【ネタバレ有り】劇場版Fate HF2章 感想 流石としか言いようのないクオリティ

Fate/stay night [Heaven’s Feel]」 Ⅱ.lost butterflyの感想です。

タイトルが長すぎる。

ストーリー・設定

基本的には1作目同様戦闘シーンのアレンジや追加シーンを加えつつ2時間に納まるように圧縮した形。

Zero要素のオリジナルシーンも追加されているがあくまでちょっとだけ。

そしてHFに相応しく性描写はしっかりある。(勿論R-18にならない範囲でだけど

というか別にエロCGいれるわけじゃないんだからレアルタ版も吸血とかでお茶濁さなくてよかったと未だに思うんですが・・・。一般向けにすることに拘ったんだろうか。

進行は1章のセイバー消失~ワカメ死亡までで大体予想通り。最終章のバトルの密度が大変な事になりそう。

キャラクター

衛宮士郎

まさかの鉄心士郎映像化。これはかなりうれしいファンサービス。

相変わらずボロボロになりまくってるが本当の地獄は3章からだ・・・。

アーチャーの腕に関しては実際ならかなり片腕だけデカく長くなるはずだがやはり自然なサイズに縮んでいる。ただ予告で布を外したら原作CG同様アーチャーのムキムキな腕が出て来たので聖骸布がサイズを調整してくれてるのかもしれない。

間桐桜

エロい。ひたすらにエロい。これこそ桜だぜ!

本当にちょっとだけZero要素らしい幼少期のシーンが入るが基本的には原作通り。

と思いきや「不思議の国の桜」で度肝を抜かれた。

遠坂凛

流石にヒロインルートではないので結構出番はカットされている。

「絶対服従、する?」のところが見たかったが致し方無し。

原作をプレイした時は3ルート目にしてまさかの姉属性持ちに驚いたが最近はスピンオフの優しい世界でお馴染みに。

セイバー(オルタ)

敵になると強いキャラの異名を存分に発揮してくれる。

vsバーサーカーは怪獣大決戦そのもの。エクスカリバー打ち放題というチートの恐ろしさをアニメで存分に見せつけてくれた。

エクスカリバーの威力デカすぎじゃないかと思うがむしろ実際の設定的にはあれくらいの威力でしかるべきだと思う。まさにビーム聖剣。

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン

凛同様大分出番はカットされているが流石HFルート影のヒロイン、かわいい。

しかもhollowのお兄ちゃんダイブまで逆輸入されている。

少しだけ藤ねぇを介して切嗣に関してのシーンが追加された。

アーチャー

vs真アサシンも十分かっこいいんだけどオルタvsバーサーカーを見た後だと・・・うーん地味。

何故か原作になかったロー・アイアスの使用シーンがあったのは多分腕から情報を引き出すのを説明しづらいから士郎に見せておく為だろうか。

退場したとはいえまだ最大の見せ場が最終章に残っているので楽しみ。

ライダー

不遇過ぎたUBWを経てついにライダーの時代が!

メデューサなのに全然使わせてもらえなかった石化の魔眼の出番がようやく来た。

とはいえ最大の見せ場は最終章なのでまだ先。

バーサーカー

vsセイバーオルタは今までよりもよりバーサーカーらしい戦い方で「十二の試練」の性能もフルに使った贅沢使用。

原作ではあっさりやられてしまった印象だったがこちらではむしろ「ヘラクレスでないとそもそも戦いにすらならなかった」というレベルでオルタが化物じみていた。

ギルガメッシュ

「貴様、よもやそこまーーー」

原作より数十秒くらい粘ったが結局ムシャムシャされてしまった。プレイ当時は前2ルートのラスボスが一瞬で退場するのは余りにも衝撃的だった。








藤村大河

基本どのルートでも中盤以降は出番ほぼ皆無のはずだがオリジナルシーンで登場。

誰だこの包容力のあるお姉さんキャラは。さてはオメー偽物だな・・・。

しかしやはりぜっちゃん時代はかわいい。どうしてこうなった。

間桐慎二

ワカメ、死す。

特に何も言うことがない。安心のいつも通り、原作通りのワカメ。

まぁSNルートの死に様よりはマシ。

感想

まずHFと言えばエロ描写ということですがPS2版では見事規制を食らっていたわけでその辺が懸念材料でしたが劇場版では予想以上にがっつりありましたね。

あるにしても抱き合って暗転とかでお茶を濁すかと思いきや行為中まで描写するとは・・・。その他にもPS2版の指フ〇ラとか自慰とか若干こっちが引くくらいの拘りっぷり。地上波放送があってもお茶の間では見れないぞ!いや1章の時点でも十分無理だけど。

エロだけじゃなくて原作にはなかった小道具の合い鍵の描写がいい味出してますね。桜の通い妻属性をうまいこと活かしてて。

それと突然の「不思議の国の桜」は最初ポカーンとしたけど意味わかってからニヤニヤが止まらなかった。まさかあの不思議ポエムをわざわざ映像化するとは・・・。モヒカンぬいぐるみが飴玉に変わるシーンとか鳥肌。

そしてなんと言っても2章最大の見所はセイバーオルタvsバーサーカー。これはすごかった。個人的には今までのFate系アニメの戦闘の中でも1番だと思います。

エクスカリバー乱れ撃ちの迫力とそれでも復活して向かっていくヘラクレスの戦いはまさに神話の戦いって感じ。

自分は映画何回も見に行くとかねーよって思ってる人間なんですがもう一回見に行きたくなるくらい良かったですねぇ。

こうなるとufoでSNのセイバーvsヘラクレスも見たいなー。何とかならないものか。あ、でも自分はDEEN版もそんなに嫌いじゃないです。きらめく涙は星には名曲。

あとテーマ曲のI beg youも当然ですが作品のイメージに合っていて非常によかった。これ使ってOP作って欲しかったな。PVで我慢するか。

そしてスタッフロール後には次章予告が。最終章公開は2020年春予定。

遠い・・・けど1章から2章までが1年3ヶ月だったので最終章も予定通りって感じですかね。ではまた来年の最終章で・・・。

以上、Fate/stay night [Heaven’s Feel]」 Ⅱ.lost butterflyの感想でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【ネタバレ有り】劇場版Fate HF2章 感想 流石としか言いようのないクオリティ』へのコメント

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2019/01/12(土) 22:27:13 ID:092f5f1a6 返信

    私もdeen版好きでしたが、この過去最高レベルな迫力の戦闘を見せられるとfateルートのセイバー&士郎VSバーサーカーは見てみたくなりましたね

  2. 名前:my 投稿日:2019/01/12(土) 22:34:57 ID:1599f2de9 返信

    やっぱオルタVSバーサーカーのシーンはすごかったですね。やっぱあそこの爆発数秒のシーンで900枚作画したとか言ってましたしね