【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】24話感想 正真正銘「無敵」のスタンド

アニメ

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風24話の感想です。

感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意下さい。

 

ナランチャとジョルノのダブルチェック。

更にムーディー・ブルースが加わると考えると5部PTって索敵能力めちゃくちゃ高いな。

まぁその分索敵が通じない敵がいっぱい出てくるんだけど。

 

「そんな距離をそのようなスピードとパワーで地上から遠隔操作できるスタンド使いなど存在しない」

ブチャラティの丁寧すぎるフラグ建て。丁寧すぎてもはやわざとやってんのかと言いたくなるレベルである。

まぁ確かに遠隔操作型スタンドではなかったが・・・。

 

「フライト時間は約二時間だ!」

さっきの高度と時速の説明といい何かブチャラティが機長みたいになってんな・・・。

 

すっごいアバウトな感じで飛行機を飛ばすアバッキオの度胸がすごい。

これ今考えるとこの時点で既に着陸の事はあんまり考えてなかったんじゃないか。ムーディー・ブルースでも流石に着地は空港が違うから無理だろうし・・・。

最悪飛行機は捨てて脱出すればいいとか思ってそう。

 

「映画の情報かよ・・・」

これにはナランチャもドン引き。

ナランチャとミスタの陰に隠れてるけどアバッキオも実は結構・・・。

 

「結構深そうなのに・・・」

結構深そうってレベルじゃない。常人なら出血多量で死んでる。

まぁでもこれくらいジョジョなら軽傷と言われればそうかもしれない。

 

一応カルネという名前がちゃんとある人。

よく見るとこいつもペッシみたいな見た目してんな・・・首が無い・・・。

しかしこいつはどういう指示でここに来て死んだんだろう。何か目がイッちゃってるし麻薬付けにでもされて従わされたのかな。

死亡時に発動する能力をどうやって知ったのかも永遠の謎。スタンド自体が教えた説が有力か?

 

なんだこの物悲しいBGMは・・・。

本体はただのチョイ役のはずなのにやたら哀愁漂ってる・・・。

 

「ボスはただの若者だったと予想している」

半分当たりで半分外れってとこかな・・・。立場的にはただの若者だったかもしれないけど中身とか来歴は歴代のボスの中でもぶっちぎりの異常者だと思う。


展開を知ってるとそこまでだが初見時はかなりのホラー展開でガチビビりしてた覚えがある。

 

ここすき。

5部後半の貴重なギャグシーン。ブチャラティが参加してるのが非常に珍しい。

 

ジョジョの数ある7不思議の一つ、ジョルノの落書き。

ただこれは一応公式設定でノトーリアスB・I・Gには「落書きする程度の知能はある」らしいからノトーリアスがジョルノをビビらせる為に書いた線が濃厚。

荒木氏本人は書いてる時にそこまで考えてないとか言ってはいけない。

 

色が付くとグロさが増すな・・・。

正に肉塊。

 

ここのスピード感すごいかっこいい。

原作では途中でジョルノの思考シーンが入ってたけどこっちの方がミスタの反応の速さが際立っててかっこいいな。

 

ここで飲み込まれたピストルズは最終的に完全に喰われてたけどやっぱりスタンドだからミスタが健在なら復活できるっぽい。

ただこいつに食われてる最中の記憶も残ってるなら相当な悪夢だな・・・。

 

動きが滑らかすぎてキモい。

めっちゃウネウネしてる・・・そんなとこ頑張らなくていいから・・・。

 

「なにィィィィィ~~~~!!」

改めて見るとブチャラティのこのリアクション結構多いな・・・。持ち芸みたいになってる。

 

覚悟とは犠牲の心ではないけど割と捨て身戦法多めなジョルノ。まぁ命さえあれば何とかなる。

しかし今回ノトーリアスB・I・Gのウネウネに力入れすぎじゃないですかね・・・。これは次回が楽しみなような恐ろしいような・・・。

 

何かここ昔の記憶でブチャラティのジッパーで外したと思い込んでたけどガラスで切断してたのか・・・。

いやガラスで切断は無理だろって話だけどあれだ、ギアッチョ戦で千切れかけたせいで取れやすくなってたんでしょ多分。あれも左腕だったし。

 

ちゃんとG・Eの効果音と共にブローチが・・・。

5部アニメはこういう原作読者向けの追加シーンが面白いなぁ。

 

繋げるだけじゃなくて止血代わりにもなるとか高性能だなジッパー。

これなかったらマジでジョルノは出血多量で死にかねなかったな・・・。

 

「ジョルノは再起不能だ、恐らくミスタとナランチャも・・・」

ヒーラーがいなくなった瞬間瓦解する恐ろしいスタンド戦。

今考えると3部はヒーラー無しでよく最後までもったな・・・まぁヒーラーいない代わりに宿屋で休んだら全快する方式だったか。

しかしこの間アバッキオがコックピットにいて出て来ないのは現状役立たずなアバッキオを隔離しておくのに非常にうまい設定だと思う。

 

ビタァン!!

うおおおおおびっくりしたぁ!!こんなん原作とパターン違うじゃん!!

完全に油断してた・・・心臓止まるかと思った・・・。

 

ここで初めてスタンド像が。

ここだけ見ると結構かわいい・・・いやかわいいか?何とも言い難いな・・・。

 

確実に希望は残しておく、それがジョルノ。

しかしこっちはこっちでキモいな、めっちゃワキワキしてる・・・。

 

「ジョルノはまだ再起不能ではないッ!」

突然のジョジョ立ち。大体わかってたけどここでトリッシュ回であることを確信する。

というところで24話終了。

今回作画がやたらよかったな・・・というかノトーリアスをウネウネ動かす為に作画を良くしたとしか思えない。

ジョジョ屈指のホラー回だけあって原作知ってても不気味さMAXで素晴らしかったですね。ただ不意打ちの窓バァン!は許さない。先を知ってるからと思って完全にリラックスして見てるところにアレは効果抜群すぎ・・・。

尺的には次回でノトーリアス戦は終わりかな。次回はやっぱりトリッシュというかスパイスガールのシャウトに期待せざるを得ない。

以上、アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風24話の感想でした。

次回はこちら

【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】25話感想 WAAANNABEEE!!
アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風25話の感想です。 感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意下さい。 ...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント