【revisions リヴィジョンズ】1話感想 予想の斜め上へ吹っ飛んだ主人公

アニメ

revisions リヴィジョンズ 1話の感想です。

 

あらすじには昔誘拐事件があったと書いてあったけど死んでるのは多分犯人?事故死なのかそれとも誰かがヤってしまったのか・・・。

 

こいつ狂暴すぎだろ。

流石にこんだけ手の早いキャラ早々いないぞ。

 

「これは俺だけの使命で、運命なんだ」(ニチャア

やべぇ・・・マジでキモい。

何か主人公が思ってたより10倍くらいヤベー奴なんですが・・・。開始二分で好感度がマイナスに振り切ってるぞこの主人公。

 

OP。

曲がメチャクチャCMソングっぽい。こういうOPも嫌いじゃないけど何回も見たいとは思わないかな・・・。

 

「それが俺の使命で、運命だから」

「ぁあぁ・・そう・・・」(ドン引き

思ってるだけならまだしも堂々と人前でそれ言ってんのか・・・。

何かもっとこう主人公は誰にも理解されなくても一人だけ危機に備えてる感じかと思ったけど普通にただのオカシイ奴にしか見えないなこれ・・。

 

手真輪愛鈴(てまりまりん)

すごい名前だな。

地味子系幼馴染のテンプレートそのままみたいな感じ。すごく死にそうなオーラを感じる・・・。

 

もういい、もう十分だ。

これ以上大介の悪行エピソードは追加しなくてもいいって!

こんなことやっててこいつよく未だに普通に高校通えてるな。どう考えても施設送りにされて当然の事やってるんだけど・・・。

 

「起きるんだよ!何かヤバイ事が!」

現状一番ヤバイのはどう考えてもこいつである。

普通ならこういうのって誰にも理解されない主人公に同情するパターンになる気がするんだけど・・・

 

「心が病むよー、病んじゃうよー」

いやもう病んでるだろ完全に。遅い遅い。

まぁでもいつかわからない危機に本気で怯えながら生活してたら確かに病みそうではある。

 

子供時代。

何か違和感あるなーと思ったらここはCGじゃないからか。そりゃ一回しか使わない子供の頃のCGイチイチ作らないか・・・。

でもこれくらい離れてるとパッと見気付かないくらいCGアニメも進歩してるってことかもしれない。

 

あれ、助け出すまでの過程は無し?

ここは後でまたやるパターンかな。

 

「あなたがみんなを守るの」

約束を忠実に守ろうとするのはいいけどもうちょっと常識とかは大切にするよう教えてやるべきだった・・・。







 




多分未来から誰かが送って来たメール。

しかし私たち6人?5人じゃなくて?

ミロが数に入ってるのか他に誰か一人がいるのか。

 

教室でナイフをニヤニヤしながら見つめるクラスメイトがいたら?

迷わず通報するよね。

何か1話の半分過ぎたけどひたすら大介にドン引きするだけのアニメになってるけど大丈夫ですかね・・・。

 

渋谷転送。

学校ごと未来へ転移とか完全に漂流教室。このアニメは学校だけじゃなくてもっと広いみたいだけど。

これ境目に人いたらとんでもないスプラッタになってそう・・・。

 

敵メカ(?)。

メカと生物の中間っぽい感じ。

主人公達のロボが3mくらいしか無さそうなのに対して敵はかなりデカいな・・・。

 

グシャっと・・・。

察してはいたがやはりかなりハード路線な世界。

 

さっきの女生徒は握りつぶされたのに何でこの男子生徒は捕獲されたんだろう。

エネルギー源にする為とかなら単純にカロリーの差かな。

 

悠美子先生ひどい。

というかそもそもあの巨体相手にこんなドア1枚カギ閉めようがどうしようが関係ないだろと思うが・・・。

でもパニック状態の人間にとって「鍵を閉める」っていう行為が安心感をもたらすとか聞いたことある気がする。

 

今度は女生徒も捕獲されてる・・・?

何かの要素で選別して人間を捕獲してるのかな。

 

まりまりの度胸すげぇ・・・。

そして対照的にしょぼいナイフを握りしめる大介の情けなさがひどい。1話で大介の株をとことんまで落としに来てるなこれ。

 

ミロ登場。

ミロって名前がどうしても牛乳に混ぜるアレを思い出して中々馴染まない。

反応的に大介達の子供時代にタイムスリップするのはこれから先かな。

 

頭がない系パワードスーツ。スーツ無しだと破片が飛んできただけで負傷しそうで怖い。

流石未来だけあって何もかも予測済みでお膳立てされてる感じ。

ストリング・パペットの設定は詳しく説明されてないけどミロが操縦できない理由は一体なんなのか・・・。

というわけで主人公がロボに初搭乗したところで1話は終わり。戦闘は次回へお預けか。

何か渋谷転送とかリヴィジョンズとかよりも大介のイカレ具合が印象に残る一話でしたね・・・。1話でここまでマイナス印象しかない主人公もそうそういないんじゃないでしょうか。

更に次回のサブタイは「勇者願望」。これは序盤は大介がやらかしまくる展開が続いてヘイトの溜まり方がやばそう。

正直1話だけでは面白いかどうか全く判断がつきませんねこれは。肝心なロボ戦闘もまだだし。タイムスリップ系の話っていうのもあって一番面白くなるのは後半なタイプのアニメな予感がする

ただ大介達を見捨てた悠美子先生とかから察するに人間同士のドロドロした諍いとかはアリアリっぽくてそこは期待。

以上、revisions リヴィジョンズ 1話の感想でした。

ネトフリ加入してるんで既に最終話まで見れるんですが一応感想記事は毎週放送のタイミングに合わせようと思います。というわけでまた来週。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント