【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】26話感想 とぅおるるるるるるる るるるん

アニメ

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風26話の感想です。

感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意下さい。

 

ボスの来歴。これ本当ならかなり後のはずだけどここに持って来たか。

しかしジョジョのラスボスって1~7部まで全員生まれ自体は普通の人間なのに(カーズ除く)ボスだけは明らかに異常なんだよなぁ。

生まれ方が異常だったのはもしかして母親か父親のスタンド能力だったりしたのかな。

 

今回アニオリ成分強いな。文章以外ではじめて明らかになるボスの青年時代。そしてトリッシュのファッションセンスはどう見ても母親譲り。

この頃は普通の青年に見えるけどトリッシュの母親に「ソリッド・ナーゾ」っていう偽名をわざわざ使っているので既に普通ではない。

 

個人的にはここまでだとボスは凶悪なスタンド使いっていうだけで行動原理としては「ただのマフィアのボス」としか思ってなかった。歴代ボスの中では一番「普通だと。

でもこの来歴のエピソードである意味DIOや吉良より異常度が上がった気がする。

 

まだここではボスの名前は出さないのか。

しかし改めて見るとボスってあの名前が本名なんだよな・・・神父の息子があの名前って・・・。

 

「知ってるようっさいなぁ 小型トラックだろ」

やたら強キャラ感あるクソガキ。やっぱここの助けようとしてるとこ見るとドッピオ自体は善良な人格なのかなぁ。

 

最早占い師というか超能力者レベルのドンピシャ振り。

これ相手がDIOだったらエンヤ婆みたいに部下にしてもらえたかもしれないな・・・運がないヤツ・・・。

 

ボスの交代シーンかっこよすぎぃ!

二人の声の重なるところがトーンぴったりすぎて凄いわ。

 

哀れな占い師のおっさん、死す。

割とマジで惜しい人を亡くした・・・。

 

ボスが何故このガキを見逃したのかが長年の謎。

殺した方が面倒なことになるからとか色々考えたけどやはり殺しておくのが一番無難だと思うんだよなぁ。

その辺考慮するとやっぱボスにも無関係な人間は殺さないという1ミリくらいの情けがあるんじゃないかという結論になる。チョコラータの事嫌悪したりしてるし。


アイキャッチのaddio(さよなら)フーゴで草。

わざわざ書いてやるなよww

 

短時間でわけわからん奴に絡まれ過ぎて流石にボスがブチキレるのも無理ない感じになってきた。

原作では「いつも寄ってくる・・・こんなアホが・・・」って言ってたけど占い師はともかくドッピオは如何にもカモられそうな風貌だからなぁ、カツアゲとかめっちゃあってそう・・・。

 

「とぅおるるるるるるるる るるるん」

思ってたよりはるかに高音のとぅるるで草。

るるるん♪で切れるところもちゃんと再現されてて完璧だわこれw

 

間違いなくファンが5部アニメで非常に見たかったシーンの一つ。

電話探してるところの頭イッちゃってる感がアニメにするとホント面白い。

 

「2mまで奴をおびき寄せろ」

よく考えると2mてめっちゃ近くない?防御力に乏しいドッピオにはかなり厳しい命令だな・・・。まぁその為のエピタフなわけだが。

 

シリアスな空気からの最後の「ピッ↑」でやられたww

完全に不意打ちされたわ・・・。

 

何かこうやって見るとただの変態にしか見えないぞリゾット。

何で五部は敵も味方もやたら上半身を露出したがるヤツばかりなんだ。

 

リゾットの圧倒的洞察力。流石リーダー。

こういうのいつも主人公側が敵にやってることなんだよなぁ。

やっぱジョジョで敵同士のガチバトルは中々新鮮。

 

エアロスミスの音が・・・。

ここでドッピオが思わず反応しちゃってる描写はアニメの方がわかりやすい。

 

ギャアアアアアアア!

正直メタリカは人体切断とか内蔵シーンよりグロイ。グロイというより痛そう過ぎて見てられない。

 

「がちゃり」

クッソ、おもしろすぎるだろw

シリアスが持続しねぇぞこれwww

 

キモッ!

顔の出方に力入り過ぎだろ。

 

ツッコミ所多すぎてどっからツッコめばいいのかよくわからない絵面。

というわけで26話終了。

本当ならラスト間近に来るはずだったボスの過去を今回に持って来てましたが漫画ではシルエットだけだった若かりし頃のボスが見えたり喋ったりと大盤振る舞い。

昔から疑問だったけど地元で暮らしてた頃のどんくさい性格の青年はその時点で既にボスの別人格だったんだろうか。

でもそれだと地元では当然本名で生活してただろうしトリッシュの母にわざわざ偽名名乗ったのは何故?ってなるんだよなぁ。旅行者相手だからボスが介入して偽名を名乗らせたんだろうか。

個人的にはその頃はまだ2重人格じゃなくて「どんくさい性格を演じているボス」だったんじゃないかと思うけど・・・。昔のことを話す口ぶりも別人格というより自分がやったって感じで話してるし。

ボスも10代のころは勢いに任せて子作りしちゃうような普通の青年的な一面があったんだろう・・・。というかそれを切り離してボスとドッピオに分裂したと考えればしっくりくるか。

そしてやはり今回の目玉はとぅおるるるる。

期待通りというか期待以上に面白すぎる。

漫画だとそれほどだったけどアニメだといちいちシリアスブレイカーっぷりがやばい。

次回はメタリカ戦ですけどメタリカ戦って昔子供の頃ジャンプで読んでガチでトラウマになった回なんだよなぁ・・・。何か想像してたら今から首がムズムズしてくるくらいのトラウマ。次回見るのがちょっと怖い・・・。

以上、アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風26話の感想でした。

次回はこちら

【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】27話感想 「勝っていた」ってセリフは・・・終わってから言うもんだぜ
アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風27話の感想です。 感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意下さい。 ...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント

  1. とぅるるるるるるが強すぎて見終わった後はこれしか頭に残ってなかった。
    目がイっちゃってるのがやべぇw

    ガチャリ