Web Analytics Made Easy - StatCounter
【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】19話感想 「覚悟」とは!! | 暇をつぶすのに忙しい

【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】19話感想 「覚悟」とは!!

アニメ

 

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風19話の感想です。

原作のネタバレが含まれる場合があるのでご了承下さい。

 

前回同様ジョルノが能力に目覚めた途端ポロポロ取れだす指や手。

この状態なら痛みは感じなさそうだけど・・・。

 

任務は達成する、自分達も生き残る。「両方」やらなくちゃあならないってのが(ry

流石ブチャラティの部下、教育が行き届いている。

 

ギャアアアアア!

皮膚の手形・・・。重傷具合では他のバトルも大概だけど見た目のえげつなさがやばい。

 

ジョルノが珍しく完全に「まずかった!」と言う場面。

「これがいいんです!」を期待していると割と絶望する。

 

ゴールド・エクスペリエンスとホワイト・アルバムの能力を利用するミスタの超高等プレイ。

ミスタは難しいことは考えないとかいいながらIQは高そう。

 

めっちゃキレのあるバタフライで迫って来てて草。

ていうかそのスーツ凍らせなくても浮けるんだ・・・。中に空気入ってるし浮き輪みたいになってるんだろうか。

 

銃弾を生命に変えたり生命に変えた物質を銃弾で反射したりやっぱりジョルノとミスタの能力の相性はかなりいい。

基本5部はチームだから相棒感薄いけどジョルノとミスタは歴代でも中々のいいコンビだと思う。

 

スタンド使い特有の水中会話。

と言ってもミスタの場合自分のスタンドとだからテレパシーできても特に不思議はない。めっちゃ口パクパクさせてたけど・・・。

 

気を逸らす戦法は4部の対ネズミ戦の仗助を思い出す。

かかったなアホが!

 

『ホワイト・アルバム ジェントリー・ウィープス!(静かに泣く)』

敵キャラのくせにかっこいい技名を持つ男ギアッチョ。ここの「動く気体は流れる液体となり液体は全て止まって個体となる」ってセリフもかっこよくて好き。

能力といい技名持ちなことといいやはりどこぞのブ男と共通点がある。もし仲間だったら能力が強力すぎてあまり活躍の機会をもらえなさそうなところまで共通しそう。

 

ゴミ箱ひっくり返してるギアッチョがシュールすぎて草を抑えきれない。

バタフライといいやたらキレのいいギャグを挿し込んで来るな・・・。

 

ここで「おもしろくなってきた」と言い放つジョルノの肝っ玉が恐ろしい。

ここから怒涛の覚悟ラッシュが始まる・・・。


とんでもねぇスペック詐欺スタンド

スタンド能力自体のスペックとスタンドで生み出した氷による効果は別っていう事なのはわかるが精密動作性Eは目を疑いたくなる。

 

「覚悟」とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開く事だッ!

ジョルノを象徴する名台詞。ジョルノのカリスマを表現する言葉でもあると思う。このカリスマが親譲りとはあんまり思いたくないが・・・。

 

以前途中で止めてたミスタの回想はここで回収か。

ちなみにブチャラティチームの加入順番ってフーゴ→ナランチャ・アバッキオ→ミスタまではわかるだどナランチャとアバッキオのどっちが先かだけがわかんないんだよなぁ。

 

戦闘中に成長したりするところもやはり並の敵とは一線を画しているギアッチョ。

スタンド自体に成長性はなくとも能力の応用次第でまだまだ進化の余地はありそうだったが・・・。

 

ここの必死で血を拭ってるギアッチョ視点がおもしろい。

いつも言ってる気がするけど5部アニメはしっかりアニメならではの表現っていうのを入れてくれるのが素晴らしい。

 

ここから作画のタッチが変わる・・・。

ギアッチョの表情が鬼気迫ってる。

 

ここの迫力凄すぎる。

本当に死闘って感じが伝わってきて期待以上だ・・・。

 

ここのポーズも死ぬほどかっこいい。

 

そしてそう簡単に終わらないのが暗殺チーム。

ここのギアッチョはプロシュート兄貴の「何があっても能力を解除しねぇ」っていうのを実践してる。

 

神々しいまでの構図から流れる処刑用BGM。

でもここはギアッチョ視点ではとんでもない絶望感だろうなとアニメで見たらちょっと思ったり。

 

貴重な蹴りラッシュ。というかそもそもまだ本編では全然無駄無駄ラッシュしてない。

やっぱ小野ジョルノの無駄無駄かっこいいなぁ、歴代でも一番だと思う。

しかし蹴りのSEがちょっと軽い気が・・・。もうちょっとグシャグシャ感欲しかったかも。

 

メンバーの中では終始ジョルノに一目置いているミスタ。

ブチャラティの時同様に直感タイプだからこそ人を見抜く目はあるのかもしれない。

 

ホントに早く治せよw

前置き長すぎである。ミスタが死んじゃう。

 

その時ナランチャに電流走る・・・・・!

アッーー!!の予感!

しかし「感じる」はおかしいだろ「感じる」は・・・。この誤解はちゃんと解けたんだろうか。解けてなかったらとしたらナランチャは最後まで・・・?

というわけで激闘の後とは思えないギャグオチで18話終了。これも含めてこの回は面白い。

プロシュート&ペッシ戦に続いて今回も神回だった・・・!

むしろ神回のスパンが短すぎてメローネが若干不憫に感じる。

特に後半の畳みかけが凄まじくて正に息をもつかせぬって感じで最高でしたね。個人的にはミスタとギアッチョの弾丸の応酬が一番の見所だったと思います。何回も見直してしまう。

やっぱいいなぁ・・・5部アニメ。

更に次回はジョジョ有数の名台詞が来るだろうしそっちも期待がでかすぎる。

以上、アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風19話の感想でした。

次回はこちら

【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】20話感想 吐き気をもよおす『邪悪』
アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風20話の感想です。 原作の重大なネタバレを含みますので原作読者の方以外はご注意下さい。 ...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント