【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】23話感想 ボラボラボラボラボラボラ

アニメ

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風23話の感想です。

感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意下さい。

 

クラッシュって味方も瞬間移動させられるって考えたらもっと直接攻撃が強い奴と組んだ方が強そう。

まぁでもこんな瞬間移動したがる奴は早々いないか・・・。

 

この二人アニメで動きが加わってなんていうかその・・・パワーアップしてますよね・・・。

 

「ジョ・・ジョルノをッ!そ・・・そんなつもりは!」

一発だけなら誤射かもしれない。原作だと思いっきりズドドドって貫通してるけど大分マイルドになってるな・・・。

 

「しまったアアアア!逃げられたああああああ」

ここ微妙にわざとらしいのがうまいなぁ。いい演技。

 

「逃げられた!」と言ったんだッ!

ここのナランチャの演技にすぐ気づいた人はすごいと思う。ジョルノが噛みつかれた時点でトーキング・ヘッドの能力はすっかり忘れてるわ完全に・・・。

 

喉に食いつかれて死にかけの状態でわざと撃たれるとかいうジョルノの機転と覚悟:A(超スゴイ)

ちなみに忘れがちですがジョルノはまだ15歳です。

 

あれ、ヤツに逃げられたたァーッ(行くぜッブチ込むッ!)は?

アニメだとわかりづらいっていう判断なのかな・・・原作通りの方が面白いと思うんだけど・・・。

 

ムーディー・ブルース君、がんばったけどここまでが限界。

エアロスミスみたいな飛行タイプの場合は追跡できるんだろうか。

 

「てめーをやる方法はあるぜェェェェェーーーーーーッ!!」

機銃、爆弾に続くエアロスミス第三の攻撃!

絶対生身で喰らいたくない。

 

流石ティッツァーノは攻撃能力のないスタンドの使い手だけあって自分の能力の使い方を熟知している。

しかしそれはそれとしてミスタはガスの臭いで気付け。自分のワキガで鼻麻痺してんじゃないか。

 

主人公の割りによく戦闘不能になるけどどんな状況でも必ずアシストはするジョルノ。

5部でジョルノが何も役に立たなかった戦いってほぼないんじゃないか?クラフトワーク戦くらいかな。でもあれもジョルノの機転で最初に一発入れてるしなぁ。


「我々の勝利に変わりはない!」

この辺を見るとやはりこの二人はいいコンビだなと思う。

5部の敵コンビは名コンビばっかりだなぁ。・・・次に出てくる奴らも含めて。

 

「見つけ・・・・たぞ!」

今週のグロ。しかしくっつくとは言え自分の手斬り落としたり自分の体バラバラにしたり自分の銃弾浴びたり5部メンバーはみんな凄まじい自傷行為ばっかしてるな。

あれ、一人だけしてない奴がいる?こんなところでも仲間外れだったのか・・・。

 

グニィ グニィ

青色だと気持ち悪さハンパないなこれ・・・。

 

やはり一番危険なのはジョルノ・ジョバーナだった!

と言ってもいくらパーツがあるからと言って舌をナイフで切り落とすナランチャも尋常じゃないと思うんだけど・・・。しかし今までのヤツらを見ると本物のギャングならこれくらい出来て当たり前みたいなところあるからな・・・。

 

今この二人が一番呼吸を乱しているっていうのはわかるけどそれにしても通行人はリアクション薄すぎである。

血塗れのガキがナイフ持って叫んでるのなんてヴェネツィアでは日常茶飯事だぜ!ってことか。

 

「勝利」にはかわりがないオレたちの「勝ち」には・・・・な

本当に5部は敵がかっこよくて困る。ただ一回戦うだけの敵なのにどうしてここまでドラマチックになるのか。

 

「ひるむ・・・と!思うのか・・・」

そして流れる処刑用BGM。

 

ボラボララッシュ。

うーん正直言ってちょっと微妙というか勢いが足りない気がする。

完璧な5部アニメですが唯一難点があるとしたら若干ラッシュの勢いが弱いことですね・・・。その辺は3部や4部のボコボコ感が爽快だった。

 

ボラーレ・ヴィーア(飛んで行きな)

やはりホルマジオ戦といいナランチャのバトルは決着がかっこいい。

 

「まるで希望があるかのような精神力はい・・・一体?」

最期の瞬間まで小物化することなくかっこよかったスクアーロとティッツァーノ。

この二人からしたら裏切り者はナランチャ達の方なんだし少しだけ哀れにも感じる。

 

ミスタに続いてナランチャもジョルノのカリスマに堕ちたな・・・。

あとは攻略最高難易度ヒロインのアバッキオだけだが・・・。

 

ナランチャが最初にクラッシュで攻撃されてからここまで約4、5分。

というか実はトリッシュの護衛を引き受けてから今がまだ3日目の朝。ホルマジオの言った通りとんでもないしんどさである。こいつらに疲労はないのか・・・。

というわけで23話終了。

今回は個人的にかなり好きな回っていうのもあってスクアーロとティッツァーノがかっこよくて大満足な回でした。ナランチャ戦は数は少ないけどその分名勝負しかないなぁ。

ただ前からジョルノのラッシュでも思ってたけどやっぱりラッシュの迫力がちょっと足りない気がするんだよなぁ・・・。単純に効果音の問題な気もする。3部や4部くらいド派手な音の方がラッシュには合ってるのかな。そこだけが5部アニメ唯一の不満かもしれない。まぁ不満と言ってもあえて言えばくらいのものですが。

そして次回も楽しみなノトーリアスB・I・G回。というかもう後は楽しみな回しかない気がする。

以上、アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風23話の感想でした。

次回はこちら

【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】24話感想 正真正銘「無敵」のスタンド
アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風24話の感想です。 感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意下さい。 ...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント