【ネタバレ有り】ゴブリンスレイヤー 10巻感想 今回はゴブリン退治じゃない・・・!?

ラノベ

ゴブリンスレイヤー10 (GA文庫)

前巻からわずか2か月半程度の連続刊行で10巻が発売されました。

ラノベは別に遅筆でない作品でも平気で半年~8ヶ月とか待たされることあるんで早いってだけでうれしいですね。

ストーリー

「たぶん……今日、明日はゴブリン退治はやれん」

今回はゴブリン退治じゃない・・・!?と思いきや結局最後はゴブリン退治でしたというお話。まぁゴブリンスレイヤーだから当然ですね。

事件が最終的にゴブリン退治に繋がるのはいつものパターンだが今回はちょっと変化球の都市の冒険(シティ・アドベンチャー)だ!

今回で10巻の大台ということで何か大きな話になったり転換期になったりするのかと思いましたが平常運転でしたね。それはそれでまだまだゴブリンスレイヤーのお話は続きそうでうれしい。

しかし平常運転とは言っても今回はゴブリン退治を休んでまで女神官の為に奔走するいつもと一味違うゴブスレさんが見られて新鮮でした。

キャラクター

ゴブリンスレイヤー

イラついたり笑ったりと何時になく感情豊かだったゴブスレさん。

まさかゴブスレさんからゴブリン退治を休むなんて言葉が出る日が来ようとは・・・。

都市冒険よりゴブリン退治の方が余程簡単だと言うがハッキリ言ってゴブスレはローグ向きだと思う。

女神官

気付けば冒険者稼業も三年目でもう17歳。でも肉体的にはほぼ成長しなかったらしい。薄い胸とか尻とか言われすぎである。

二人きりのゴブリン退治をデート気分でウキウキしちゃうくらいには洗脳が進んでいる。

この子はもう手遅れみたいですね・・・。実質メインヒロイン回ということもあってゴブスレ好き好きオーラがすごい。

珍しく怒ったりヤケ酒したり負の感情をあらわにする。

パーティーメンバー

いつもの平常運転3人。が、特に蜥蜴僧侶の戦闘能力のアップが著しくもはやどう考えても僧侶ではない。

そろそろ鉱人道士か蜥蜴僧侶メインの話でも見てみたいところではある。

牛飼娘

それほど出番があったわけではないが最後の最後でかなりの隠し玉をぶつけてきた。

前回からヒロインレース独走中か・・・?

槍使い、勇者

君たち知り合いだったの?

しかし槍使いは相手が勇者だとは知らない模様。まさか勇者とフラグが建ったりは・・・まさかね・・・。


葡萄尼僧

今回のキーパーソンになるかと思いきやそうでもなかった。

褐色ってだけでゴブリンの娘呼ばわりされた災難な人。

その他

今回は重剣士PTとか剣の乙女とか女商人とかとにかく準レギュラー全員ちょっとずつ出番があったり個性豊かなローグPTが参戦したりとにかく登場キャラが豊富。

でも最近受付さんの影が薄い気が・・・。そろそろメイン回でもないとまずい。

ローグPTが短い出番ながら中々いいキャラしててレギュラー化して欲しかったり・・・。

感想

開幕から2人きりのゴブリン退治にウキウキの女神官ちゃんにちょっとヒくところからのスタートで掴みはばっちり(?)。

今回はいつものダンジョン探索ではなく主に町を舞台に女神官とゴブスレさんの心情描写重視の話でした。

女神官メインヒロイン回と見せかけて実はゴブスレさんメイン回といった感じ。

とにかくいつもより感情豊かなゴブスレさんを見るとやはりゴブリンスレイヤーはゴブスレ自身の変化というか成長を見るのも大きな楽しみだなと実感したり。

そろそろ「たまにはゴブリン退治以外も悪くない」くらいのセリフが出てくるかも?

そして女神官メインヒロインの話かと思いきや最後の最後で牛飼娘からの隠し玉、「結婚」の話。

ゴブスレさんもただ「問題が多いな」って言ってるけどこれ完全に(牛飼娘と自分が結婚するとしたら)「問題が多いな」って意味ですよね・・・・。

何かもう牛飼娘の方も遠回しにプロポーズしてるようなもんだしやっぱこの二人の間に入り込むのは無理そうですね・・・。

個人的には最後のこのやり取りのインパクトがでかすぎて女神官ちゃんがちょっと不憫なレベルだった。

ちなみにあとがき曰く次回は「ゴブリンが出たのでゴブリンスレイヤーがゴブリンを退治する話」になるらしいですよ!今までそうじゃない話あったっけ?

以上、ゴブリンスレイヤー10巻感想でした。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント

  1. 槍使い、勇者

    君たち知り合いだったの?

    しかし槍使いは相手が勇者だとは知らない模様。まさか勇者とフラグが建ったりは・・・まさかね

    原作2巻で馬車で 鋼鉄級の娘さん3人を
    乗せて来てたのが時期的にどう考えてもあの三人
    表向きあの3人は鋼鉄級として活動してる模様

    今の所は原作にしかない描写

    • あ、原作にちゃんとそのシーンあったんですね・・・。
      読んでるのに普通に忘れてました・・・。
      補足ありがとうございます、読み返してみます。

  2. おっと反映されてなかったから
    二重投票になってました 失礼
    良かったら消しておいて下さい

    自分も今見返しましたが
    鋼鉄とか名乗ってませんでしたすいません

    ある冒険者が他の冒険者にお節介を焼く話が
    時期的にあの3人だと思ってたら正解だったという
    随分時間置いてからの回収でしたね

  3. 只今読了
    今回は前回とうってかわって緊張感
    というよりゴブリンが完全に怖くない
    お笑い役の3巻に近いけど反省点生かして
    終始アクション多めで秘密兵器も
    ゴブリン以外の大敵みたいは描写も多かった

    話はやっぱりゴブリンスレイヤーと女神官の話

    今までの総ざらい回みたいで面白かったな
    特典小説のネタにも触れている

  4. 三人と云えば昇級審査の時の3人も出てましたね
    「斧戦士、武僧、魔術師」。
    悪魔退治専門とか言うパーティーには元ネタがあるのかな

    • 自分もそこに気になったけど
      多分 作者本人のゴブスレ二次創作とか
      聞くデーモンスレイヤーとかのキャラかな?
      自分はAA版のノリは苦手なので
      読んでないんですが存在は聞いてる

      ソレじ火槍とかハンドカノン的な
      銃が出てると聞いてるので今回出てきたのは
      驚きはしなかったが トロル瞬殺展開は
      アレに絶滅させられた6巻のPTが可哀想