【転生したらスライムだった件】14話感想 「全てを喰らう者」それは・・・

アニメ 転スラ14話の感想です。

前回はこちら

アニメ 転スラ13話の感想です。 前回はこちら おお、13話にしてついにOPの衣装に・・...

誰が出てくるかと思ったらこいつか。

今さらかっこよく出て来ても散々小物らしさ見せた後だしな・・。

出番かと思って出てきたら出鼻を挫かれる大賢者かわいい。

何かどんどん個性出て来てるな大賢者。

全部自分から白状してくれる小悪党の鑑。

こいつは魔王の手先っぽかったけど魔王が魔王を作ろうとしてるのか。

やっぱり手下からの忠誠は厚いガビル様。

最初はヨイショしてる奴らも怪しいとか思ってた・・・。

上位魔人でもピンキリで大分差がありそう。

ふふふ、奴は上位魔人の中でも最弱・・・。

珍しく(?)かっこいい主人公ムーヴ。

っていうかガビルの部下普通に死んだと思ったけどまだ生きてんのか・・・。

これぞ無言の腹パン。

上位魔人のネームバリューが絶賛大降下中なんですが自称とかじなくて本当に上位魔人なの・・・?

そしてこの間空気を読んで手を出さずに待ってくれるオーク達のやさしさ。それかゲルミュッドがボコられるのを見物しているのかもしれない。

ですよねー。

なんという既定路線。何一つ良いとこないまま終わったなゲルミュッド。しかし意外とグロいっすね・・・。シリアスシーンはガチな感じの路線なのか。

「ゲルミュッド、生命反応を停止しました」

いや見ればわかるだろって思ったらしっかり「見ればわかる」って言われてて草。

大賢者さんもしかして出番を欲しがっているのでは。

魔人を・・・喰ってる・・・

ここで攻撃した方がいいんじゃね?とは言わないお約束か。

オーク族の魔王種がオークディザスターってことか。

他種族の魔王種もいるのかな。ゴブリンの魔王種とか想像できない・・・。

オ・・・オッコトヌシ様?

何か皮膚が硬くて刀が通らない的な強さを想像してたけど思ってたのと違う・・・。

ついにチート魔法でもワンパンで死なない敵が!流石魔王。

でも一切無傷な展開かと思ったら一応ダメージは負うんですね。

オークディザスターのもぐもぐタイム。

これあれか。ゲームとかでよくある取り巻き全部倒さないとボス倒せないパターン。

ただ取り巻きが20万いるんですが・・・。









「オートバトルモードへ移行します」

なにそれずるい

リムル自身の戦闘技術が大したことないという欠点にこんな奥の手があったとは・・・。もはや何でもアリだな大賢者。

斬られたのをつなげるだけじゃなくて生やすのも有りか。

しかしここの再生の作画すごいな。相変わらずバトル作画がかっこいい。

汝を敵と認めよう

流石に主人公バトルがオートでお終いにはならなかったか。このままでは大賢者さんに肝心なところで役に立たないドジっ子属性が追加されてしまう!

サブタイの「全てを喰らう者」がオークロードじゃなくてリムルだったみたいな展開すき。

かっこいいBGMに対して実際のバトル内容がエグすぎる。

そしてここのベニマルとソウエイの絵面が「何やってんだあいつら・・・」って感じに見えて仕方ない。

僕の腕を食べなよ!

これがアソパソマソか・・・。見た目クッソグロイけどまぁ本家も似たようなもんな気がするしいいか。

ゲルドもヴェルドラやイフリートみたいに腹の中に納まるのかと思ったら普通に死んでしまうのか。

まぁスキルせいで腹の中にいても飢えで苦しみ続けそうだしその方が慈悲か。

オーガ達も配下に加わってめでたしめでたし。

実際たった6人じゃ里の復興も厳しいそれが一番だわなー。

お、ED変わってる。でもこれ内容は1クール目最初のEDと一緒になってる・・・。

これは1クールと同じで途中で完全版EDに変わるパターンかな。OPは変わらないんでしょうか・・・。

というわけで2クール目1話目はボス戦終わりで終了という形に。

オークディザスターはようやくリムル軍側のチート勢でも倒せないレベルのボスが出て来たと思ったら割とあっさり1話で倒すとこまで行きましたね。

大賢者のオート戦闘で倒せなかったところをリムルが倒すっていう展開自体はアツかったけどぶっちゃけ「全部捕食者で喰えばよくね?」感が否めない。そのうち捕食者が効かない敵も出てくるんでしょうか。

まぁそもそも取りつかれないようにすればいいだけの気もするけど。

2クール目に入りましたが今回で折り返しといったところ。次回からの新展開に期待です。

以上、アニメ 転スラ14話の感想でした。

次回はこちら

アニメ 転スラ15話の感想です。 前回はこちら 議長リムル。 すんごい嫌そう。仕事で会議と...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【転生したらスライムだった件】14話感想 「全てを喰らう者」それは・・・』へのコメント

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2019/01/08(火) 11:53:54 ID:08a0b74d7 返信

    最後の食らい合いはこっちが食われる可能性が存在するので大賢者はそれを行わなかった
    火耐性も獲得する可能性はとても低くその可能性を大賢者は切り捨てた
    リムルは言ってしまえば賭けに勝っただけ

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2019/01/08(火) 14:53:21 ID:f85edf4e9 返信

    本来なら大賢者の戦い方が正解で、炎熱耐性獲得する可能性は非常に低いから無視してもいい……はずだった
    逆に言うとそこが大賢者の限界で、効率優先、確率演算で判断し過ぎるという欠点がある
    食い合いという命懸けの博打をここでしてなければ、オークディザスターはオーク軍が尽きるまで回復出きるしどんどん強くなるからジリ貧になって負けてたという状況
    魔素量が自分より多い相手は捕食出来ないから、早い内じゃないと食い合い勝負すら出来なくなってたし

  3. 名前:87@管理人 投稿日:2019/01/08(火) 23:34:11 ID:3e91a031d 返信

    なるほど、自分もやられる可能性があるからこその「お前を敵と認める」ってセリフだったんですね。
    解説、補足ありがとうございます!

  4. 名前:名無しさん 投稿日:2019/01/09(水) 08:54:41 ID:3821b49ea 返信

    小説もマンガも全部読んだんだからわかるけど。リムルは敵の能力を全てわかってからじゃないと本気で倒しにかからないし、基本疑ってる上に優柔不断な現代の日本人気質だから大体それでピンチになるが、それゆえに、大賢者の分析が非常に役に立つというそんな流れ。相手を観すぎる弱点もあるんだよね。

  5. 名前:名無しさん 投稿日:2019/01/16(水) 23:33:36 ID:44fcbeedd 返信

    ゴブリンの魔王種
    強さ的にオニが当てはまると思う
    オニはオーガの中で極稀にうまれるユニークモンスターで鬼人の進化先です 地域によっては神としてあがめられる存在
    ゴブリン(小鬼)の進化先であるボブゴブリン(人鬼)の進化先にオーガ(大鬼)が居る以上オーガと言うか紅丸の進化先がそのまま流用できる

    ゴブリン➡ボブゴブリン➡オーガ➡鬼人➡オニ➡鬼神族(紅丸は炎霊鬼)