【ワンパンマン(2期)】3話感想 メインヒロイン来た!

アニメ

アニメ ワンパンマン(2期) 3話の感想です。

感想内に原作(ONE版含む)のネタバレが含まれますのでご注意下さい。

 

出チャランコ。

この頃はまだ才能はないけどやる気に満ち溢れた真面目な弟子だと思ってたんだよなぁ・・・でもその実態は・・・。

 

何かチャランコイケメンになってね?

ていうかチャランコって茶髪だったんだ・・・金髪だと思ってた・・・。

 

 

※異様に馴染んでますがフブキ様とサイタマはさっき初めて会ったばかりです。

サイタマに偉そうに言うけどハッキリ言ってフブキも相当厚かましい。こうやってみるとサイタマからしたらそりゃフブキは「知り合い」だよなぁ・・・。

 

ガロウの発音に慣れねぇ!

何か聞いててムズムズする。ガロウ編ってこれ以上ないくらいガロウの名前呼ばれまくるんだよなぁ。その内慣れるか・・・。

 

ヒーロー協会の活動には興味無さげな割にはヒーロー名がダサくてショックは受ける。

ヒーローネームってランク上がったら後で変わったりするのかな。最終的にサイタマのヒーローネームが「ワンパンマン」になるんじゃないかとは連載当初から言われているが・・・?

 

突然のイケメン化からの「誰だお前」

ここ漫画で見た時めっちゃ草生えた。アニメでこういう2コマ落ちのテンポを再現するのは難しそうだなぁ。

しかしジェノスはチャランコという名のザコですって・・・それは別に言わなくてもいいじゃん・・・。

 

再登場でいきなりガロウに絡まれる不運な無免ライダーさん。

たまには無免ライダーが普通に怪人と戦ってるところが見てみたい。ジャスティスクラッシュとか本当に効くのか・・・?

 

こんばんは死ね!

正にあいさつ代わりの一撃。一度倒した奴には用はねぇ!

 

元々14位だったがジェノスに抜かれて16位になってしまったタンクトップマスター。

劣化クロビカリとか言ってはいけない。メンタル的にはこっちの方が・・・。

 

流石タンプトップマスターだ!タンクトップを完璧に着こなしているが故のタックル・・・!

タンクトップを着てなければこの威力は出ないからね。

 

「よし弟よ!逃げる準備だ!」

相変わらずのクズ兄弟。何故タンクトップマスター自身はあんなにストイックなのに舎弟がしょうもない奴ばかりなのか。

 

ボンブお兄ちゃん。

ジジイがジジイをお兄ちゃんって呼ぶインパクトが強すぎる。

 

後ろの取り巻き共が格ゲーの背景のヤツらみたいで草。

こいつら本当になにしにきたんだ。実際マスターが勝てない相手だったらこいつらなんて何人見ても意味無いし本当に観戦しに来ただけだな。

 

「ここで消しておかねばならない気がする」

正直本編ではほぼ全く活躍できてないタンクトップマスターだけどこういうところは強キャラ感ある。

 

「S級ヒーローともあろうものが!チンピラ相手にトドメを刺そうなんて!」

ここの無免ライダーはガロウ編ラストのサイタマを彷彿とさせる。ガロウをあくまでただの人間と見ているところが・・・。

深海王の時といい無免ライダーは性格は違えど「力のないサイタマ」っていう風に思えるなぁ。

 

「俺は人間と喧嘩する為にタンクトップを着こなせるようになったわけじゃない」

そう、タンクトップマスターは怪人と戦う為にタンクトップを着こなせるようになったのだ!

何か間違っている気がするが気のせいだろう。


あれ、「お前からは邪悪しか感じない」はカットなのか。

あのセリフ結構好きだったんだけどな・・・。

ヌルヌル流水岩砕拳。

1期ではあんまり技が見られなかったけど2期は期待できそう。

 

グシャグシャ

流石にここはアニメの方がぐろいな・・・。

 

「この人数相手に勝てると思ってるのか!」

むしろお前らが勝てると思ってるのか。

まぁどの道戦ってやられるか逃げてやられるかの選択肢しかないけど。でも全員で一斉に逃げだせば割と逃げれたかも?

 

チャランコが飛び出す前にちょっとだけアニオリシーンが。

確かにこの状況で飛び出して行ったチャランコの勇気を考えると中々いい追加シーン。

 

こう来たらこうで・・・

 

こう。

それにしても瞬殺されるC級ヒーローは比較的傷が浅い。やっぱ腕もがれたブルーファイアさんだけ重傷度違い過ぎない・・・?

 

おっぱいTシャツに続いておっぱいパーカー。よくこれ着て外にでる勇気があるな・・・。

しかしサイタマが自発的にお見舞いに来るとかやはり余程無免ライダーが気に入ってるのか。まぁヒーロー狩りに興味があっただけかもしれないけど・・・。

 

「武術・・・」

まさかこの一言で長編の中でオリジナル長編が始まるとはこの時は誰も知らなかった・・・。

 

うおおおおメインヒロイン来たあああああ!

ガロウ編は主人公がガロウ、ヒロインが不細工なガキです、異論は認めない。

 

「A級の黄金ボールが馴染みの居酒屋に顔を出す時間だ」

こえーよヒーロー名鑑。

どんだけプライベートな情報まで載せてんだ。

 

本当この二人好きだわ。

ブサイクなガキからしたらただの気さくで優しいおじさんなんだよなぁ・・・。

 

じー…

何か冷静に考えたらあの規模の大会で優勝賞金300万て安すぎない?1億くらい出てもおかしくなさそう。

しかしサイタマは常に金欠みたいだけどB級に上がったから報酬も上がってるはずだしジェノスからの家賃はどうなってんだ。

フブキ組を見るに多分B級でもバイトレベルの給料しかでないのかな・・・。ジェノスからの家賃はなんだかんだで断ってそう、小市民だし。

 

黄金ボールがA級26位でタンクトップベジタリアンが9位ということが信じられない。

まぁ強さ=順位とは限らないのはわかるが黄金ボールはA級上位の強さな気が・・・。あんまり熱心には活動してないのかな。

しかし相変わらず思いっきり形状記憶玉金って言ってるな・・・。

 

踏無暴威

バネヒゲ・・・いつの間に剣からビーム勢に・・・。演出的にタンクトップマスターより強く見えるんだよなこのA級コンビ。そういう意味でもマスターは不遇だな・・・。

 

ヒーロー名鑑に技なんて載せるなよと思うけど普通は怪人がヒーロー名鑑読んで対策立ててくるなんてあり得なかったからしょうがないかもしれない。

 

「ほっぺにチューしてやるからよ」

このセンス本当すき。

 

ワンチョップマン。

ガロウK.O.(一回目)

ここで一発でも耐えてサイタマを認識していればその時点でガロウ編は終了していたかもしれない・・・。

 

もう強化繊維植毛してもらえばいいんじゃないかな。

結局ジェノスの髪も同じなんだし・・・。

 

「武術とやらを体感してくる」

もう昨日体感してるぞ、ガロウのチョップで。

というところで3話終了。

相変わらず1期と比べなければ作画は十分いいと思うんですけど若干大事なシーン以外でヘタり出してる気がする・・・。別にクオリティに文句があるレベルではないんですが最後まで持つかどうかが心配になってきますね・・・。

本編の方は思ったより進みが速い。特にカットしてないのに大体アニメ1話につき0.6か0.7巻分進んでる感じ。やっぱ漫画が戦闘シーンに凄まじいページ数割いてるのでアニメにすると消費が速いですね。

当初は武術大会編でアニメは終わりかという予想してましたがもしかしたらもうちょい進むかも?ムカデ長老くらい・・・いやそれはめっちゃ中途半端か。

あと一つ大事なのがEDですよED。マジでこれでが正規EDなの・・・?何かの悪ふざけだと思ったんだけど・・・。まだ途中で変わる可能性を捨ててないんですけどマジで1クールずっとこのEDだったら色んな意味ですごいと思う。

以上、アニメ ワンパンマン(2期) 3話の感想でした。

次回はこちら

https://himawotubusu87.com/2019/05/01/wp4/

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント