【鬼滅の刃】161話ネタバレ感想 しのぶの置き土産

漫画

鬼滅の刃 161話 ネタバレ感想です。

 

天国や地獄の宗教観を真っ向から否定する童磨。この辺は鬼になる前の子供の時点からこういう思想だったみたいだし生まれついてのエセ教祖様・・・。

しかし童磨は天国も地獄も存在しないって言うけど幽霊は存在するんだよなぁこの世界。

 

氷でできた分身を作り出す童磨。

この分身、本体と同じ威力の血鬼術を出せるという恐ろしいチート性能持ちでカナヲと伊之助は分身の相手ですら手一杯。

一見カナヲと伊之助が童磨と互角に斬り合えているように見えていたがやはり童磨は相当手を抜いて遊んでいただけ。上弦の弐は甘くなかった。

 

カナヲと伊之助を分身に任せてこの場を立ち去ろうとする童磨。本体と同等の血鬼術を持った分身を6体出せてそれぞれ自立行動させられるとかもうめちゃくちゃな性能である。

相性的に考えても猗窩座では童磨に敵わなかったというのも頷ける・・・。

そして立ち去る童磨を何とかしてこの場に留めようとするカナヲ。やはり「童磨を倒す方法」はすでに・・・。

 

立ち去ろうとした瞬間、童磨の顔が突然崩れ出す。

やはりしのぶがただで死ぬはずがなかった・・・自分の命を捨ててまでの毒使いの面目躍如。

161話はここまで。

感想

童磨が強すぎる。

元々手抜きで遊びまくってたのはわかるがさらに分身が伊之助とカナヲの二人がかりでも押されるレベルでそれをポンポン出せるって・・・。っていうか今の伊之助とカナヲですら倒せないってこの分身1体で堕姫より強いんじゃないか・・・。

今回で童磨が猗窩座より強い上弦の弐だってことがよくわかった気がしますね。猗窩座殿では勝てまいよ・・・。

そして遂に来た・・・しのぶの仕込みが・・・。まぁ普通に考えて毒使いがあっさり喰われて終わりなんてあるわけないからこの展開は必然だった。

それにしても最後のしのぶの表情がゾクゾクしてやばい。綺麗なバラにはトゲならぬ毒がある。

ただ正直これで童磨が毒にやられて終わりなんてあっさりした展開も考えにくいわけで・・・。この毒ですら中和されてしまうか毒に蝕まれた状態ですらなお伊之助達が敵わないっていう風な展開が待ってる気がするなぁ。

しかし最初はここに柱が一人くらい助っ人に入るかなーと思ってたけどここまでカナヲと伊之助に因縁作ってしまうと助っ人が水を差す形になりかねないしこのまま二人で童磨を倒しきってしまうんだろうか?

以上、鬼滅の刃 161話 ネタバレ感想でした。

次回はこちら

【鬼滅の刃】162話ネタバレ感想 しのぶの覚悟
鬼滅の刃 162話 ネタバレ感想です。 カナヲに童磨の倒し方を話すしのぶ。 「もし自分が負けたら」みたいな状況を...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント