【DOUBLE DECKER! ダグ&キリル】12話感想 これホントに次回で終わるのか!?

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル 12話の感想です。

前回はこちら

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル 11話の感想です。 前回はこちら 開幕アホ面...

珍しく上司っぽいトラヴィス。

アニメに出てくる辞表全然受理されない説。

こちらも珍しくかわいいディーナ。いつもこんな感じならいいのに・・・。

しかしこっちからすると「絶対ユリ復活するだろ・・・」みたいな感じに思えて全然悲壮感感じられない・・・。

いつもの女性警官ちゃんのノルマ達成。

エスペランサはマジでこれで壊滅なのか・・・?あっけなさすぎるな・・・。

キリルは既に軍部へ・・・完全に罠にはまってる・・・。

そしてヴァレリーは本当に全部話すのか?太陽にある異星文明とか絶対信じてもらえなさそうだけど。

異星人じゃなくて昔地球を脱出した人類って本当にありがちなSF展開だなぁ。

自分はこの設定で思い出すのはターンAガンダムかな。

「あいつは特別な存在だって」

病院編でキリルの実は天才描写はやっぱり伏線だったんだろうか。基本スペックが常人よりも高いとかそういう・・・。

長官ってもうめんどくさいからBでいいか・・・。

Bが超人的な能力を持ってたのは二階の人間だったからか。

GMSを作るのに使った薬剤を使ったのがアンセムってことかな。やっぱアンセムもこいつが流してたのか・・・。

予想以上に洗いざらい全部話すB。

っていうかこの酔っ払いの言ってた事マジで全部本当かよ・・・。

警察24時回が壮大な伏線だったとかどんなアニメだこれ・・・。

正直これだけの力があるならまどろっこしいことせずにキリルをさっさと攫ってしまえばよかったと思うんだけど・・・。

二階の存在を知られたくないから下手にダグ達に疑われるようなことは避けたのかな。

キリルの両親がGMSってことはもしかしてヴァレリーやキリルも超人的な身体能力に目覚めたりするんだろうか。

そういえばザベルがアイシステム装着してたな!

あれが伏線になるとはすごいなぁ、思いつかなかった。

ザベル生きてた!!

このキャラあっさり殺すとか惜しいなぁとか思ってたら死んでなかった。

前回ラストで「この先大丈夫かこのアニメ・・・」と思ったけど何か面白くなってきたかも。









えぇ・・・。

絶対コアが無事で復活するだろと思ったらトドメ刺してきた・・・。

マジでもう出番ないのかユリ。ワンチャン妹キャラの二号機とか出てくる?

モーガンすげぇ!

これもう情報屋がどうとかいうレベルじゃないだろ・・・。

それにしてもどうやってモーガンとキリルはこんなに仲良くなったんだ。

何故ババァまで・・・。

愛されてるなキリル。

なんという茶番・・・。

しかしデリックの店のバスってあれ走れたんだ。絶対最終的にハチの巣になる未来しか見えない。

何というホラー。

怪しい人物ってもしかしてヴァレリーか・・・。思いっきりミイラ取りがミイラだな。

スグナオールエース!?

シリアスが続かねぇ。

アンセムを使うのか。

刑事がルールを破るのはダメって言ってたが・・・状況が状況だしなぁ。これが超法規的措置か。

何かヴァレリー怪しくね・・・?

敵側のスパイパターンの可能性をビンビン感じて来たな・・・。

思いっきり急所に食らってるけどこれ助かるんだろうか。

アンセム使用して復活するとか?このアニメに限って最終話で相棒死亡とかないよね・・・?

そして次回最終回かよ!!

こんだけ風呂敷広げまくったから続くのかと思ったわ!

しかしこれクーパーを倒しても2階の連中からはキリルが狙われ続けるから根本的な解決にはならないような・・・。

迎えを呼ぶのに一々ロケット飛ばすような感じだし通信方法がないからキリルが生きていることはまだ2階には伝わってないんだろうか。

何かもうラスト3話でとんでもない超展開になっていってるが収拾がつくのかこのアニメ。

来週で何とか丸く収まることを祈ります。

以上、DOUBLE DECKER! ダグ&キリル 12話の感想でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする