【ネタバレ】メジャー2nd 145話感想

漫画

メジャー2nd 145話感想です。

前回はこちら

【ネタバレ】メジャー2nd 144話感想 反撃開始!?
前回、関鳥のヒットにより一点を返した風林学園。反撃開始なるか。 メジャー2nd 144話 粘る睦子 5-1 5回裏ツーアウト1...

 

前回、2点を返し3点差まで追いついた風林学園。2アウト満塁でなおも得点チャンスが続くがついに道塁が登板。バッターは太鳳。

女の戦い

肩が出来ていない状態での登板を心配される道塁だが

「シニアから逃げた女達に負けるわけがない。」と一蹴。

道塁は部活で軟式をやりながらシニアチームに入って硬式もやっている二足の草鞋状態らしい。道塁の投球フォームはサイドスロー。果たして今回はオーバースローの出番はあるのか。

一方場面は少し戻って弥生と太鳳の回想シーンへ。

MAJOR2nd 145話

 

試合前からわかっていた通りこの試合全く勝てると思っていなかった弥生と太鳳だったが・・・

弥生「ねぇ太鳳、うちら男子にはかなわないかもしれないけど少なくとも同じ女子に負けるのは悔しくない?」

道塁の存在で二人の闘志にも火が付いたようです。



追加点成らず・・・

道塁の多彩な変化球に何とかバットに当てるもショートゴロ。太鳳の必死のヘッドスライディングもむなしく3アウトチェンジ。普段見せない太鳳の必死な姿に驚くチーム。

太鳳「勘違いしないでよ。別に今まで手を抜いてたとかじゃないんだからね。」

MAJOR2nd 145話

追加点こそ取れませんでしたが今まで何処か冷めていた太鳳の熱い姿が見れましたね。弥生もこれに続くか?

再びピンチへ

5回裏、大尾の攻撃。好調だった千里のピッチングですが回をまたいだせいで調子が落ちた所を初球打ちされランナーを出してしまう。そして次のバッターは道塁。このまま投打で活躍されてしまうのか!?145話はここまで。

 

感想

今回はいい太鳳ちゃん回でした。太鳳と弥生はやっぱりシニアの時の経験から男にはそのうち適わなくなるって意識が強かったみたいですね。でも同じ女である道塁には負けられない!と。太鳳以上に冷めた感じの弥生がこれからどんな活躍があるのかも期待です。

まぁその前に千里が相手の打線をどう抑えるかが問題ですが・・・。

以上、メジャー2nd 145話感想でした。

次回はこちら

【ネタバレ】メジャー2nd 146話感想  今度はそう来るか・・・
メジャー2nd 146話感想です。 前回はこちら ノーアウト1塁で相手バッターは道塁。千里の投球の調子も...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント