【はねバド!】75話 ネタバレ感想 まさに頂上決戦

漫画

はねバド!75話ネタバレ感想です。

 

ついに始まった綾乃vsコニー。

どちらも一歩も引かないラリーでいつまで打ち合っても1点すら入らない。まさに頂上決戦と呼ぶに相応しい戦い。

 

「バドミントンでしか遊ばない子供」がここに二人。

この二人がこんなに楽しそうに打ち合ってる姿が見れることになるのは色々と感無量・・・。アニメ?何の事かわかりませんね・・・

 

的確にコニーの隙を突いていく綾乃だがコニーの反応速度と手足の長さによる防御範囲の広さは圧倒的。長いラリーの末、最初の一点を奪われてしまう。

やはり体格差の不利は圧倒的すぎるが綾乃に勝機はあるのか。

 

「コニーはノロマ」と豪語していた綾乃だがそもそもコニーのリーチと反応速度があれば走り回るまでもなく届いてしまうという事実。

 

なぎさの様なスマッシュの無い綾乃ではコニーの防御をこじ開けることはできない。

しかし綾乃の今の強みを最大限活かせば勝ち筋はあるはず・・・。

 

 

コニーとの打ち合いの間に何かを感じ取る綾乃。

久々に感じる畜生の素質・・・!そう、「性格の悪さ」も綾乃の武器の一つなのだ。

 

自分のバドミントンのリズムに合わせてくる綾乃が「全力で打ち合おう」とメッセージを送っていると感じたコニー。綾乃が正面から打ち返してくれるのを期待するが・・・。

当然ながらそんなに素直に乗るはずがなく、不意をつかれてあっさり1点を取り返されるコニー。

これはあれですね。泪戦で綾乃が泪にやられたことそのまんまを今度は綾乃がやってる形ですね。

 

決勝戦だけどこの絵面は完全にギャグ漫画のそれ。

以前の神奈川大会決勝での綾乃vsなぎさのようなスマッシュとレシーブの全力の打ち合いをしたがるコニーだが・・・。

 

これに関しては正直綾乃の言う通り。綾乃vsなぎさも真剣勝負ではあったがどちらかというと綾乃にとっては「楽しむ試合」だった。

コニーとは「それ以上の戦い」、つまり「勝つための試合」をするということだろう。勝つためには相手の土俵に立たないのは基本中の基本なのだ・・・。

 

真正面から打ち合うだけが全力じゃない。駆け引き、小手先、全てを駆使してこその全力。

まだ1-1でこの盛り上がり。この先一体どんな試合展開が待ち受けているのか・・・。

75話はここまで。

感想

アツすぎる。

試合前はなぎさvs綾乃の名勝負を超えられるか心配だったけど杞憂だった。試合一話目でまだ1-1なのに盛り上がりまくってるぞこの試合。

何より今回のサブタイにもなってる「それ以上の戦い」って言葉の意味が重い。なぎさvs綾乃って少なくとも綾乃に取っては必死で勝ちをもぎ取りに行く試合ではなかったと思うんですよね。全力で楽しんで結果的には勝てなかった試合って感じで。

でも今回は違う、最初から勝つ為に戦って勝つ為ならどんな手段でも使う。そういう意味では間違いなくコニー戦はなぎさ戦以上の戦いになるってことですね。

覚醒はしたものの未だにお子様感が残るコニーに対して綾乃ちゃんのどんな鬼畜戦術が飛び出るのか今から楽しみでしょうがない。とにかく間違いなく面白さも頂上決戦になりそうでこの先楽しみすぎる。

以上、はねバド!75話ネタバレ感想でした。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント