【からくりサーカス】24話感想 ここが駅、駅長さん鳴らす笛ぽっぽう!

アニメ

アニメ からくりサーカス 24話感想です。

感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意ください。

 

今回はブロム・ブロム・ロー戦。

実はこいつは読者公から生まれたキャラクターらしい。

 

敵の目の前でラブコメしだす姐さんマジ乙女。

しかしアニメだとぶっちゃけしろがねよりミンシア姐さんの方がヒロインしてるような・・・。

いやまぁ原作でもそういうとこ無くもないけどやっぱり鳴海が仲町サーカスのバイトになってないのが・・・。

 

「いつまで待たせるつもりだよ人間!早くしねぇとこの死にぞこない共が死んじまうぜぇ」

おっしゃる通りでございます。

何かドリル・セプテンバーが普通に親切で言ってくれてるみたいになってて草生える。

 

こいつ、強い!(一撃)

ドリル・セプテンバー、死す。実に美しいカマセっぷりだった。

しかしヌルヌル動くな。流石ブロム・ブロム・ロー戦は名バトルの一つだけあって前回に続いて気合入れて来たな。

 

ヒロイン(の一人)の腕が飛ぶという衝撃展開。

女子供にも一切容赦がないんだよなぁこの作品・・・。

 

「あいつがのべつがなり立てていたからかもな・・・」

思い出が少なすぎる。そういえば君たち一緒に行動してたの病院と飛行機だけだったね・・・。

っていうかこのシーンのタイミングはやくね?まさか本当に長足クラウン号カットなのか・・・?

 

改めて見るとこの戦法って使ってる技術に対して効率悪すぎな気が・・・。

まぁオートマータ自体元々そういう物だから何もおかしくはないんだけれども。

 

こんな時だがミンシア姐さんの美脚が気になって仕方ない。

スリットすごすぎだろこの服。

 

そういえばブロムになんで気の打撃が通じないのかって特に説明はなかったな・・・。

体の構造で衝撃を受け流してるっぽい描写はあるけど顔面もセーフなんだな。

 

こ、この車輪は・・・!!スレイプ・・・じゃなくてトーアの「黒き門」の足じゃないか!

は?と思った人はサハラ戦辺りを見直してみよう!さり気なく「黒き門」の足が車輪になってるぞ!


ロケットパンチ(自分が飛ぶ)

気を込めた打撃が効かないなら純粋なパワーで砕くのみ。

レベルを上げて物理で殴ればいい理論。

 

ここは原作だとかなり独特な表現だったけどがんばって再現しようとしてる感は伝わる。

 

さり気なく一人入れ替わってるけど気にするな!

でもここって原作だと逆にトーアが仲間外れになってるのが昔から来になってたからこれはこれでありかもしれない。

原作の方は「トーアが繋いでくれた」の一言くらいはあってもよかったんじゃないかと思う。

 

「負けたよ、人間」

死ぬ時も強者感を出すブロム。やっぱり散り際が潔いヤツっていうのは敵でも印象に残るなぁ。

 

しろがねの血をほんの少し飲んだだけで切断した腕が勝手に繋がるとか生命の水の効力強すぎである。

 

うーむ、やっぱり法安さんの役はアシハナがやるのか。

別にこのシーン自体はそんなにおかしくはないけど・・・。まぁ法安さんがいない話はもう散々したから何も言うまい。

 

「ここが駅、駅長さん鳴らす笛ぽっぽう!乗車すんぜ来おい!!」

長足クラウン号きたあああああああ!

しかしここの呼び出し叫ぶアシハナが全力すぎる。ジョージが死んだことに対する感情もこもってそうな叫び。

 

「毎度御乗車ありがとうございまーすwww」

クラウン号はCGか。それにしても喋り方が超ムカツク。

しかしこれ本当なら真夜中のサーカスのリサイクル品だったけどアニメだとフウが作ったことになってるからフウの趣味悪すぎだろってなるな・・・。

 

うぉーい鷲掴みかい!

分解シーンまで作る余裕がなかったのか・・・。すんごい雑な感じになっとる・・・。

 

1部のボスが仲間になる王道展開。

ちょっと株の下がる展開が多かったが流石は 最古の4人。雑魚オートマータでは相手にならない。

 

からくりサーカスってストーリー的に「敵が仲間になる」って少年漫画の王道展開が全くなかったからここのパンタローネはかなりテンション上がる。

しかし何かが絵的に足りないと思ったらハリー防衛の兵士の人がいないのか、そういえば・・・。

 

ジョージ・・・出番は大分削られちゃったけど最後は輝いてたぞ・・・。

 

そして次回からは勝編へ・・・。

ていうか何か海の上じゃなくて山の上で飛行船に追いつきそうだったけど城までいかないなんてことはないよね流石に?イメージ映像だよね!?

若干の不安を残しつつ24話は終了。

というわけで今回でハリー編は終了。まぁ既にカットされてしまった部分の影響が色々ありましたがまぁここのハリー編だけを見ればそれなりに楽しめる内容だったんじゃないんでしょうか。

何より長足クラウン号がちゃんと出て来て本当によかった・・・。クラウン号出て来なかったら本当に崩壊してましたからね。

そして前回のジョージとアシハナの回は非常に素晴らしい回だった。でも素晴らしければ素晴らしい程原作通りに法安さんもいてジョージが一回目の病院で鳴海とちゃんと会っていればどれだけの感動回になっていたんだろうという気持ちを押さえられない・・・。

どこぞの覇穹 封神演義みたいに突き抜けた出来ならむしろ諦めもつくってモンですがこちらはイイ所はイイからどうしても惜しむ気持ちが出てきちゃうんですよねぇ。

しかし本当に恐ろしいのはここからだ!勝編は黒賀村を全カットされているのがどう影響してくるのか・・・。特にコロンビーヌはファティマとの最期の会話もシルベストリ戦もないとか存在意義の9割くらい奪われてる状況なんですけどどう話を持っていくんでしょうね・・・。

以上、からくりサーカス 24話の感想でした。

次回はこちら

【からくりサーカス】25話感想 勝とコロンビーヌ
アニメ からくりサーカス 25話感想です。 感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意ください。 もう新OPの...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント

  1. コロンビーヌ関係ではメカメカなOの皆さんも城ではカットなんですかね。
    それから猛獣使いをまだ見せた事もないリーゼさん(笑)ですが、城では幻獣以外にアルレッキーノに笑顔を見せる担当も回って来そうな予感がします。あ、でもヴィルマからナイフをもらってないか(笑)

  2. 物凄いマニアックなネタ。
    サンデー掲載の時に
    パンタローネと鳴海の握手
    (クラウン号の時の)
    パンタローネの足がクラウンに引っかかって無くて
    (コレ、二人とも落ちるやん)ってなってた。
    コミックスではきちんと直されてたけど。
    覚えてる人、居るかなあ(笑)。

    後、勝のジャックに乗って追いかけてる時
    ゴーグルを掛けて無かったのに
    翌週では掛けてたりもね。