【鬼滅の刃】158話ネタバレ感想 ハチャメチャが押し寄せて来た

漫画

鬼滅の刃 158話 ネタバレ感想です。

 

しのぶを殺された怒りに燃えるカナヲ。恐らくしのぶだけでなくカナエの分の恨みもあるのだろう。

冷静さを失くした状態で戦って大丈夫なのか、それともカナヲは怒りが力に変わるタイプなのか・・・。

 

上弦の弐を相手に一歩も引かないカナヲの強さはその「目」にあると読む童磨。

やはり前々から予想されていましたが炭治郎の同期組はそれぞれ炭治郎が「嗅覚」、善逸が「聴覚」、伊之助が「触覚」、玄弥が「味覚」(消化器)と来たからカナヲは「視覚」ということですね。でもやっぱ玄弥だけはちょっと無理あるな・・・。

 

近接戦闘では何とか勝負になっていたカナヲだったが童磨の冷気を操る血鬼術に徐々に押されて行く。

 

挙句には刀すら奪われてしまい、完全に童磨に遊ばれてしまっているカナヲ。

柱に匹敵する実力とすら言われたカナヲだったが流石に相手が悪すぎる。最早絶望的な状況だが・・・。

 

そこに空気を読まないことに定評のある伊之助が乱入。今回のサブタイの「破茶滅茶」の回収である。

何をしているのか不明だった伊之助だったがここでカナヲvs童磨に乱入。カナヲ&伊之助はほとんどまともに絡みのない二人だが連携は取れるのか・・・?

158話はここまで。

感想

まずやはりカナヲは「視覚」特化でしたね。これで同期組5人の五感特化が揃った。まぁカナヲの目の良さっていうのは結構ありがちというかわかりやすい能力ですね。ただ直接戦闘に特化してて炭治郎や善逸みたいに鬼の追跡とか応用は効きそうにない気がする。

そしてカナヲvs童磨は流石に1対1で倒せるほど甘くはなかったですね。まぁ煉獄さんですら上弦の参相手に1対1では勝てなかったのにカナヲが上弦の弐に1対1で勝つのは無理があるか。

そしてここで伊之助の乱入。もしかしたら伊之助は黒死牟と遭遇する展開もあるかと思いましたがカナヲとの共闘ルートでしたね。しかし伊之助とカナヲのコンビって全く愛称良くなさそうだけど大丈夫なのかな・・・。

もしこれでカナヲと伊之助で童磨を倒せばはじめて柱抜きで上弦を倒すことになりますがやはりそこは先に食われたしのぶが何か仕込んでいると見るべきでしょう。

あとは善逸の漆ノ型、炭治郎の無我の境地と同期の必殺技が続いてるし、童磨戦ではカナヲと伊之助の奥義的な技も見てみたいですね。

以上、鬼滅の刃 158話 ネタバレ感想でした。
次回はこちら

【鬼滅の刃】159話ネタバレ感想 伊之助の人間離れ
鬼滅の刃 159話 ネタバレ感想です。 伊之助乱入。 伊之助の色々ぶっ飛んだテンションに童磨ですら若干引き気味。...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント