【フルーツバスケット】5話感想 いい最終回だった・・・

未分類

アニメ フルーツバスケット 5話の感想です。

原作のネタバレが含まれます。原作未読の方はご注意ください。

 

透「実家へ帰らせて頂きます」(違

しかしこの3人全員で居間にいてもやってることバラバラだな。団欒間0。

ぶっちゃけこの草摩の3人って同居物にしては最後まで「家族」って感じ全くなかったな・・・。

 

幻覚かと思ったら回想か・・・一瞬ビビった・・・。

しかしホント似てないなぁこの親子。顔はともかく透の天然な性格は誰に似たのか・・・。

 

「でもいいんだよ、たまにはめげたって」

どっかで聞いたセリフが・・・。全体的にちょいちょいアニオリシーン入ってますがどれも原作の展開やセリフを意識したシーンばかりで素晴らしい。さすが原作者監修。

 

ポジティブシンキングの化身。

裏を返せば驚異的なやせ我慢体質とも言える。

 

「不燃ごみを出す曜日が変わったので気を付けてください」

どうせこいつらはゴミ出しなんてしないから関係ない。

完全に子供を残して長期旅行にいくお母さんの気分である。

しかしこれで本当に透がいなくなってたらまた腐海の森になってたんだろうか・・・。でもなんやかんや文句いいながら夾が掃除してそうな気がする。

 

「はいっ 私はめげませんっ」

「めげません」という言葉が出てくる時点で何かがおかしい気がする。

新居での生活に期待感が一切ないという意味では・・・。

 

ここ紫呉の貴重な喫煙シーンだったはずだけどやっぱり無くなってるか・・・。

アニメの中でも喫煙者の形見が狭い時代。

 

フルーツバスケットの作品タイトル回収。

男子からいじわるされることが多い・・・やはり透がかわいいかったからか・・・。

まぁぶっちゃけボーっとしてるからからかわれやすかったと言われたらそうかもしれないけど。

 

叔母と従兄たち。ここだけ見ると歓迎されてるように見えなくもない。

長男が無駄にイケメンなのが何か腹立つ。

 

未練タラタラな男たちの背中。

改めて見ると大分早い時点で透に攻略されてるなこの二人。まだ一巻だしなここ・・・。

 

非常にわかりやすい意地悪な親戚のBBA感。

まぁでも実際このくらいならまだマシな方かもしれない。

 

「いかがわしいこととかされなかったぁ?」

このままここに住んでたら絶対こいつがいかがわしいことしてきたと思う。だってもうこいつ顔がいかがわしいし。

 

ただのボケ老人かと思いきややる時はやってくれるおじいちゃん。

というか昔はかなり厳しい人だったって話もあるし実は結構手が出るタイプだったりして・・・。

 

「根が嫌な奴らなだけなんじゃ・・・・!!」

いい笑顔でなんてこと言うんだこのじいさんは・・・。

多分この人的には「自分がこう育ててしまった」って自覚は恐らくある。


「帰りたい」

透の初めてのわがまま。

まだ5話とは思えない壮大な感動シーン・・・。中盤の山場感ある。

 

「帰っておいでよ」

ダイナミック不法侵入。しかしイケメン無罪。

由希レベルの超絶イケメンなら本当に不法侵入しても許されそう。

 

ぶっちゃけ特に用事もないのに女の子の家まで様子を見に行くっていうのが微妙にストーカーちっくな気がしないでもない。まぁあくまで心配だからってことで・・・。

しかし連絡手段に携帯という選択肢が出て来ないことに時代を感じざるを得ない。

 

アニメで追加された本田家探しシーン。

こいつらこんな面白いことやってたのか・・・。面白いけどかっこよさがちょっと下がったぞ・・・。

 

どう見ても不審者です、本当にありがとうございました。

普段仲悪い癖になんちゅうとこで仲良く肩並べてるんだ・・・。

見直したらさっきのシーンでちゃんと謎の人影が二つ写ってて草。

 

ここって原作だと少女漫画らしく超絶イケメンの王子様二人が透を連れ帰るかっこいいシーンだったけどアニメの方はちょっとギャグ度上がり過ぎじゃないか。

流石に覗き二人の絵面がひどすぎるwww

 

「(窓の)鍵が開いていたので勝手に入らさせて頂きました」

ここ玄関から入ったんじゃなかったのか・・・。夾はちゃんと靴脱いでるけどまさか土足じゃないだろうな。

 

住居不法侵入+暴行で由紀君120%アウトですよ!

まぁでもここの家の人間は世間体が悪いからって警察沙汰にしないだろうからセーフかな。

 

「めげたっていいんだよ」

ここで冒頭の今日子のセリフを夾が言うというね・・・。原作知ってるとこれが純粋にいい話なのか皮肉なのかどう反応していいのかちょっと困る。

 

なんだこれ最終回か?

今回全体的にBGMが良すぎて盛り上がりがすごい。若干盛り上げすぎじゃないかと思うくらいに。

 

最後まで「透だよ」と律儀にツッコミ続ける長女に草。

そして「男の子・・・」と何かに目覚めかけてる長男が色々とアブナい。

 

無事一件落着で5話終了。いい最終回だった・・・。

前回予想してた通りいろいろ追加シーンを入れて原作1話分でアニメ1話分をやった形に。なんという贅沢な尺の取り方だ・・・。

追加シーンの内容的にも原作から正統にパワーアップしてて非常によかったですね。ストーカー二人が完全にギャグキャラ化してた気もしますが。

今回はとにかくBGMが非常に良くて感動シーンの盛り上がり方がすごかったですね。最後の挿入歌とか最高だった。

放送前は旧アニメが良すぎて新アニメがあんまり期待されてなかった感じがありましたけどふたを開けて見れば新アニメもこれ以上ない出来だと思いますね。透のキャラデザだけはもうちょい原作に寄せて欲しかった感はあるけど。

しかし気になるのはこれから先ですね・・・。原作1巻半くらいに5話使っちゃってるけどどうするんだろう。原作23巻に対して4クールだとしたらそこまで話数に余裕ある訳でもないと思うけど・・・。

まさか3rd seasonなんてことは流石にないと思うし・・・ないよね?

以上、アニメ フルーツバスケット 5話の感想でした。

次回はこちら

【フルーツバスケット】6話感想 透くんはかわいい
アニメ フルーツバスケット 6話の感想です。 原作のネタバレが含まれます。原作未読の方はご注意ください。 透くん...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント