丁じゃなくてカッターだった・...

 

今回のサブタイトルが「覚醒」

いつもの「〇・〇」方式じゃないのには何の意味があるのか・・・。

 

やっぱりOPの謎の怪獣はラスボスだったか・・・。

鳴き声のあかねの悲鳴が痛々しい・・・。

 

「ナイト爆裂光波弾!!」

ど、どうした急に!?

急に厨二ネーミングの波動に目覚めたのか?と思ったらこれアンチ怪獣形態の元ネタのシノビラーの技らしいですね。流石にそこまで覚えてなかったな・・・

 

「ありがとう、君がいなかったら勝てなかった」

ありがとうの言い方からして既にグリッドマンっぽい。

そしてテンプレな「お前を倒すのは俺だ」的セリフを吐くアンチ君。だけど「俺の一生の最後にお前を倒す」って言い回しがかっこいい。

 

職業はハイパーエージェントです。

あ、はい・・・そう・・・。

 

「内海と六花がいないんだけど」

ぶっちゃけこの状況で二人が必要だとは思えないがちゃんと仲間カウントしてる辺り優しいボラーちゃんくん。

何気にこの中で一番仲間意識強そう。

 

ソ・・・ソニックブラスト?

ラスボスにしては珍しい攻撃方法。

っていうかラスボスはアカネ怪獣じゃなくてアレクシスの方かな。

 

「俺にはやることがある」

この状況であかねを差し置いてやること・・・?アレクシスを倒すかそれとも内海と六花を探すのか。

アンチがアカネを止めてグリッドマンがアレクシスと戦うパターンか?

 

ここに来てグリッドナイトの変身バンクが!(一回きり)

バンクじゃなくてただの変身シーンだな・・・。

ここのアカネに「お前は怪獣だ」と言われたアンチが、今度はアカネに「お前は怪獣じゃない」と言う対比がアツい。

 

この手はなんなんだろう・・・。

ただの演出なのかそれともアカネが今まで消して来た人たちのイメージか。

 

わかりきっていたことだがここでアレクシスのダメ押し的なネタばらし。

ここに来て剽軽な感じから一気に悪役っぽさ出して来た。

 

「悪いな、今はグリッドマンだ!」

覚醒してから裕太でもグリッドマンでもない人格になりつつあるな。正直今までの裕太より遥かに主人公っぽい。

 

アンチくん突入。

これもうアンチとアカネが完全に主人公とヒロインの構図になってない?

エウレカセブンの最終話思い出した。







 




ボラーキック!(仮称)

内海は今までの作中で何回蹴り飛ばされてんだ・・・。

 

「友達だよ!」

ここの絞り出すような叫びすき。

ヒーローが友達の声援でパワーアップするのはウルトラシリーズのお約束なんだよ!!

 

やっぱり今まで消して来た人達が・・・

っていうか問川って1話で死亡したキャラなのに全編通してずっと出続けたな。

 

!?

流石にいつまでも指を咥えて見ててくれるほど甘くなかった・・・。

 

最終的には自分自身でアカネを吸収するのか。アレクシスの最終的な目的はなんなんだ。単純にパワーアップの為?

しかし凄まじいグレンラガン臭である。

 

全員にアクセプター!?

これはまさか・・・俺達がガンダ・・じゃなくて俺達がグリッドマンだ!なのか?!

 

「「「「「アクセーーースフラーーーーッシュ!」」」」」

心を繋ぐって意味なら変身するわけじゃなくても内海と六花にもつけば面白かったかも。

 

アンチにも!?

ヤバイ。この展開はアツすぎる。

 

アクセスコードグリッドマン

最後の最後で初代リスペクトを・・・。

そしてSpecial Signature to Save a Soul

これがSSSSの意味か・・・。そのまま訳すと「魂を救う特別なサイン」?

魂を救う者の名 グリッドマン って感じかな。

 

完全な初代グリッドマンになったああああああ!

今までのグリッドマンは現代版のリファインじゃなくて仮の姿だったのか!

そして曲も初代の「夢のヒーロー」。これOPのUNIONのシングルに収録にされてた大石版が最後に流れるのかなと予想してましたが正真正銘の初代バージョン!

電光超人世代としては何もかもがすごすぎて言葉が出ねぇ・・・。

 

ここに来てトリガー感全開のアクロバットバトルと初代の懐かしい技の合わせ技。

ところでここの前にはっすがグリッドマンを見て「もっと前から・・・」って言ってましたが毒煙怪獣の毒が切れてきた?完全に記憶を消去されてたわけじゃないのか。

 

序盤で見た懐かしい構図。

ラスボスにとって再生能力は基本。

 

アレクシスの目的は単純に人間の感情を楽しみたいってだけなのか。世界征服とか壮大な目的とかはなかった模様。

そしてここから出て何処に行くんだろう・・・。他にもアカネみたいにコンピューターワールドに意識のある人間がいるのか?







 




元祖に続いてOPが・・・。

そしてこの光は本物のフィクサービームか・・・。

 

「自分の意思で帰らなきゃいけないんだ」

やっぱりここはアカネが現実から逃避する為の世界なのか。

 

「これが・・・限りある命の力か!!」

結構あっさり死んだな・・・。何かどっかの魔王が言いそうな断末魔。

 

地球!?

人がいるのはあの町だけだけど一応地球全体はシミュレートされてたのか・・・?

 

街を出て行くって物理的に引っ越すの・・・?この世界からログアウトする的な意味ではなく?

そして最後の最後で登場する手帳。若干存在忘れかけてた。

 

消えた・・・。

やっぱり引っ越し準備は比喩表現というか心の準備的な意味だったのか。

 

またまた懐かしのグリッドマンベース。

そして別れの挨拶のドサマギで代理で六花に告っちゃうグリッドマン。駄目だってそういうことしちゃあ・・・。

 

何か無限の命とか言ってた割りにあっさり死んだと思ったらしっかり封印されていたアレクシス。もしかしてハイパーワールドってこんな奴他にも一杯封印されてたりして・・・。

 

「私は信頼できる友達を持つことの大切さを改めて思い知った」

今更ですがやはりこのグリッドマンが電光超人のグリッドマンと同一存在なのは間違いなさそうですね・・・。

 

そしてEDへ・・・。

裕太の両親は存在しないのではと散々言われていましたが無事帰宅。

 

チラチラ裕太。

やはり裕太だけがこの世界でアカネではなく六花を好きになったからグリッドマンが宿ったんだなぁ。

マジメに考えると裕太はこの世界にとってはバグみたいな存在だったんだろうか。

 

怪獣少年と怪獣少女。

やっぱりこの組み合わせは来ると思ってた。この二人だけで一作品できそう。

アンチくんの片目の色が変わったのはグリッドナイトになったからかな。

 

そしてラストはまさかの実写

そういうオチで来たか・・・。中々面白い。

というわけでついにSSSS.GRIDMAN終了!

非常に濃密な最終話だっと思います。ただ率直な感想としてはアカネの心情変化とアレクシスの扱いについては駆け足だった感は否めませんね。

ただ個人的にはこの最終回でSSSS.GRIDMANは「ハイパーエージェントグリッドマンの数ある戦いの一つ」的な物として解釈できたので展開の急さとかその辺はあんまり気にならなかったですね。

あくまで主人公はグリッドマンと思っています。

今回は初代との繋がりが最高にアツくて初代OP流れた時はめっちゃテンション上がって最高だった。それにカーン・デジファーを倒したのが全てを消滅させるグリッドハイパービームだったのに対してこっちの決め手が全てを修復するフィクサービームだったのも面白い。

結局この世界がどういう世界だったのかとかは詳しく説明されませんでしたがまぁその辺は別に必要ないかなと。大体ニュアンスとしては伝わってますし。

アカネは現実へ返り、裕太達の世界は続いていくというのは納得いく落としどころだと思います。

ただやっぱり最後のフィクサービームでも消された人たちは再生しなかったのかな・・・。

しかし終わり方的にアンチくんとアノシラスとか含めて続編作ろうと思ったら作れそうな感じなんだよなぁ。正直これで終わりにするにはグリッドマンは惜しい作品だと思う。

今回の仮想世界の中っていう設定も面白かったんですが純粋な「現代版グリッドマン」も見てみたいと思うんですよね。

怪獣がSNSを乗っ取って暴言をつぶやきまくるとか仮想通貨の相場をめちゃくちゃにするとか。ヤベェすっごく面白そう。

実写版でもまたアニメでもいいんで何とかなりませんかね!?円谷さん!!

今回はボイスドラマ更新されてませんが流石に最終話は無し?それともブルーレイ特典か・・・?12.12回かはわかりませんがとにかくブルーレイに未公開ボイスドラマはつくらしいで買うしかねぇかこれは・・。

12.12回はBD4巻の特典として収録されると公式から発表されていました。

そのボイスドラマで裕太が何故六花の家の前で倒れたのかとか球技大会の時の話とか明かしてくれるんだろうか・・・?何か謎は謎のままで終わりそうな気もするが・・・。

以上、アニメ SSSS.GRIDMAN 12話感想でした。

皆さん今までSSSS.GRIDMAN感想をご覧いただきありがとうございました!!

 

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント

  1. >>怪獣がSNSを乗っ取って暴言をつぶやきまくるとか仮想通貨の相場をめちゃくちゃにするとか
    なにそれ面白そうですねw lineとかtwitter乗っ取りとかもありそうかなと
     
    そういえば、リアルワールドのアカネのビジュアルが、どっちかというとアカネより六花に似ていた気がしたのですが、ちょっと意味深な気がしました

  2. サブタイトルの件だけど、
    〇・〇だったの今までは今までは色んなところで対立構造があったけど、それが1つになったっていうのと
    真の覚醒をしたってのがあるんじゃないかな

  3. そ、それと パ、パスケースのい、色が ピンクからブ、ブルーになってた
    リアルワールド

  4. 裕太が立花の家で倒れてたのは多分告白しに行って丁度グリッドマンが来たんじゃないかな

  5. すごく良い最終話だった!
    エピローグも見ていてよかった!!

  6. 球技大会に喋れた勢いで告白したとかそんな感じでしょ?
    あえて深く描かなかったんだと思うぞ

  7. >>そして別れの挨拶のドサマギで代理で六花に告っちゃうグリッドマン。駄目だってそういうことしちゃあ・・・。

    1話のスタートの前に、既に告白している感じでは?

  8. アレクシスは100年足らずの寿命で死んでしまう生物の精神を持ったまま
    不死身の器を手に入れてしまった存在なんですよ
    当然、人間はその寿命の中で「生きることを諦めて死ぬ準備に入る」わけですが
    身体が長持ちすると「精神は疲れてぼろぼろに摩耗しているのに身体は元気」という
    アンバランスな状態になってしまう。死ぬことが許されない生き地獄ですね

    彼はそういう状況から脱却するために
    様々な世界を行き来して強い情動を他者ごと取り込むことで
    自分が空虚な存在になることを回避してきて、おそらくアカネの前にも
    取り込まれて使い捨てにされた疑似情動の持ち主というのは
    結構いたんじゃないかと思われます

    アレクシスの求める強い情動というのは
    過激で、常識から乖離していて、幼稚で凶暴な方が望ましい
    つまりアカネのような現実逃避して自分に都合の良い世界に籠ってしまうような
    孤独でコミュニケーション能力の低い子供は恰好のエサで
    アカネの攻撃性や憎悪を煽って怪獣を造らせていたのもその醸造過程だったわけです

  9. 第1話前に裕太と六花の間に何があったのか、ここが1番気になっていたので明らかにされなかったのが悔やまれる。

  10. ま、ミスリードに失敗してメタでもなんでもいいけどそもそもグリッドマンの宿り方とか金目青目赤目とかまとめる気放棄な終わり方なんだから製作者含め誰も分からないでしょうな

    思い出した頃に円盤売上見て判断するくらいかね

  11. 相場めちゃくちゃにするのだけはやめてください!

  12. 実写の娘の髪が長いのは、引きこもった長さを表してるだけって線もあるなぁ。
    一年くらい切らなければ、あれくらいになるかね?その間に手間暇かけて自分の世界を作ったとか。

    • リアルアカネが六花に似ているとして
      アカネは自分が好きじゃないためにコンピューター・ワールドでは理想を求めてあの姿をとった
      しかし無意識下で自分を好きになりたいと願っていたから親友設定した者の容姿がリアルの自分にちょっと似ていた
      のかも知れないね

  13. おもしろかったの一言です。
    近年稀なシナリオがよくできているアニメで、今期においては、最後まで物語の行く末が気になって楽しみで仕方なかった唯一の作品でした。
    ですが粗がないかと言えばそうではなく、例えばサムライさんが指摘されているようなケースも、予めの答えは用意されていないでしょう。

    私個人としては、グリッドマンが宿るのは六花が最も適任だったと思います。
    アカネ(実写部から見て、おそらくこれも本当の「茜」が加工したPCでしょう)の心を癒し救うのは六花しかいないからですが、それもヒーローは少年だという創作上のお約束を優先させるためには、脇へ除けるべき事柄となります。
    単に好きでないだけなら、それこそアカネに全く関心がない先生でもいいわけですし。

    しかしながら、本編の本当のラストシーンとも言うべきアカネと六花の語らいは、非常に胸に迫るものでしたし、見終わって満足感にも充たされました。
    見終わった瞬間あれもこれもと懐疑的になる作品ばかりの中にあって、核となる部分がしっかりしたシナリオだったからこその、読後感ならぬ視聴後感でした。
    OP、ED含めて非常に完成度が高く、それでいて挑戦的であり、まさに日本のアニメこそが至高にして最先端にあるのだと誇れる内容でした。

    こうした作品が少しずつでも増えていってくれたら、この現実世界にいる数多の茜たちも、きっと虚無な人生から救われることでしょう。
    物語の真の力はそこにこそあります。

  14. 実写版を見ていた人間からすると、現実世界と電子世界の対比がキモだったのにアニメで描いてしまうとなぁ、と思いながら見ていました。特撮ができないなら電子世界だけアニメとか。そうすればウルトラマンとの差別化も出来て良かったのにと。
    しかし最終話、最後のシーンでまさかの実写。全ては実写のアカネくんの作った世界だからこそアニメーションで描かれていた。スバラシイ。物語全体も面白かったけど、1番腑に落ちなかった部分が解消されてとても印象に残る物語になりました。前半で初代グリッドマン登場で実写版オープニングが流れたのも胸熱でした。
    細い部分で気になる所はあるけれど、全てを吹き飛ばすぐらい素晴らしい最終回でした。続編があるならば、実写?アニメ?それとも両方?あ〜楽しみ過ぎる。

  15. 最後の方に問川がサボってた場所が映るんですけど、そこにはバレー部がいなかったことにされた裕太たちのクラス名が書かれたバレーボールがあるんですよ!
    これがいなくなった人たちが修復されたという意味のシーンかもしれません。(なら、直接出せばいいじゃんとも言えますが…)
    もしかしたら、12.12回にひょっこりサプライズ登場するのかも?

  16. 「アクセスコード、グリッドマン」に、おお~!ってなった。
    アノシラスの家訓と最後の実写にはグッときた。

  17. カーンデジファーもそうだけど、グリッドマンのラスボスは能力はあっても実力は無い奴ら。だから人間に怪獣を作らせる。
    人間の力を借りるグリッドマンと違うのは信頼関係があるかどうか。
    しかし、あの世界の悪はあの種族だけなのかな?

  18. 最後に実写で眠りから覚める少女が、アカネ役の上田麗奈ではないように見えた。ほくろの位置が明らかに違う。
    また、髪の長さがアカネのようにショートボブではなく、セミロングだった。セミロングならむしろ六花なのだが。
    さらに、スタッフロールには特に実写少女のキャスト名が書いていなかったので不思議に思っていた。
    先ほど見直してみたのだが、部屋にある制服のリボンが赤い。赤いリボンは六花だ。髪の長さの説明もつく。
    というわけで、六花役の宮本侑芽の写真を探してみたら、ほくろの位置もピッタリだ。目が写真よりパッチリしているけど、まあたぶんコレで当たりだと思う。

    ということで、すべては六花の夢だった。アカネのように可愛くて巨乳でみんなに愛されることを夢見ていた六花は、夢の中でアカネとなり、友人として本当の自分である六花を作ったということなのか?

    いろいろ難しいなあ、これ。

  19. 最後に実写で目を覚ましたのはアカネではなくて六花ではないのかな。アカネはむしろ六花の心の行き場のない感情のようなものが具現化したもので、アレクシスによって乗っ取られCWとして作られたもの。もしみんなに好かれるような存在だったら(2話?)、もっと好きな男の子に積極的になれたら(7話)、自分の空想を現実にする(神のような)人格がアカネだとしたら…と考えました。
    だから、自分の持ってるブルーのパスケースと色違いのパスケースを送って、「私はアカネと一緒にいたい。どうかこのお願いがずっと叶いませんように」きっと…アカネは自分だけど、その殻に閉じこもっていてはいけないんだ…という思いが、この言葉になったかと。素の自分を好きになってくれる男の子(裕太)もその友達(内海)もいる(なみこやはっすはどうなんだって話もあるけど)。
    ちなみに水色のビー玉の色って目の色と関係してないのかな。現実に存在する人の目は水色系=裕太、六花、内海、同級生たち…特に六花の目の色とビー玉の色が一番近いような気がするのは気のせいでしょうか?

  20. パスケースの色も、それぞけアカネと六花の目の色と同じ系統ですね。
    やっぱり実写で目を覚ましたのは六花だと思いますね。

  21. 25年ぶりに
    1クールかけて
    電光超人グリッドマン40話を放送した