【MAJOR2nd(メジャーセカンド)】162話 ネタバレ感想 名実共に仁科2号の千葉

アニメ

MAJOR2nd(メジャーセカンド)162話の感想です。

 

初日から朝練がダルいと文句を言う千葉に仁科からの一喝。

入部からまだ一年も経っていないのに仁科は見違えるように成長したな・・・。

 

更衣室に突撃する千葉。

本当に昔の仁科がやってたことをそのままなぞってる気がするな。仁科より更に図々しさは増してるけど。

 

昨日の太鳳の啖呵でちょっとは大人しくなるかと思いきや特にそんなことはなかった千葉。

態度のデカさもここまで来ると逆に大物のような気がしてくる。

 

すごく既視感のある流れ。大吾も大変である。

若干情けなく見えるが千葉がいないと試合すらできないので大吾としては必死なのもわかる。

 

千葉はやはり実力だけは確か。ボールを使った練習には手を抜かないところを見ると純粋に野球が好きなのは間違いないらしい。野球がやりたいだけで苦しい筋トレはしたくないというのはまぁ中学生としてはそこまでおかしい考えとは言えないが・・・。

 

距離近すぎない?

机を合わせて食うならまだしも一つの机で食べるとかこいつら絶対付き合ってるだろ・・・。

千葉への扱いがゆるいことに不満を漏らす睦子だが大吾はしばらくは様子見の姿勢。本当に1から10まで仁科の時の再現である。

 

流石キャプテンとしても成長している大吾、一度自分でチーム崩壊させかけておいて「和気あいあいやるばかりがチームでもないよ」と言ってのける辺り大吾もかなりの大物。

でも前から思ってたけど大吾のやり方って「最初はお客様気分で優しくしておいて辞めづらくなった頃に厳しくする」っていうのに近いと思う・・・意図してやってるんじゃないだろうけども。

 

一方、昼休みに窓から仁科を見つめる千代を発見した千里は鋭くも千代の気持ちに気付いてしまう。

千里は超マイペースな割にはこういうところは鋭い。これが女の勘か・・・。

 

今までにないハイテンション&スマイルでいい作戦を思いついた千里。

作戦とは!?っていうか仁科による色仕掛けしか思い浮かばないけど・・・。

162話はここまで。

感想

特に想像の範囲をでることなくキノコはキノコだった。

というかいちいち忠実に仁科の行動をトレースしていく千葉が笑える。シニアの連中が入ってきても一人一人こういう行動を繰り返すんだろうか・・・。

しかし千葉は野球自体は真面目に、かつ楽しそうにやるので言動の割りにはそんなに嫌いになれない。これで練習も手を抜いてたら本当にクソ野郎だったけど。

一方で早くも仁科への好意がバレた千代ちゃん、しかし真っ先に気付くのが千里とは思わなかった・・・てっきり睦子か太鳳辺りかと思ったんだけど・・・。

何時になくテンションの高い千里ちゃんから嫌な予感しかしないのは何故だろう。失敗しても成功してもロクなことにならない気がする。

そして千代の作戦とは!?の横にひっそりと書かれる次号休載ではまた再来週・・・

以上、MAJOR2nd(メジャーセカンド)162話の感想でした。

次回はこちら

【MAJOR2nd(メジャーセカンド)】163話 ネタバレ感想 意外と即決即断な千代姉
MAJOR2nd(メジャーセカンド)163話の感想です。 早速千里の作戦の為にアニータに呼び出される仁科。ちなみに仁科...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント