【ガーリー・エアフォース】4話感想 遂に二人でテイクオフ

アニメ ガーリーエアフォース 4話の感想です。

前回はこちら

アニメ ガーリーエアフォース 3話の感想です。 前回はこちら 前も光ってたけどめちゃくちゃ髪の毛...

気絶してるってことは着陸も自動でできるのか。

まぁそうでもなければこんな危なっかしい状態で乗せられないわな・・・。

デカイ。

ゆさゆさしてる。しかし見た目的にはツンデレ系もあるかと思ったけど実際は全然違うな。

ただのファザコンキャラで終わるのかヒロインレースに参戦するのかどっちだろう。

明華が健気であればあるほど敗北者のオーラが増していくようで辛い。

このアニメやっぱデフォルメ状態かわいいな。

でも一々巨大化するので草生える。

完全にアホの子枠だこれ。

っていうか「帰国子女だからかな」って慧も帰国子女だろ一応・・・。

こんなにチャリに乗るシーン多い主人公珍しいな。

せめて原付くらいないと緊急時の機動性悪そう。

普通に顔パス状態になってるかと思ったけどアポないと入れないのか。

ていうか流石にザル警備すぎだろこれ・・・。

俺と一緒に逃げようとか終盤みたいな展開だな。

この作品全体的に展開早いというか中盤後半にありそうな展開が序盤でガンガン出てくる。

「あのデブオヤジ・・・!」

直球過ぎて草。最初呼び捨てにしてたし慧くんは結構ヤンチャな性格してるね・・・。

ドーター無しでどうやってザイの残骸を手に入れたのかと思ったけどやっぱり通常兵器でも全く通用しないわけではないのか。

一機落とすのにかかるコスト考えただけで怖くなりそうだけど。

180度旋回とかミサイル機銃で撃ち落としたりとか次元が違い過ぎて普通の戦闘機出撃する意味あるのかと思うが・・・。

まぁ囮か的役ってことだろうな・・・。



指揮官としての指示は特攻して来いで科学者としてはこのまま逃げろか。

真逆の意見をきっぱり言い放てる辺りこのデブオヤジ只者じゃない。

オペ子さん結構胸あるな・・・。

いやそれは置いといて超低空でレーダー網を掻い潜るってそれ主人公サイドがよくやる奴・・・。敵がやってくると恐ろしさがよくわかる。

しかし八代通はこんな状況でも冷静。本当に只の科学者か?

重量とかスペース的にサブシートとか撤廃しそうなもんだけど人間が乗り込むことも想定して残してたのかな。

10Gって人間が耐えられるの?と思ったけど人間って40Gくらいかかっても生きてる記録があるらしいですね。あくまで訓練した人間の話だけど。

主人公にも自然に見せ場が回ってくるのはいいな。

これから先もなんやかんやで操縦する機会はありそう?

普通に一機落としてる・・・やはり天才じゃったか。

慧と一緒に飛ぶために生まれて来たっていう割には慧に一切気を使う気ないな・・・。慧くんトびそうになってるんですが・・・。

テンション上がり過ぎてそれどころじゃないか。

謎空間。そこは裸じゃないのか普通。

しかしこの状況で「一緒に飛ぼう?」って言われると逝っちゃいけないところに逝ってしまいそうにしか見えない。

初戦闘に相応しいかっこよさだったけど慧がそのまま死にそう。

どこぞの今季アニメみたいにこれで慧が死んだら伝説になれると思う。

流石に死にはしなかったけど無事でもなかった。

脳が適応してるはずないのに見えるってやっぱ慧も普通の人間じゃないのか・・・?

しかしこれからグリペンと飛ぶことになるのに普通に高校は通うのか。もう自衛隊に雇用してもらった方がいいんじゃないかな・・・。

というわけで4話終了。主人公の初戦闘が4話ってよくよく考えると結構遅いですね。でもこれまでが普通に面白かったからそんなに遅いとも思わなかったかな。

しかし放送前は慧がイーグルや他のアニマと一緒に乗ると性能が上がるとかそういう展開になるのかと思ったけどあくまで一緒に乗るのはグリペンだけっぽいですね。ヒロイン的にも既にグリペン一択感あるし(明華には悪いけど)

やっぱり毎話安定して面白いなぁこのアニメ。安心感がある。もうちょっと人気になってもいい気がするんだけどそもそも切られる前に見てない人が多そうなんだよなぁ。

以上、アニメ ガーリーエアフォース 4話の感想でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする