【鬼滅の刃】157話ネタバレ感想 童磨の本性

漫画

鬼滅の刃 157話 ネタバレ感想です。

 

猗窩座は消滅するも炭治郎と義勇も限界に達し二人共気を失ってしまう。

どう考えても二人の戦線復帰は不可能そうだしやはり無限城戦は一端仕切り直しになる可能性が高いか。

 

「猗窩座の・・気配が・・・消えた・・・」

どっかの霊圧みたいな感じで猗窩座の消滅を察知する黒死牟。

黒死牟はてっきり猗窩座のことなんて何とも思ってないタイプかと思いきや意外と仲間意識というか猗窩座に期待していたっぽい?

「さらなる高み」という口ぶりからしてやはり黒死牟も首を斬っても死なない鬼になってるのかも・・・。

 

一方で童磨の方は猗窩座の変化に心当たりはない様子。

そしてここから場面はやはり童磨vsカナヲへ。

しかししのぶから「童磨の倒し方」を聞いているはずのカナヲだが現状は超劣勢。

それともこうなるところまで予定通りなのか?

 

「女の子はうまいし喰ったら強くなる」という持論を持つ童磨だが猗窩座は絶対に女を殺さなかったらしい。それって鬼殺隊の女性剣士も殺さなかったってことだと思うけどよくそれを無惨が許したものである。

猗窩座は十二鬼月最古参として意外と無惨にとってはお気に入りだったのかもしれない。

 

猗窩座の死に涙を流す童磨だが・・・。

他の上弦じゃなくて猗窩座を一番の友人と言う理由は一体・・・からかい甲斐があるからか。

 

そんな童磨に対して「あなたの口から出る全部でまかせ」と指摘するカナヲ。

童磨には喜びや悲しみといった感情が無い、ただ感情があるフリをしているだけ。

 

カナヲの挑発に初めて笑みが消える童磨。どうやら感情が無くても怒りらしきものはあるらしい。

 

尚も挑発しまくるカナヲ。これも童磨を倒す作戦のうちなのか・・・?

しかしこの挑発の仕方はしのぶというより無一郎を思い出す。

 

劣勢に見えたがカナヲは童磨の動きにだんだんと対応しだしている。

これがカナヲの実力・・・このまま一人で上弦の弐を倒してしまうのか。

156話はここまで。

感想

猗窩座はこれで完全消滅、流石にここから復活はないでしょう。しかし煉獄さんの仇を取ったと感慨に浸る暇もなく炭治郎と義勇は戦線離脱状態。流石にあの怪我で数時間休んですぐ戦闘ってわけにもいかないですしやはりこの先の展開としては童磨を倒すも黒死牟と無惨には逃げられて仕切り直しって形になる気がしますね。

そして恐らく黒死牟に柱の一人二人は殺されそうな気がする・・・。まだ実際に戦ってない柱は不死川と蛇絡だけど・・・何か蛇絡がかませにされそうな気がしてならないんだよなぁ。不死川も玄弥と和解するも死ぬパターンがありそう。

まぁその前に問題はカナヲvs童磨。

カナヲが作中で戦うのは今回がほぼ初めてだけどまさかこれほど強かったとは・・・。いくらしのぶが直接戦闘では他の柱に劣ると言ってもカナヲが既に柱級の腕前があるとは思わなかった。

と言っても大人しく首を斬って終わりっていう展開はないでしょうしやはりしのぶが託した「童磨の倒し方」が何なのか次第ですね。ありがちなパターンなら童磨が喰ったしのぶの体に強力な毒を仕込んでとかそういうのを想像するけど・・・。

ところで伊之助は何やってるんだろうか。善逸と同じく上弦の補充人員と戦うことになるのかな。ただ猗窩座と童磨戦の後にそれ見せられても見劣り感やばそうだな・・・。

以上、鬼滅の刃 157話 ネタバレ感想でした。

次回はこちら

【鬼滅の刃】158話ネタバレ感想 ハチャメチャが押し寄せて来た
鬼滅の刃 158話 ネタバレ感想です。 しのぶを殺された怒りに燃えるカナヲ。恐らくしのぶだけでなくカナエの分の恨みもあ...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント