【ブギーポップは笑わない】1話、2話感想 19年振りの再アニメ化

ブギーポップは笑わない、二度目のアニメ化。

旧アニメを見たはずなんですが内容を全く覚えてねぇ!主人公の声優が清水香里だったことしか覚えてない。

っていうわけで完全に初見状態での視聴です。

1話で最初からOP有りとは珍しい。

すんげーオサレOP。これはかなり好きだなー。毎週飛ばせなさそう。

なんだろう・・・何か独特なキャラデザだな・・・。

多分目かな、独特なのは。

初登場シーン、めっちゃヌッと出て来たな・・・。

内容知らなくてもブギーポップの見た目は見た事あるっていう人は多いんじゃなかろうか。

それくらいデザインの完成度が非常に高いと思う。

昔の作品だけどスマホとかLINEがあるのは現代版としての追加設定か。これ見てたら寄生獣みたいだなーと思ったら制作会社が同じだったんですね。

主人公の最初のバトル相手はvs警官なのか・・・。

しかしなんかこの辺やたらカックカクしてない?FPS5くらいな感じ。

彼女がいて別の女と登校と下校するとかどこのギャルゲーの主人公だよ。

何か「社交的で女友達がたくさんいる男」って設定が時代を感じる。最近はこういうキャラ少ないからなぁ・・・。

正体バレるのは早っ!

なんかこうなってくるとアニメでこうなってるのか原作でもこうなのかちょっと気になってくるな・・・。

これ今回もしかしなくても全部会話シーンで構成される感じか。

一話は導入編で2話で解決編的な。

時折入るこのグロイメージは・・・?

裏で戦っている描写とかそういうことなのか・・・。

「もう倒したんだ、僕じゃないけど」

??? さっぱり意味がわからんぞ!!

お、終わった・・・?

いやこれどう考えても1話で何もわかんねぇな・・・。その為の2話同時放送っぽいしさっさと2話にいこう。


やっぱり2話からが本番だった。

1話は全部竹田視点で2話で各登場人物の視点な感じか。

このオレっ娘もっとトゲトゲしい感じかと思ったら割と社交的だな。

ここで一話の最初辺りまで時系列が戻ってるのか。

何の前触れもなく場面が前後するなこれ・・・。

やり口がまんま吸血鬼っぽい。

怪しい薬ってこいつの血とか体液とかそういうことか・・・。

この辺で話の流れは大体わかったけど何というかあらすじとかダイジェストを見てる気分。

これは初見にはちょっと厳しいアニメか・・・。

2話で解決まで行くのかと思ったら続いた。

うーむ、一応アニメだけでも設定とか展開自体は理解できたんですけど理解できるだけで感情移入とかなく全く何も感じない・・・。本当にあらすじを読んでいる感覚。

ぶっちゃけ今回見た感じ切ろうか悩む。でも多分これ最後まで全部見てバラバラだった時系列を脳内整理した時に初めて面白さがわかる感じなんでしょうね。何か監督も「3話まで何とか見て欲しい」みたいなコメントしてるみたいですし来週で判断しようかな。

しかし原作は面白そうだなとは思いましたね。多分このアニメの問題はラノベなら1巻一気に読み進めて「面白かった」で終わるところをアニメだと謎なまま1週間も2週間も待たないといけないことなんじゃないかな・・・。

以上、ブギーポップは笑わない 1話、2話の感想でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする