Web Analytics Made Easy - StatCounter
【ネタバレ有り】劇場版シティーハンター 新宿プライベートアイズ 感想 | 暇をつぶすのに忙しい

【ネタバレ有り】劇場版シティーハンター 新宿プライベートアイズ 感想

アニメ映画

映画 シティーハンターを見て来たので感想を。

シリーズ20年振りの新作の出来は果たして・・・!!

ストーリー・設定

舞台設定に関しては流石に1990年代そのままではなく伝言掲示板がアプリ化してたりスマホやドローンが登場したりきっちり2019年の新宿が舞台に。登場人物の年齢?気にしたら負けだ。

ストーリーに関しては悪の組織に依頼人の美女が追われるというコッテコテなシナリオで言ってしまえば「いつもの」と言ったところ。映画だから特別なストーリーというわけではなくてTVシリーズの内の一話を二時間でやったような感じか。

キャラクター

冴羽 獠

現代のセクハラに過敏な風潮的に「もっこり」とかいうアレすぎる表現が多少マイルドにされるかと思ったら全く自重していない。OPの最後に「もっこりぃ」とかネットリ聞こえてきた時は本気で噴出しそうになった。

今回はシリアスなシーンは少な目でかなりギャグ寄り。真面目モードのイケボを聞きたい人はちょっと物足りないかもしれない。

槇村 香

ハンマーによって一人の男の人生を狂わせた罪な女。

予告では「イケメンの誘惑に揺れる香」みたいな展開を匂わせていたがはっきり行ってイケメン側が弱すぎて全く揺れていない。

予告的に結構香メインの話になるかと思ったけどそんなことはなくいつもの立ち位置に納まった。

進藤亜衣

今回の依頼人枠。

設定的にも見た目的にもルパン三世のテレビスペシャルのヒロインでも違和感なさそうである。

個人的にはどうしても声が受けつけなかった。別に棒読みとか下手くそというわけではなくむしろ声優初挑戦としてはかなりうまい方だと思う。だけどどうしても最後まで浮いた感じが抜けなかった。

おそらく周りもみんな声優素人だらけのタイプの映画なら全く問題なかったけど今回は周りが全員ペテランの中一人だけというのが違和感の原因ではなかろうか。もちろん「別に気にならなかった」という人もいると思う。

御国真司

ハンマーのパワーに魅せられた男。

見るからに悪役だったが普通に悪役だった。もう少し香を揺さぶってくれるかと期待したがちょっと小物過ぎた。

正直香との幼馴染という設定としても劇場版の敵役としても役者不足感が否めない。

しかし冷静に考えると香がハンマーで戦う姿を見て「世の中力だ」と思うようになったとか言われるとかなりのギャグキャラである。

キャッツ・アイ

多分おまけ程度の登場だろうなと思ったら予想以上のチョイ役だった。

正直登場させたならもうちょっと本筋に絡む活躍させてあげた方がよかったんではなかろうか。怪盗なのに何も盗まずに終わるっていうのはちょっと・・・。

ファンサービスにしてもちょっと中途半端だったと言わざるを得ない。

 

その他特筆すべきは海坊主がペッパー君に名前を付けてかわいがっていたことくらいか。


感想

まずキャストについて。20年振りにオリジナルキャスト再集結ということで年齢的な面で心配だったがそれほど問題は無かったと思います。流石に当時そのままとは行きませんがしばらく見てたら違和感もなくなって慣れる感じ。ワンチャンこのままTVシリーズやっても大丈夫じゃないでしょうか。

本編としてはストーリーにも書きましたが「いつものシティーハンター」と言った感じ。映画といっても壮大なストーリーとかラストにすごい感動シーンが待ってるとかそういうことはなかった。でも久々の新作ってこともあってあんまり奇をてらったシナリオをやるよりこっちの方が安心感があってよかったと思います。

「いつもの」という言葉通り、全体的にノリが良く言えば懐かしい、悪く言えば古臭い。正直最初の方はノリの古さが若干キツかった。すぐ慣れてくるけど。シティーハンターを知らないという人が見に行って楽しめるかどうかはかなり微妙だと思う。あんまりそういう人はいないかもしれませんが。

しかしその分ファンサービスという点ではしっかり押さえられておりダントツで素晴らしかったのは音楽。歴代OPや挿入歌を余すことなく入れていって最後は「GET WILD」で止めて、引く。ファンならアクションシーンと共に流れる挿入歌やEDを聞くだけでも見に行く価値があると思います。

ただこの映画の一つ残念なところは敵役に魅力が無さすぎる事だと思いますね。黒幕役の御国が小物過ぎるし香の幼馴染という設定も大して活かせているとは思えなかった。

あと敵がドローンってことも見応え的には微妙。最近のフィクションで兵器といえばドローンと使いたくなる気持ちはよくわかるし別に使うのも構わないんですがシティーハンターでラスボスが巨大ドローンっていうのはちょっと・・・。やはりできれば凄腕ガンマン同士の手に汗握る銃撃戦が見たかったところ。

多少気になるところはありましたが総評的には今作は「ファンなら楽しめること間違いなしな作品」だと思います。シナリオ的に感動はあまりないと書きましたがGet wildとSTILL LOVE HERが流れながら過去エピソードのハイライトが流れるEDだけで十分感動できますね。

そして何より気になったのはラストの新宿の伝言掲示板の復活・・・。これ新テレビシリーズの伏線だったりしない?今作見る限り声優陣的には全然イケると思うんで是非新テレビシリーズやって欲しいですね。

以上、映画 シティーハンター 新宿プライベートアイズ感想でした。

[amazonjs asin=”B07L9LX9PS” locale=”JP” title=”劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -ORIGINAL SOUNDTRACK-(初回仕様限定盤)”]

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント