【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】33話感想 そいつの名はディアボロ

アニメ

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風33話の感想です。

感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意下さい。

 

「彼はどこへ行こうとしているのか・・・」

ブチャラティの独り言がデカいせいでバレてんじゃねーか!と思ったけどここでブチャラティがトドメを刺されたらそれはそれで詰んでたかもしれないし結果オーライか。

 

普段のブチャラティならドッピオを疑いそうな物だが流石に極限状態だから判断力が・・・。

「頼むのもいいかもしれない・・・」ってセリフが如何にも弱ってる感じがする。

 

平然とし過ぎてて忘れそうだが朝にリゾット相手に体中どころか体内までズタズタにされたままここまで来ているドッピオ(ボス)。

流石スタンド使い特有の異常なタフさ。

 

こっちは何もしてないのに勝手に追い詰められるラスボス。

別人格とはいえここまでコソコソするラスボスも珍しい。まぁジョジョの敵自体隠れたり逃げ回る奴が多い気がするけど。

 

今週のとぅおるるるん。

ブチャラティの「何やってんだ?おまえ?」っていう普通すぎるツッコミで草。今回はちゃんと受話器使ってるだけまともに見えるような気がする。受話器の先の線繋がってないけど。

 

普通に考えて突然トリッシュが現れたらおかしいと思うけどもう目も耳も効かない状態だから魂の情報を100%信じてしまうのかもしれない。

というか当たり前のように魂をコントロールしてるボスは何なんだ・・・二重人格+スタンド能力者だからできる芸当なのか。

 

ここの「キレるなドッピオ・・・」ってセリフ地味に好きだったのに無くなってて悲しい。

ボスにキレても許されるのはドッピオだけ!当たり前だけど。

 

結構しっかり女声演技してるドッピオで草。演技力高い。

 

「この戦いが終わったら~」的な死亡フラグ。いや死亡フラグというか既に死んでるんだけど。

教会の時もそうだったけどやっぱりブチャラティ主人公、トリッシュヒロイン感ある。


 

「スカートをまくるようにゆっくり動くんだ!」

年くっても表現が下品なのは変わってないらしい。しゃぶれ!俺の剣をしゃぶれ!

 

やっぱりボスの若い頃の見た目は基本ドッピオなんだな。

見ただけで矢の力がわかる辺りやっぱりボスは矢の力でスタンドに目覚めたんじゃなくて元々スタンド能力者だったのかな。

 

まさかのエンヤ婆ゲスト出演。矢を掘り起こしたボスとそれをバラまいたエンヤ婆の罪は重い。

石仮面といい矢といいジョジョ世界の骨董品はロクなもんじゃないなマジで。

 

5部作画のポルナレフと承太郎。何かどっちも顔が幼く見えるな・・・特にポルナレフが童顔過ぎて若干キモい・・・。

 

流石にラスボス級に対して主人公補正を持たない者では分が悪かった・・・。

しかし改めて見るとポルナレフめっちゃバラバラにされてるな・・・。

 

死体を確認しなかったのがボスの最大のミス・・・と言いたいところだけど流石にこれで生きてるとは思わないわマジで。ゾンビか何かか。

 

「今ボスの射程の中に入った!」

ジョジョ7不思議の一つ、キンクリの範囲。世界中の時が消し飛ぶのか有効範囲があるのか・・・。諸説あるが答えは不明。

ザ・ワールドは名前の通り世界全体を止めるような描写だったけど。

 

謎宇宙

なんだこれ、ボスの精神内を表現してるとかそんな感じなんだろうか・・・。原作はただのドット背景だったのに派手になりまくってる。

というかここの人格入れ替わりは占い師の時みたいに二人の声がハモるようにしてほしかったな・・・あれかっこよかったのに。

 

ディアボロ

髪にカビ生えてますよ。本当謎だなこの斑点。

原作だともっと不気味な風貌してたけどアニメだと若干イケメン化してる気がする。

 

「オレは上!きさまは下だ!!」

特に使いどころがあるわけではないが何故か人気なセリフ。ポルナレフの名ゼリフは語呂と勢いがいい。

 

久々に見るとチャリオッツのデザインはかっこいい。

この状態でも並みのスタンド使いより遥かに強そうなのは流石。

 

ポルナレフ死亡。

走馬燈まで見えてるし今度こそ間違いなく死んだな、うん。

 

チャリオッツ・レクイエム

やっぱり元のチャリオッツの面影全くないな。多分戦う為のスタンドじゃないから鎧も剣もいらないってことなんだと思う。

というところで33話終了。

遂にボス登場で正真正銘のクライマックスへ。残すところあと3話か・・・終わってしまうのが残念でならない。

次回は声をどうするのかが一番気になりますね。姿は変わっても声は元のままにするのかそれともそれぞれの声で別キャラの演技をするのか・・・。後者の方が面白そうだな、特にミスタが。

そして尺から予想するに多分次回のオチは恐らく・・・。何だか突然アツアツのピッツァが食いたくなってきた。

以上、アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風33話の感想でした。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント