【ワンパンマン】149話感想 タツマキvsギョロギョロ そして・・・

アニメ

ワンパンマン 149話感想です。

アニメ2期もはじまったということで今回から漫画版の感想も書いて行こうと思います。

ONE版原作を読んでいる前提での感想になるのでこの先の展開のネタバレが大いに含まれます。ご注意下さい。

 

遂に(やっと)はじまったタツマキvsギョロギョロ。

ギョロギョロも今までの怪人ではトップクラスの強さのはずだが・・・。

 

残念ながらというか当然ながらというかタツマキには手も足も出ず。

それにしてもタツマキ様が美しすぎる・・・。

 

ギョロギョロ全力の重力300倍攻撃もマッサージ機扱い。

肩こりって枕が原因じゃなくて年齢のせいなんじゃ

 

タツマキにねじ切られるギョロギョロ。

「あンっ」ってちょっと素が出てる。本体が言ってると想像するとエロい。

しかしここONE版の「何で私のヒーローネームがタツマキなのか知ってる?私に刃向かった相手がこうなるからよ」ってセリフがなくなってますね。あれかっこよかったんだけどな・・。

 

追い詰められたギョロギョロは遂に切り札のオロチを呼ぼうとする。

オロチの強さが災害レベル竜以上のボロス並だとするとタツマキでも危ういが・・・。

 

しかしギョロギョロが呼び出してもオロチは現れない。タツマキは「アンタを助けに来る余裕がないんじゃない?」というが・・・。

やっぱり部下の体で接しててもオロチはギョロギョロの手駒だったのか。何か実は洗脳解けてましたとかいうパターンでもおかしくないけど。

 

あ、死んだわこれ。

サイタマと対峙していたオロチ。

「キサマ・・・無視していいゴミではなさそうだな・・・」

サイタマの実力を見抜いてる辺りやはり並の怪人ではない。本当にボロスクラスか?

149話はここまで。

感想

村田版で大物感が増していたギョロギョロだったがタツマキに手も足も出ないのは相変わらず。「フブキとは比較にならない!」とか言ってる時点でもう前提が間違っている。

そしてやはり今回の一番の目玉シーンはオロチ様死亡確定の瞬間。

オロチ自体元々ONE版原作にはいなかったキャラで「こんな大物キャラ追加してどうするんだろう」と思ってましたけど「ガロウをボコってサイタマにやられる」っていうシンプルな役回りで終わりそうな感じですねこれは・・・。

しかしただサイタマにやられて終わりっていうゴウケツと同レベルの終わり方っていうのもどうなんだろうか。ガロウが怪人の死体食ってるシーンを見て、もしかしたら「ガロウがオロチを取り込む」とかいう展開もあるのかななんて思ったり。

次回はサイタマvsオロチになるのかまた場面転換になるのか・・・。サイタマvsオロチならまた凄まじい作画のバトルシーンになりそう、そしてバトルシーンだけで1話終わりそう。

以上、ワンパンマン 149話の感想でした。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント