【鬼滅の刃】156話ネタバレ感想 猗窩座戦、決着・・・!

漫画

鬼滅の刃 156話 ネタバレ感想です。

回想は終わり再び現在に。

死なないどころかとうとう首の再生が始まる猗窩座に焦る炭治郎。

しかし鬼は首だけになっても意識があるし首側が本体かと思ったら胴体側なのか・・・。首の方はもう消えたか。

 

炭治郎は猗窩座に斬りかかるが最早刀を握る力すら残っておらず刀がすっぽぬけてしまう。が、それでも諦めずに殴りかかる炭治郎。当然こんなものではダメージを与えられないが・・・。

 

炭治郎の拳で師匠の事を思いだす猗窩座。

「弱い奴が嫌いだ。俺が本当に殺したかったのは・・・」

 

 

 

 

一瞬炭治郎へ微笑みかけ、自分自身に滅式を放つ猗窩座。

感謝の匂いをさせつつ自分へ微笑みかけた猗窩座の真意がわからず困惑する炭治郎。

 

自らの滅式でズタボロになりながらも未だに再生しようとする猗窩座の体。

猗窩座自身は潔く負けを認め地獄へ落ちることを望むが・・・。

 

猗窩座の中の無惨のイメージかそれとも無惨の細胞の意思か、ともかく無惨は猗窩座がこのまま死ぬことを許さない。

 

だが最後には恋雪に呼ばれ、元の狛治へと戻る猗窩座。そして遂に猗窩座の体が崩壊する。

これにて猗窩座戦、決着・・・!

感想

猗窩座は死なない説もありましたがやはり順当に消滅、上弦もついに残り二人に。

これで炭治郎は晴れて煉獄さんの仇討ちを果たしたことになりますがあんまり喜べる雰囲気じゃない・・・。

回想前は猗窩座に辛い過去があってもやったことは許されることじゃないだろうと思ってましたが鬼になった時点で完全に記憶失ってたってなると話は別な気がするんだよなぁ・・・。

悪いのはどう考えても無惨様と隣の道場のヤツらだろとしか。猗窩座というか狛治はただただ不憫なだけだったな・・・。

しかし既に義勇さんも炭治郎もボロボロでどう考えても戦闘不能なんですけどこっからどうなるんですかね。カナエが童磨を倒すとしてもまだ黒死牟が残ってるし。

黒死牟が炭治郎と戦わずにやられるっていう展開はちょっと考えられないんだよなぁ。それとまだ戦ってない不死川さんと伊黒さんが黒死牟に瞬殺されるかませ役になりそうで怖い。

これ無限城戦が最終章とか言われてるけど絶対終わんなくね・・・?そもそも最終章って言うのも確定情報じゃないらしいし。

今回の戦いで無惨様と黒死牟撤退→最終決戦くらいが丁度いい気がする。

以上、鬼滅の刃 156話 ネタバレ感想でした。

次回はこちら

【鬼滅の刃】157話ネタバレ感想 童磨の本性
鬼滅の刃 157話 ネタバレ感想です。 猗窩座は消滅するも炭治郎と義勇も限界に達し二人共気を失ってしまう。 どう...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント