【からくりサーカス】34話感想 最初で最後の共闘

アニメ

アニメ からくりサーカス 34話感想です。

感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意ください。

 

やったねしろがねちゃん!新しいストーカーが増えたよ!

フランシーヌ一族は男運があるのか無いのかよくわからんな・・・。

 

ホントしろがねっていつもいつも体中串刺しになったり関節バラバラにされたり災難だな・・・。

少年誌でここまで痛めつけられるヒロインも珍しい。

 

ドア開けてあるるかん見つけるまでの流れがわざとらしすぎて草生えるわこれ。

見るからに苦肉の策って感じがする。よく落っこちなかったな本当に・・・。

 

イベント補正で縛られてる鳴海の方がヒロインに見えてくる。

原作では鳴海がハーレクインと戦おうとしたのを法安さんが止めてたからこれはあれか、このロープが法安さんの代わりなのか・・・。

 

最初に読んだ時は鳴海としろがねが一緒にいた時間が短すぎると思ってたけど改めて考えるとたった一日の出会いで人生観が変わってしまうほど今までのしろがねの90年分の人生が空っぽだったとも言える。

まぁそういう風に育てたのがフェイスレスの策略と考えると複雑な気分だけど・・・。

 

「いつかまた私と出会って下さいね」

しろがね的には今生の別れのつもりで言った言葉が「また出会ってください」っていうのが切ない。もしここで死に別れててもいつかまた白銀とフランシーヌ、鳴海とエレオノールみたいに出会いそう。

 

ブリゲッラ・かびっきお・・・何だって?

正確にはブリゲッラ・カヴィッキオ・ダ・ヴァル・ブレンバーナ

これをノータイムで答えられる人はかなりのからくりサーカス通だぞ!今更だけどこういうオートマータの名前って全部創造主のフランシーヌやフェイスレスが付けてんのかな・・・名前付け係のオートマータとかいてもおかしくなさそうだけど。

 

勝vsカピタン

勝サイドって圧倒的に戦闘自体が削られてる上に作画も微妙とかいう超不遇っぷりだったからやっとまともに勝とジャコの戦闘シーンを見た気がする。

そしてカピタンのうるささが原作っぽくてイイ感じ。

 

いつも鳴海の格闘戦だけは作画がめっちゃ気合入ってるのに何か今回微妙じゃね・・・?

ボス戦的にはこれが最後の見せ場で一番大事なシーンなんだが・・・。

 

「自分が優れていることを道具の力などではなく、自分で証明できるからだ」

そもそも自分自身が道具なのに道具を使わないことに拘る滑稽さとか歪みがブリゲッラというキャラクター性。

その圧倒的な身体能力自体が道具として作られた物だろうとツッコんだらどんな反応が返ってくるか見たい。

 

チート武器の強さに魅入られた男。

所詮技術だけ学んだ拳法家なんてこんなもんか・・・。

 

久々の師匠。

ここの「木石で出来た手を持っておったとしてもな」ってセリフは欲しかったなぁ、鳴海の体の状況に合わせたセリフだったわけだし。

 

ここの「先にアルレッキーノが負けたお陰で勝てた」っていう展開は非常に好き。

うーん、しかしここの崩拳のシーンは完全に原作に迫力負けしてるなぁ・・・。背景が普通なのが一番良くない気がする。


男はピンチの時ほどニッコリ笑え。若干鳴海の人相の凶悪さまで移って来てる気がする。

勝はニッコリ笑うというよりいつも不敵に笑う印象。

 

見浦流万風不帰剱「転」

最後におじいちゃんの刀と剣術の見せ場をしっかり持ってくるのがアツすぎる。ここのカピタンの吹き出し毎斬るのは流石に再現不可だったか・・・。

 

発射基地。

何故かコートを脱いでいるアシハナにご注目。暑かったのかな?

そしてわかってはいましたが長足クラウン号は出番無し・・・。

 

あ、フラッシュ・ジミーだ。そういえばすっかり忘れてたわ。

わざわざカメラ届けに来てくれたんだな・・・殊勝なヤツだ・・・。

 

からくりサーカスで1番と言われることも多い名シーン。

ただここはブリゲッラの時とは逆にしっかり背景の発射台とか描いた方がよかったんじゃないかなと思う。背景真っ白だとイマイチ乱戦感が足りない気がするんだよなぁ。

 

ご苦労、お前はもう用済みだ。

忠実に自分の役目を果たしたフラッシュ・ジミーに敬礼!

 

二人で何体倒したんだ・・・二百体破壊者なんてレベルじゃないぞ。

まぁそれでもギィの最後の一人で3000体には敵わなさそうだけど。

 

34話はここまで。なるほどここで切るのか・・・。

というわけで今回はブリゲッラ戦、カピタン戦、共闘戦の名シーンラッシュでした。

うーん、ただやっぱり今回は原作の絵の迫力にアニメが追いついてない感じが大きかった気がしますねぇ。カピタン戦は悪くなかったと思うんだけど正直ブリゲッラ戦はガッカリな出来だった。

ここの作画は一番気合入れて欲しいところだったなぁ、ブリゲッラ戦よりパウルマン戦の方がよっぽど迫力あったぞ・・・。

最後の背中合わせもちょっと背景光りすぎじゃないかと思ったし、今までここぞというシーンの作画は良かったら期待してたんだけどなぁ。

まぁ何はともあれ尺が足りるのかが心配でしたがこの分だとあと2話で十分終わりそうですね。順番通りに行くと次回をハーレクイン戦で最終話で宇宙ステーションって感じかな。

色んな意味であっという間だったアニメからくりサーカスもあと2話で終わりかぁ・・・。

以上、アニメ からくりサーカス 34話感想でした。

次回はこちら

【からくりサーカス】35話感想 お前を愛していた
アニメ からくりサーカス 35話感想です。 感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意ください。 「えんとつそ...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント

  1. 「崩」
    口で言うんかいっ!
    ガッカリすぎた

  2. フラッシュジミーの不憫さ
    アシハナはやっぱり原作通りになってしまうのかなぁ