【エガオノダイカ】1話感想 雰囲気とタイトルとのギャップに嫌な予感しかしない

アニメ

アニメ エガオノダイカ1話の感想です。

可愛らしいキャラデザとタイトルの不穏さに見る前から既に嫌な予感がしているアニメ。

 

主人公ユウキ。

キャラデザはめちゃくちゃかわいくて個人的にはかなり好み。1話だけあって作画も気合入ってる。

 

ヨシュア。

何か本当最近見るアニメ全部に松岡君出てる気がする。

「姫様と幼馴染の騎士」ってありがちだけど実際見たのは久々な気がする。

 

イチャイチャしやがって。

でもこういう始まる前からほとんどデキてるパターンは結構好き。ただ問題はこれがロボットアニメだっていうことだ・・・。

バトルアニメでこういう幼馴染キャラっていうのは大体・・・。

 

華麗な伸膝前転で入場。

王女のスピーチというか思いっきりアイドルのライブ会場みたいな・・・。

何かサイリウムっぽいの持ってるし。

しかしユウキは12歳でヨシュアが15際っていうと結構危ない歳の差を感じますね・・・。まぁ4,5年経てばへーきへーき。

 

「よきにはからえ」

これは・・・指紋認証の受領書サイン的な?

もしかしたら実物じゃなくて「権利」のやり取りなのかもしれない。

カタログギフト的な。

 

ここちょっと気になったんですがこれだけ技術が発達した世界で何で端末間のやり取りを有線式でやってるんでしょうね。

単に機密情報だからってだけかな・・・。電波が使えない世界かと思ったけどさっきの贈り物のやり取りとか明らかに無線技術使ってるし・・・。

 

お約束のお忍びデートイベント。

1話で回収とはずいぶん気が早い。王がいないけど王女呼びってことは即位してないんですね。王になれるのは男のみなのかまだ幼いから時期を待ってるだけなのか。

 

何だこれは

何で子供たち全員レ〇プ目なの・・・?怖すぎなんですけど。

これもしかして一般市民はロボットとかクローンとかそういう話・・・?

 

何か1話からこんなイチャコラされると逆にすごい不安感がある。

すでにヨシュアがロボアニメにおける死亡フラグを建て始めているような・・・。

 

ロボアニメあるある味方のプライド高い系キャラ。

こういうキャラは後々ヨシュアにデレそうな気配をびりびり感じるぜ・・・。







 




「不可侵条約は問題無く更新されるでしょう」

絶対問題無くいかないヤツだこれ。

ここでの物品のやり取りのお手軽さが気になる。まさか目録渡してるだけじゃなくてホントに物品がデータ化されてるとかないよな・・・。

 

あらすじには「地球より遥か彼方の星の話」としか書いてなかったけど「祖先がこの星に移り住む際」ってことはやっぱり元々地球人発祥なのかな。

地球が住めなくなったから移民を始めたパターンか、それとも地球はまだ健在なんだろうか。

ところでレイラさんの背中からのアングルがヤバい。ユウキといい背中フェチが透けて見えるデザインだ・・・。

 

「王族はもう不要」とかとんでもないことを王女に直接言っといて大した問題にならないってことがすでに王族の権威が大きくないことの証明になっている気がする。

 

これまた異星を舞台にした話ではお約束の不思議鉱石。新型ソラリスってなんのことかと思ったらエネルギー炉とかそんな感じっぽい。

そして王と王妃が死んだのが12年前ってことはユウキは両親の顔を知らないのか。

 

このチェスはユウキが指揮官として戦うフラグ?

12歳で陣頭指揮とかハードル高すぎる。







 




王女の名誉をかけて決闘だ!

展開はやいな!何か普通なら二話くらいでやる話な気がする。初戦闘は実戦じゃなくてシミュレーターになるのか。

 

AD2028 JAPAN TOKYO

やっぱり地球から移民してきた人類なのは間違いない模様。

でも地球と連絡は取れて無さそうだしやっぱり滅びてそう。西暦で言うと現在は何年くらいなんだろうか・・・。

 

言葉通り2v1でやるのかと思ったらパイロット1+無人機4+オペレーターなのか。

随伴機が無人なのはシミュレーターだからか実戦もパイロット+無人機の構成なのか。

 

反重力っぽいホバーしてる割りに武装は実弾のみか。でも不思議鉱石とか出てるしそのうちビームも出て来そうな気がする。

ロボの方は設定画だと地味っぽかったけどホバーでスピーディーに動いてるところ見ると結構かっこいいかも。

 

やっぱり姫様指揮官路線かこれは。

フラッグ=本拠地と考えると爆破したらダメじゃんと思うけど模擬戦にそんなルールはないのでOK理論。模擬戦は模擬戦のルール内で勝てばよかろうなのだ。

こんな話フルメタであったな・・・。

しかしこの作戦で無人機ごと爆破して使い捨てられた描写がちょっと気になる。これもしや後々人が乗っている機体で同じような策を姫様がやらないといけなくなるパターンでは?

12歳の姫がギアスのルルーシュみたいなエゲつない戦術で敵を倒す展開・・・アリだな・・・。

 

世のロボットに砲撃形態、射撃形態は数あれどここまでサイのは珍しい。

首の伸び方があまりにも貧弱すぎる。雑魚メカとかしては100点満点な気がするけど・・・。

 

「気合と根性おおおお!」

決め台詞ずっとそれでいくのか・・・。

しかし二人そろって爆破で地形利用とか嫌な気の合い方だな・・・。12歳と15歳とは思えない。

 

幼馴染へのプレゼントを持って戦場へ向かう男・・・。

もう絶対わざとだろこれ、色々と。

 

「ヨシュア・・・」

これ二人が再開する事は無かったor最終話間近でようやく再会パターンありそうな気がするなぁ。

 

そしてOP。

うーん、OPはなんというか映像含めてクセが無さすぎというか今一印象に残らない感じが・・・。まぁあんまり激しい曲とかにすると雰囲気壊れるか・・・。

というわけで1話終了。で、今回1話を見て気になった点が3つあるのでそちらを順に。

まず気になったのはヨシュア君の死亡フラグ連発っぷり。特に最後のぬいぐるみの下りなんか絶対あとで血まみれのぬいぐるみだけ返ってくる展開を想像すると思います。

でも逆にここまであからさまだと逆に建てといて死なないパターンじゃないかなーとも思うんですよね。というわけで私はOPの一騎討ちシーンから予想して相手ヒロインにヨシュアが寝取られる展開を推しておきます。バハムートラグーンの男女逆転バージョン的な感じで。

そして2つ目はレ〇プ目の子供たち。あれが単なるハイライトの入れ忘れとかだったらある意味話題のアニメになれると思う。

一応わざとだと信じて予想すると平民はみんなあんな感じなのではないかと思います。今回の登場人物ってあの子供たち3人以外みんな王侯貴族、もしくは重要な役職の人物しか出てないんですよね。

あらすじにソレイユ王国は「笑顔の溢れた王国」っていう解説になってますがもしや一部の上級国民以外は何かヤバイ手段で笑顔にさせられているのでは?と考えずにはいられない。ロボトミー手術で感情を奪われるとか・・・。

そして気になった点の最後の一つはシンプルに作画。アップの絵は綺麗なんですが引きの絵が色々と怪しい。別に今回くらいなら全然気になりませんが問題は今回が1話だということ・・・。この調子で次回以降大丈夫なのかと不安でならない。

正直な所1話で際立って面白かったところとかは特になかったかなーという感じ。とりあえず絵はかわいいし地味かと思っていたロボットも動くと結構かっこいいんで様子見ですかね。まだ敵側が全く出て来てませんし。

エガオノダイカという不穏なタイトル通りこのほんわか雰囲気からブラックな展開が待ってそうですが個人的には嫌な予感とか言いつつそういうのも大好物なのでそっち展開に期待。

以上、アニメ エガオノダイカ1話の感想でした。

次回はこちら

【エガオノダイカ】2話感想 露骨なフラグはへし折る物
アニメ エガオノダイカ2話の感想です。 前回はこちら 流石に赤ん坊の頃からの付き合いだと...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント

  1. 露骨に死亡フラグを建てまくって、「あ、これ逆に死なないパターンだなwww」と思わせて3人中2人が死んだ、マジェスティックプリンスというアニメがありましてね。

    • で、でも「故郷に婚約者が・・・」って一番露骨なフラグ建てた人が生き残ったから(震え声)

  2. レガリアやキャプテン・アースやアルジェヴォルンと同じ匂いがするぜ。