【鬼滅の刃】11話感想 これで役者は揃った

アニメ

アニメ 鬼滅の刃 11話の感想です。

感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意ください。

 

チュン太郎。声がやたらかわいらしい。

何で雀が鎹鴉(?)をやることになったのかは単行本のおまけ漫画とかで語られそうと思うが未だに謎のまま。明らかになる日は来るのか・・・。

 

「そうかわかった!何とかする」

いや炭治郎にこのスズメを付けろよ。言葉理解できるし。

松衛門の方を善逸に押し付けた方が無理矢理働かせてくれそうだし相性良さげだぞ。

 

 

開始5分も経ってないのにどんだけ叫んでんだ。cv下野の仕事量がやばい。

今見ると初期の善逸ってこんなやべぇヤツだったんだなと思ったけど今も起きてる時はあんま変わんないかもしれない。

 

ゴミを見る目で草。

流石の炭治郎もストーカー野郎を受け入れるのはちょっと無理だわ・・・。

 

うるせぇ!

アニメでやると善逸パートホントうるさい。このうるささ聞くと善逸の声優は下野さんしかいなかったなと思う。

 

どう考えても喰われそうにしか見えない絵面。

チュン太郎を狙ってる鎹鴉とかいそうで怖い。

 

原作だと善逸がアホ面で炭治郎のおにぎり食ってるだけのシーンだったのに何かめっちゃいい話になってるなここ・・・。

泣きたくなるくらい優しい音がしそう。

 

何故かチュン太郎の言葉がわかる炭治郎、理由は謎。というかそこは善逸だけがチュン太郎の言葉がわかるパターンじゃないのか普通・・・。

そもそも今まで善逸はどうやって指令受けてたんだ・・・ボディランゲージ?

 

「匂い」と「音」。

この時点で大体五感がテーマなんだろうなとは予想ついたけど「じゃあ味覚ってどうすんだ?」と思ってたなぁ・・・。

 

すでに炭治郎とチュン太郎に相棒感が出ている・・・。

チュン太郎も善逸と炭治郎チェンジして欲しがってそう。それともこの先見えないところで善逸と友情が芽生えたり・・・あんましてなさそう。

 

相変わらず容赦のないグロ。

何て言うか落ち方がアニメ的じゃないというか・・・重力を感じる落ち方したな・・・。

 

鼓の鬼。

音はともかく能力使ってる時の姿がアニメだと若干間抜けな姿になりそうな予感がするけどどうなるか・・・。


「前の戦いで俺は肋と脚が折れてる。まだ完治していない」

残念ながら次の週で完治してるとかそういう世界観じゃないんだなこれが。これ怪我してるのに任務に行かせるとか鬼殺隊ってひでぇ所だなって思ってたけどもしかして負傷して無理そうな時は自己申告するのが普通だった可能性が微粒子どころじゃないレベルで存在する・・・?

 

うるせぇ!(二回目)

本当にちょっと音量下げるレベルでうるさいぞ善逸。もうここで恐怖で失神してくれればもっと楽だったのに・・・。

 

ワープ能力。

今思うとこの能力が極まると琵琶女さんみたいな能力になってたのかなぁ。

 

(いや、俺達が移動したのか?鼓の音に合わせて・・・)

改めて見るとここの炭治郎の理解の速さがやばい。大正時代の人間がよく即座にワープしたなんて発想できるな・・・。

まぁ血鬼術は何でもありってすでに身に染みてわかってるからかもしれない。

 

溢れ出る長男オーラ。流石小さい子の扱いがうまい。

しかしこの兄弟なんで常にレ〇プ目なんだと思ったらそういえば原作でこんな感じの目だったからか・・・。

 

響凱はめっちゃ迫力増してるな・・・。

体に鼓が埋め込まれてるって結構シュールな光景だけどかっこよく見えてくる不思議。

 

言葉で人は殺せる

もっとだ・・・!ショックで気を失うくらい罵り続けるんだ・・・!

 

出た

絶対初見では鬼だと思うわこんなん。しかし目の部分ってこんな感じだったんだ・・・。何かガラス玉入れてるみたいだな。流石に本物の眼球ってわけじゃないのか?

 

不意打ちが出来ない男、竈門炭治郎。斬りかかる前にキッチリ名乗る。

まさか上弦相手にもそのスタンス崩さないのは恐れ入ったよ・・・。

そして響凱は諏訪部さんか。本当に毎回鬼の声優豪華だな。

 

猪突猛進!!猪突猛進!!

毎季見ているアニメのどれかに必ず現れる男、 松岡禎丞。伊之助の声優的にはイメージ通りなんだけどちょっとがなり過ぎじゃないかな・・・もうちょっと力抜いていいと思う。

 

今週のこそこそ噂話・・・だけどそれもう知ってるから。

今回はただただ善逸が気持ち悪いだけだったな・・・ガチのストーカーの思考みたいで笑えないよ。

ということで11話終了。

今回から鼓鬼こと響凱編。響凱の名前まで出てないけどEDで普通に名前出てたな・・・まぁ大したネタバレでもないけど。

しかし善逸がうるせぇ!下野紘の本領発揮って感じがするわ。でも善逸のセリフって本当文字数多いから全部やられると若干くどいな・・・ちょっと縮めてもいいんじゃよ・・・。

そしてやはり予想通り今回は伊之助登場で終わりでしたね。

次回はずっと楽しみにしてた霹靂一閃が見れる・・・けどここでは本当に一瞬だけだからなぁ、本番は次編だなやっぱり。そして獣の呼吸の表現はどうするんだろうか、言ってしまえばただ斬るだけなんだけどそれをどう派手にするのか・・・。

次回はいろいろ楽しみなシーンが多いですね。

以上、アニメ 鬼滅の刃 11話の感想でした。

次回はこちら

【鬼滅の刃】12話感想 霹靂一閃かっけええええ!
アニメ 鬼滅の刃 12話の感想です。 感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意ください。 今と比べると大分や...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント