Web Analytics Made Easy - StatCounter
【revisions リヴィジョンズ】4話感想 薄い本が厚くなるな・・・ | 暇をつぶすのに忙しい

【revisions リヴィジョンズ】4話感想 薄い本が厚くなるな・・・

アニメ

 

revisions リヴィジョンズ 4話の感想です。

前回はこちら

【revisions リヴィジョンズ】3話感想 感情移入しやすい形状とは一体・・・
revisions リヴィジョンズ 3話の感想です。 前回はこちら 今日も大介くんが楽しそうで何...

 

二枚舌クソジジイ。

やっぱダメみたいですねこの人。あとの問題はこいつが最終的に死ぬのかなんやかんや生き残るかだな・・・。

 

また大介が暴走しそうな燃料が投下されてる・・・。っていうかすでに暴走してる。

大介はその内本気でパペットで人殺しそうで怖い。

 

運がないはずの奴が選ばれる・・・。これどう考えても選ばれた方がヤバいパターンでは?

慶作の母ちゃんが危ない。

 

大介は今日ものっけからキレッキレだな。

何かもう逆に安心してきたぞ。

大介の言ってる事は間違ってないかもしれないけどこいつの場合完全に自分の都合だけ考えて言ってるんだろうな・・・。

 

「バーカって何だバーカ!!」

この主人公いつ更生すんだよって思ってたけど最近このままの方が面白い気がしてきたぞ!

 

ケモミミ褐色ボンテージBBAよりはヌイグルミの方が感情移入しやすい形状としてはまだわかる。

けどその声はどういう基準で選んだんだ。

 

ニコラスキャラ濃いなぁ。

流石cv芳忠。

 

カオス軌道・・・るほど、さっぱりわからん!

それはまぁ冗談として、タイムスリップとかタイムリープ物散々見たせいか割とすんなりわかるな。タイムスリップできるタイミングに制限がある理由としては非常にわかりやすい説明な気がする。

 

「手荒なことはしないよ・・・フヘヘヘ」

薄い本が厚くなるな・・・。ていうかここの光の加減とか質感とかすごいな。最近のCG技術は進化してるなぁ。

 

カーチャン・・・。

いかん、もう母ちゃんが何しても死亡フラグにしか見えない。何か今季は死亡フラグに怯えるアニメ多くて疲れる。

 

おじさんいい人だなぁ。

と思ったけど今までの大介の奇行を放置してたと考えると微妙な所だな・・・保護者としては。

 

人間を捕獲してたのは生身のボディを作る為の材料か。

「生身の体」とか言ってるのはもしかしてリヴィジョンズってウイルスから逃れる為に機械化した人類とかそんな感じかも?







 




黒岩さん超有能。しかしどうやって副区長の口を割らせたんだ。

・・・拷問でもした?まぁ警察としての尋問テクだと信じよう・・・。

 

えぇ・・・大介に任せるの・・・。

まぁでもパペットに乗せても命令無視して飛び出しそうだしこっちの方がマシか。

 

「ちょっとくらい楽しんでもいいよなぁ、フヘヘ」

テンプレみたいなセリフ吐いてる奴がいるぞ・・・。薄い本からの刺客か?

ていうかこの服他人が脱がせられるんだろうか。ロック機構とか付いてそう。

 

デスヨネー。

下半身丸出しになってなくてよかったな。

 

「信じる・・・そして守る!」

もうちょっとミロに疑いを持つ展開かと思ったんだけど・・・。

思考回路が単純なのも悪いことばかりじゃないか。

 

やっぱり機体毎に乗れる人間が設定されてるわけじゃなくて5人ならどれでも乗れるのか。

白いのは大介専用機ってわけじゃないのね・・・。

 

「がんばったな!」

珍しく主人公っぽいぞ!戦闘も活躍してるし!

でも結局一部は攫われていったのか。おじさんと慶作の母ちゃん攫われてそうだなぁ・・・。

 

やっぱりおじさんと母ちゃん攫われてた・・・。

しかし雨降って地固まる的な流れになったけど何故だろう、全く安心できない。

次回辺りまた大介は調子に乗りまくってる気がする。

「まるでヒーローのようになっていたwww」とか言ってるし・・・。

おじさん攫われたんだしちょっとは成長しろよと言いたくもあるがそのままの愛すべきバカな大介でいて欲しいとも思う。複雑。

なんやかんや4話まで来て今更ですけど普通に面白いですねこれ。ただ1クールでこの複雑な設定を畳み切れるんだろうか・・・。これからの展開に期待です。

以上、revisions リヴィジョンズ 4話の感想でした。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント